to 日記と感想 イエスに批判的であった主の兄弟・・・ヤコブは復活の主に出会って変わった・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


イエスに批判的であった主の兄弟・・・ヤコブは復活の主に出会って変わった・・・ ++++++++ 所感

2016/07/25 10:08

160725(月)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●今朝は「主の兄弟」ということについて、特にヤコブについて手元にある少ない邦語文献で学んだ。その中で、l「主の兄弟たち」は初めイエスの批判的であったが、後に主の復活に出会って変わったことが胸に残った。特にヤコブは後にエルサレム教会の柱、指導者になった。原因は復活体験をしたからである。このことさえつかめば、「ヤコブ書」はパウロの信仰義認論と異なるというルターの批判などの神学論争などはつまらない。現に真正面から素直に読んで「ヤコブ書」は行為を重んじているからと言って違和感を感じない。●人は永遠の霊、復活のイエスに出会うとすっかり変わるのだ。イエスの母も変わったのだ。●人が神を信ずるに至るのは霊に目覚めること、復活のイエスに出会うこと、このことに尽きる。

塚本訳 ルカ 8:19-21
8:19 (ある時)イエスの母と兄弟たがイエスの所に来たが、人だかりのため、そばへ行くことができなかった。
8:20 人々が「母上と兄弟がたが、お会いしたいと外に立っておられます」と知らせると、
8:21 イエスは答えられた、「わたしの母、わたしの兄弟は、神の御言葉を聞いて行う人たちである。」

塚本訳 マコ 3:20-21
3:20 家にかえられると、また群衆が集まってきて、みんなは食事すら出来なかった。
3:21 身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである。

塚本訳 マコ 6:3-4
6:3 これはあの大工ではないか。マリヤの息子で、ヤコブとヨセとユダとシモンとの兄弟ではないか。女兄弟たちは、ここで、わたし達の所に住んでいるではないか。」こうして人々はイエスにつまずいた。(そのため彼の言葉に耳を傾ける者がなかった。)
6:4 イエスは彼らに言われた、「預言者が尊敬されないのは、その郷里と親族と家族のところだけである。」

塚本訳 使  15:12-15
15:12 すると会衆一同が黙った。そしてバルナバとパウロとが、自分たちをもって神がどんな徴や不思議なことを異教人の間で行われたかを話してきかせるのを、(静かに)聞いていた。
15:13 二人の話が終った後、(主の兄弟の)ヤコブが発言した。
15:14 「兄弟の方々、聞いてもらいたい。シメオン[ペテロ]は(集会が出来た)始めに、神がいかに御心にかけて、異教人のうちから御自分のために一つの民を得られたかを話してくれたが、
15:15 預言者たちの言葉はそれと一致している。(ある所に)こう書いてある。

塚本訳 使  21:17-19
21:17 エルサレムにつくと、兄弟たちが喜んで迎えてくれた。
21:18 翌日パウロはわたし達と一緒に(主の兄弟の)ヤコブの所に行った。長老たちも皆集まっていた。
21:19 パウロは彼らに挨拶したあと、神が自分の伝道によって異教人の間でされたことを、詳しく話してきかせた。

塚本訳 ガラ 1:17-19
1:17 また、先輩の使徒たちに会いにエルサレムにのぼりもせず、アラビヤに行き、ダマスコに戻った。(このようにわたしの福音はキリストの啓示によるもので、人からのものではない。)
1:18 その後三年たって、ケパと近づきになろうとしてエルサレムにのぼり、彼の所で十五日泊った。
1:19 しかし別の使徒には会わなかった、主の兄弟のヤコブ以外には。

塚本訳 使  1:12-14
1:12 それから彼らは、(このことのあった)いわゆるオリブ山からエルサレムに帰った。この山はエルサレムに近く、安息日の旅行距離[八百八十メートル]ほど)であった。
1:13 (都に)入ると、彼らはいつも泊まっている二階の部屋に上がった。それはペテロとヨハネとヤコブとアンデレ、ピリポとトマス、バルトロマイとマタイ、アルパヨの子ヤコブと熱心党のシモンとヤコブの子ユダ(の十一人)であった。
1:14 この人々は皆、女たち、とりわけイエスの母マリヤや、イエスの兄弟たちと、心を一つにして祈りに余念がなかった。

塚本訳 Ⅰコリ7:15-16
7:15 しかし不信者の夫(なり妻なり)が別れるなら、別れさせよ。こんな場合に、兄弟なり姉妹なり(つまり信者)は(結婚に奴隷として)束縛されてはいない。神は平和な生活へあなた達をお召しになったのである。(無理があるのは、御心ではない。)
7:16 なぜか。妻よ、夫を(信仰に導いて)救うことができるかどうか、どうしてわかるのか。また夫よ、妻を救うことができるかどうか、どうしてわかるのか


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想瞑想ディボーションおわり。儒教では親子兄弟子弟の絆を重んじるが、キリスト教では主にある絆を第一にする。ここが異教国日本のクリスチャンの涙の谷。しかしわかる復活のイエスに出会えばわかる。終末再臨でわかる。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申。2テモ3章。
3章12節の新共同訳「キリストに結ばれて」に心打たれた。

 

12キリスト・イエスにあって敬虔に生きようとする者は皆、迫害を受けます。

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

550312キリスト・イエスにあって敬虔に生きようとする人もまた皆迫害を受けるだろう。

 

 

新共同訳1987

3:12 キリスト・イエスに結ばれて信心深く生きようとする人は皆、迫害を受けます。

 

 

前田訳1978

3:12 およそキリスト・イエスにあって敬虔に生きようとするものは皆迫害されます。

 

 

新改訳1970

3:12 確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。

 

 

塚本訳1963

3:12 (私だけでなく、)キリスト・イエスにあって敬虔に生きようとする者は皆迫害される。

 

 

口語訳1955

3:12 いったい、キリスト・イエスにあって信心深く生きようとする者は、みな、迫害を受ける。

 

 

文語訳1917

"550312","凡そキリスト・イエスに在りて敬虔をもて一生を過さんと欲する者は迫害を受くべし。"


●孫息子の誕生祝に絵手紙を書く。

2016_07250003.jpg 










スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<キリストは人の子の姿をとって来られた・・・一番大切な事・・・ | Top | 天国の裁判所・・・真実は神が知っていて神が裁く・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4072-e4eaa909
FC2blog user only
| Top |
0814