to 日記と感想 「主の言葉」を信じ抜いて死ぬ・・・私のライフワーク・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


「主の言葉」を信じ抜いて死ぬ・・・私のライフワーク・・・ ++++++++ 所感

2016/08/07 06:52

160807(日)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●朝の啓示「主の言葉」。●毎日聖書聖書と言っているが、どうもパウロの言葉は人間の言葉、そpれに比べて「主の言葉」は深く、高く、権威があり、まさしく「神の言葉」という感じがする。高橋三郎先生の絶筆は「パウロの限界」である。その』最後の最後には次のようにある。

「以上述べて来た認識に立脚するならば、我々の聖書の読み方は根本的変革を迫られるであろう。そして皮肉なことだが、かってパウロが無視したイエスについての言行録が決定的重要性を持つものとして再認識されねばならぬであろう。(高橋三郎著作集・最終巻P848)

これは召天の20日前、二時間の口述筆記。この時の様子を夫人の美佐子さんは次のように詠んだ。

病苦耐え、口述筆記はよどみなく言葉備えて論考成れり
論考の成りし喜び湧き上がる、地上の使命終わりぬと
昌子さん(口述筆記の武田昌子・・註)、緊迫の2時間4千字の原稿ととのえ感極まれリ
ああ真理の徒、ひたすら語りぬその言葉、地上に遺さざらめやと

●思うにキリスト教界2千年の争い、また現在にも続くイスラム教とキリスト教の流血の争いは「主の言葉」以外のことに立脚しているからであると睨む。イエスの言葉自体からはその争いは生まれない。教会問題はいわゆるパウロ書簡が原因。また、イスラム教の啓典はモーセのモーセ五書、ダビデの詩編、イエス言行録の福音書、それにムハンマドの「コーラン」。ここにパウロは入ってこない。
●信仰と行為、信仰と政治、カトリック、プロテスタント、無教会の争いはイエスからは出てこない。
●現在日本聖書協会「新翻訳」のパイロット版の意見具申に協力しているが、この「新翻訳」(新共同訳から30年の2018年に刊行予定)はカトリック、プロテスタント、無教会の各教派からのエース、総勢160人の陣容である。
●私は現在これに外野席の立場で意見具申で協力しているが、どうしても「主の言葉」自身からはカトリックとプロテスタントの分裂がおこるとは思えない。ルターの「信仰のみ」で救われるという神学概念はまさしくパウロの頭での「解説」である。教会の分裂は人間的、政治的なことが原因である。
●高橋三郎先生は生涯かけてルターの限界、パウロの限界を追求してきたが、結論は「ルター、パウロでなくイエスに行け」であった。先生は「主を」指差して亡くなられた。私が日本聖書協会の新翻訳の意見具申の作業を通して得られた「主の言葉こそ神の言葉」の認識は高橋三郎先生の遺言と一致する。
●「主の言葉」を信じ抜いて死ぬことに悔いはない。騙されたとしてもよい。これが私のライフワーク。
●そこで今朝は「主の言葉」がいかにすごいものであったかを示す聖書の句を見てみよう。「主の言葉」は2千年間奇跡的に歴史内で運ばれ伝承されてきた。

文語訳 Ⅰペテ1:24-25
1:24 『人はみな草のごとく、その光榮はみな草の花の如し、草は枯れ、花は落つ。
1:25 されど主の御言は永遠に保つなり』、汝らに宣傅へたる福音の言は即ちこれなり。

塚本訳 Ⅰペテ1:24-25
1:24 何故なら『人はみな草』のよう『また』その『栄華はみな草の花のようである』。』草は枯れた花は落ちた』
1:25 『しかし』主の『言は永遠に消え失せない』。これが君達に』宣べ伝えられた福音の言』である。

塚本訳 ヨハ 3:34
3:34 神がお遣わしになった方は神の言を話される。神は(その方に)いくらでも霊をお与えになるからである。

塚本訳 ヨハ 6:63
6:63 霊が命を与える。肉はなんの役にも立たない。いまわたしがあなた達に話した言葉は、霊である。だから、命である

塚本訳 ヨハ 4:24
4:24 神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。」

塚本訳 ルカ 5:1
5:1 (ある日)群衆がおしかけてきて神の言葉を聞いていた時のこと、イエスはゲネサレ湖のほとりに立っておられて、

口語訳 ルカ 5:1
5:1 さて、群衆が神の言を聞こうとして押しせてきたとき、イエスはゲネサレ湖畔に立っておられたが、

塚本訳 マタ 7:28-29
7:28 イエスがこれらの話を終えられた時、一しょに聞いていた群衆はその教えに感心してしまった。
7:29 自分たちの聖書学者のようでなく、権威を持つ者のように教えられたからである。

塚本訳 ヨハ 5:39-40
5:39 あなた達は聖書(旧約)をもっていることが永遠の命を持っていることのように思って、それを研究している。ところがこの聖書は、(永遠の命である)このわたしのことを証明しているのに、
5:40 あなた達はその命を得るためわたしの所に来ようとしない

塚本訳 ヨハ 6:68
6:68 シモン・ペテロが答えた、「主よ、(あなたを離れて)だれの所に行きましょう。永遠の生命の言葉はあなただけがお持ちです(から)。

塚本訳 ヨハ 4:21
4:21 イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あなた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。

塚本訳 ヨハ 11:25-26
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きて私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」

塚本訳 マタ 13:16-17
13:16 だが、あなた達の目は見、耳は聞くから幸いである。
13:17 アーメン、わたしは言う、多くの預言者と義人とは、あなた達が(いま)見ているものを見たい見たいと思ったが見られず、あなた達が(いま)聞いているものを聞きたい聞きたいと思ったが、聞かれなかったのである

塚本訳 ルカ 11:31
11:31 (しかし人々は信じない。だから)南の国(シバ)の女王がこの時代の人たちと一しょに(最後の)裁きの法廷にあらわれて、この人たちの罪が決まるであろう。というのは、彼女は地の果てからソロモン(王)の知恵を聞きに(エルサレムに)来たが、(この人たちは、)いまここにソロモンよりも大きい者がいる(のに、それに耳を傾けない)からである。

塚本訳 ルカ 16:16-17
16:16 (あなた達は聖書を誇るが、時代はもう変っている。)律法と預言書と([聖書]の時代)は(洗礼者)ヨハネ(の現われる時)までで、その時以来神の国の福音は伝えられ、だれもかれも暴力で攻め入っている
16:17 しかし(神の言葉はすたったのではない。)律法(と預言書と)の一画がくずれ落ちるよりは、天地の消え失せる方がたやすい。

塚本訳 マタ 16:16-17
16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。

塚本訳 ルカ 8:25
8:25 彼らに言われた、「あなた達の信仰はどこにあるのか。」弟子たちは驚き恐れて
、「この方はいったいだれだろう、この方が命令されると、風も水も、その言うことを聞くのだが」と語り合った。


塚本訳 ヨハ 7:15-17
7:15 ユダヤ人は驚いて言った、「この人は学校に行ったこともないのに、どうして聖書を知っているのだろうか。」
7:16 イエスは答えて言われた、「わたしの教えはわたしの教えではない。わたしを遣わされた方の教えである。
7:17 その方の御心を行おうと決心する者には、わたしの教えが神から出たものか、それともわたしが自分で勝手に話しているかがわかるであろう。


塚本訳 ヨハ 7:44-46
7:44 なかには彼を捕えようと思う者もあったが、手をかける者はなかった。
7:45 やがて下役らが(手ぶらで)かえって来ると、大祭司連とパリサイ人とが言った、「なぜあれを引いてこなかったか。」
7:46 下役らが答えた、「あの人が話すように話した人は、いまだかつてありません。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想ディボーションおわり。「主の言葉」!主の言葉」!

●10:00 妻は家庭礼拝一人。上記私のブログがテキスト。
●私は懐かしい生まれ故郷の浦和に行く。

2016_08070016.jpg 



●私が洗礼を受けた日本ナザレン教団浦和教会。中央は山路進牧師。
●私に洗礼を授けた関谷忍牧師は本年一月に召天。
●そのときの人は貝沼氏と増田さんだけになって淋しい。


2016_08070019.jpg 

私の育った家があった場所。更地になっている。右端は私の家の後に家を建てた
柴田家。お嫁さんがおられたので挨拶した。

2016_08070022.jpg 

中学の時の音楽の友であった大沢胖君の墓参。墓誌に十マークが彫ってある。向うに見えるのが
大沢胖邸、私が勤務していた連合設計社市谷建築事務所で設計した。彼は56歳で逝った。夫人のすみ子さんがいた。3人のお子様の動向を尋ねる。一人はドイツ、一人はシドニー、一人は筑波。世界は狭い。

2016_08070027.jpg 

中学の同期、比企紀和君を訪ねて旧交を温める。昔のことを話して歓談、何度か大笑い。
お互いの健在を喜び合った。この家は私の知人、故鈴木忠昭君が設計した。建築設計は「心の交わり」。建物は消えても「思い出」は永遠に残るものだ。次の聖句は私の職業観。

塚本訳 ルカ 16:9-13
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか。
16:13 しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはならない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。」


 

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<永遠に渇かない水・・・老人の生きがいはどこにあるか・・・ | Top | キリストは人の子の姿をとって来られた・・・それは神の力によってわかる・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4086-1952253b
FC2blog user only
| Top |
0814