to 日記と感想 耳ある者は聞け・・・耳は神が開く・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


耳ある者は聞け・・・耳は神が開く・・・ ++++++++ 所感

2016/07/22 06:33

160722(金)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソテル(救い主)=イクス(魚) ●4時半起床。朝の啓示「耳ある者は聞け・・・耳は神が開く・・・」●種まきの譬え(マルコ4:1-9、マタイ13:1-5、ルカ8:4-8)は有名である。そこでは道ばた、岩の上、茨の中、善い地に落ちた四種類の種の運命が書かれている。初めの三つは信仰が根付かない種。最後は良く育って実を結ぶ種。●これは深刻な問題である。身近な親や伴侶や子供や同胞が「長年の祈り」むなしく福音を受け入れない。受け入れないばかりかそのまま死んでいく。この現実をどう考えたらよいのか。信仰は宿命ではないのか。●この譬の共観福音書のそれぞれの最後は「「耳の聞こえる者は聞け」(マルコ、ルカ)、「耳のある者は聞け」(マタイ)と結ばれていてイエスの言葉は冷たい。救われる人間は初めから決まっているのではないのか。そうするといくら人間が祈っても伝道してもそれは無理なことではないのか。イエスでさえ「耳の聞こえる者」と「聞こえない者」があることが前提になっているのではないか。●ところが聖書はイエスは人が絶対に不可能と思うことも可能にする奇跡を起こしたことを示している。●今朝はこのことを巡ってアチコチ見てみよう。聖書の各節は点であるが、「聖書で聖書を読む」方法でアチコト読むと点が線になり、形に見える。幾何の問題の補助線を引くようなものである。

●「種まきの譬」に続く部分を見て、信仰は宿命でないことを見てみよう。塚本訳敷衍の「外の人たちに神の国の秘密が隠されるのは、ただしばらくである。)は重みがある。耳は神が開く。人生は「しばらく」である。
この世でダメなら来世においてでも。

塚本訳 マコ 4:21-22
4:21 また彼らに言われた、「(しかし外の人たちに神の国の秘密が隠されるのは、ただしばらくである。)明りを持って来るのは、枡の下や寝台の下に置くためであろうか。燭台の上に置くためではあるまいか。
4:22 隠れているもので現わされるためでないものはなく、隠されているもので現われるためでないものもないからである。

塚本訳 ルカ 8:16-17
8:16 (しかし外の人たちに神の国の秘密が隠されるのは、ただしばらくである。)だれも明りをつけて器でおおい隠したり、寝台の下に置いたりする者はない。(部屋に)入ってくる者にその光が見えるように、かならず燭台の上に置くのである。
8:17 隠れているものであらわにならぬものはなく、隠されているもので(人に)知られず、また現われないものもないからである。


●今、耳の聞こえない人も神はいつかその耳を開く。この真理をイエスの言動に見てみよう。

塚本訳 マコ 7:32-35
7:32 人々が(つんぼ)で舌のまわらぬ人をつれて来て、手をのせて(直して)ほしいと願う。
7:33 イエスはその人をただ一人、群衆の中から連れ出して、指をその両耳にさしこみ、次に(指に)唾をしてその舌にさわり、
7:34 天を仰いで溜息をつき、その人に「エパタ!」[すなわち「開け!」]と言われる

7:35 すると耳があき、すぐ舌のもつれが解けて、普通に物が言えるようになった。

塚本訳 マタ 15:29-31
15:29 それからイエスはそこを去って、ガリラヤ湖のほとりにかえり、山に上ってそこに坐られた。
15:30 大勢の群衆が足なえ、片輪、盲人、唖(おし)そのほか多くの者をつれてイエスの所に来て、足もとに置いたので、それをなおされた。
15:31 群衆は(おし)が物を言い、片輪が直り、足なえが歩きまわり、盲人が目が見えるようになったのを見て驚き、イスラエルの神を讃美した。


●神は心の耳を開いてくださる。鼓膜の震動で聞こえる音よりも神の声が聞こえるようになることの方が幸福だ。

塚本訳 使  16:14
16:14 するとテアテラ町の紫毛織物の商人で、敬信家のルデヤという婦人が聞いていたが、主はその心を開いてパウロの話に耳を傾けさせられた。



●私の知人で癲癇
(てんかん)の娘を抱える人がいる。神の祝福がその親子に」ありますように。

塚本訳 マコ 9:20-29
9:20 人々がイエスの所につれて来ると、霊はイエスを見るや否や、その子をひどくひきつけさせたので、子は地に倒れ、泡をふきながらころげまわった。
9:21 イエスが父親に尋ねられた、「こうなってから、どのくらいになるか。」父親がこたえた、「子供の時からです。
9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。」
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」
9:24 即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けください。」
9:25 イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二度と入るな!」
9:26 霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死んだようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。
9:27 イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。
9:28 家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわたし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」
9:29 彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)では決して出てゆかせることは出来ない。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想瞑想ディボーションおわり。心の(つんぼ)は神が開いてくださる。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申。一テモテ6章。

日本聖書協会翻訳部への送信メール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本聖書協会 翻訳部 IJ様

 

テモテへの第一の手紙 です。

改訂案の抽出と、基礎資料の翻訳比較を添付します。

教会組織が出来上がっていく産みの苦しみの戦いを感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本聖書協会本訳部への送信メール おわり。

新約聖書一日一節黙想 ルカ8:17 福音書の勉強は面白い。





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<山の上にある町は隠れていることは出来ない・・・福音は土の器(失敗の人生)から漏れ出る・・・ | Top | 聖書は「老いの悲しみ」に触れてない・・・待て、終末再臨の喜びの時は「間もなくだ」・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4069-b1ea200b
FC2blog user only
| Top |
0814