to 日記と感想 夫を「父・御子・御霊の神」に導いた偉大なる夫人・・・故津上和子弔辞・・・
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


夫を「父・御子・御霊の神」に導いた偉大なる夫人・・・故津上和子弔辞・・・ ++++++++ 所感

2016/07/29 05:59

160729(金)4時起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●今日は故津上和子の告別式。御遺族に依頼されて弔辞を述べることになったのでその準備をする。

故津上和子告別式弔辞
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
故津上和子さんは三年前に亡くなられた御主人の津上毅一さんを「父・御子・御霊の神」に導いた偉大なる夫人でありました。津上毅一さんの百歳の生涯の到達点はこの三位一体の信仰でした。それには和子夫人の信仰の影響がありました。御主人の津上毅一さんは初めは神道でありましたが、和子さんにより無教会の塚本虎二先生の集会に導かれ、ついにキリスト教の正統信仰に到達せられました。私はその和子さんの言葉の片鱗に触れたことがありました。その第一は「高橋さん。神の子が人の子の姿をとって来られたことが大切な事なのですね」という言葉でした。これはピリピ書2章6-7a節にあります。

塚本訳 ピリ 2:6-7a
2:6 彼は(先には)神の姿であり給うたが、神と等しくあることを棄て難いことと思わず、
2:7a かえって自分を空しうして人と同じ形になり、奴隷の姿を取り給うたのである。


第二は「高橋さん。無教会の塚本虎二先生は教会を愛しておられたのですよ」。これはコロサイ書1章24節にあります。

塚本訳 コロ 1:24
1:24 今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イエスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。

和子さんが私に立ち話で話されたこの二つの「寸鉄肺腑をえぐる」短い言葉はキリスト教正統信仰の本質であって、私の脳裏から今でも消えません。人をして「父・御子・御霊の神」への信仰に導き感化影響を与えた和子さんの御生涯は真に偉大でありました。福音は生活ぶりで伝わります。
私にも良い影響を与えてくださった和子様の霊、御許で安らかでありますように。今しばしの別れ、復活の朝に「また会う日まで」さようなら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
故津上和子告別式弔辞 おわり

2016_07290004.jpg

●12:30 妻と津上和子(96歳)告別式に参列。於、セレモニー目黒、参列者数十人
簡素な良い式であった。司会鷲見八重子、司式浅野摂郎、弔辞3名。
●私の弔辞は上記の通りだが、最後に「復活とは神に起こされることだ」と話した。
●帰宅17:00 二人とも非常に疲れた。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<泣くな、少女は死んだのではない。眠っているのだ。・・・イエスは人間の悲しみを正した・・・ | Top | 心の清い人は神を見る・・・聖書の難しいところは聖書に聞く・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4076-78819ba3
FC2blog user only
| Top |
0814