to 日記と感想 生きる喜び・・・神との交わり・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


生きる喜び・・・神との交わり・・・ ++++++++ 所感

2016/08/27 06:53

160827(土)キリスト者の皆様お早うございます。4時起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●昨日は、録画してあったNHKクローズアップ現代「穏やかな死を迎えたい~医療と宗教 新たな試み」を見た。人間の痛みに対して、身体的社会的痛みは医学、政治、経済などの発達によって次第に和らげられて行っているが、心の痛み(spiritual pain)の対処に対して、特にわが国では未発達である。そこで宗教を超えた「臨床宗教師」なる人物の養成が始まったというのが番組の趣旨であった。具体例として末期がんの患者に「臨床宗教師」(浄土真宗の女性・・見るからに穏やかな顔)」が付き添って話しを聴いた。そして患者が実に安らかに逝くその姿を見た。穏やかになって逝った。その死にゆく姿を見た夫は「妻は絶対に幸せだったと確信した」と言った。医師は「これは医学にはできないこことだ」と言う。●番組を見終わってなんとなく「むなしさ」を感じた。ただ「安らかに逝くことが目的なのかなー」と感じたのである。そこに静寂はあっても喜びと希望がない。●主の最後は「わが神、わが神」と叫びながら決して「安らか」な死に方ではなかった。主は信仰を失って見苦しい死に方をしたのだ。!。神に捨てられたのだ。それで神は罪の人間を救ったのだ。!父なる神が「我が子」を見捨てる苦しみやいかに!。●人は神に負わせられた使命を果たして死ねばたとえ肉体が苦痛であっても霊魂は「安らかなのだ」。●死に様と信仰とは関係ない。末期がんで苦しみつつ、お前の信仰はどこに行ったのかと笑われる無様な恥のむごたらしい死に方でよいのだ。●私は「肺癌で死ぬ」と聖路加の担当医に言われている。私の最後は母のように呼吸困難で苦しむのかナー●今朝は肉体は苦しみぬいても霊魂は喜びに満たされる生き様、死に様について聖書のアチコチを見てみよう。それまで生きているうちは日々「神と交わりをもって、喜びのうちに生きる」のだ。最後は呼吸困難の苦しみでもよいのだ。それまで人生、駆け抜けるのだ。

文語訳 詩篇
84:3 わが霊魂はたえいるばかりにヱホバの大庭をしたひ わが心わが身はいける神にむかひて呼ふ

口語訳 詩  84:2
84:2 わが魂は絶えいるばかりに主の大庭を慕い、わが心とわが身は
生ける神にむかって喜び歌います。


新共同 詩  84:3
84:3 主の庭を慕って、わたしの魂は絶え入りそうです。命の神に向かって、わたしの身も心も叫びます。

文語訳 詩篇
84:11 なんぢの大庭にすまふ一日は千日にもまされり われ惡の幕屋にをらんよりは 寧ろわが神のいへの門守とならんことを欲ふなり


口語訳 詩  84:10
84:10 あなたの大庭にいる一日は、よそにいる千日にもまさるのです。わたしは悪の天幕にいるよりは、むしろ、わが神の家の門守となることを願います。


新共同 詩  84:11
84:11 あなたの庭で過ごす一日は千日にまさる恵みです。主に逆らう者の天幕で長らえるよりは/わたしの神の家の門口に立っているのを選びます。

文語訳 マタ 10:28
10:28 身を殺して靈魂をころし得ぬ者どもを懼るな、身と靈魂とをゲヘナにて滅し得る者をおそれよ。


塚本訳 マタ 10:28
10:28 体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。

文語訳 ルカ 8:52
8:52 人みな泣き、かつ子のために歎き居たりしが、イエス言ひたまふ
『泣くな、死にたるにあらず、寝ねたるなり』


塚本訳 ルカ 8:52
8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」

文語訳 ヨハ 11:25
11:25 イエス言ひ給ふ
『我は復活なり、生命なり、我を信ずる者は死ぬとも生きん。


塚本訳 ヨハ 11:25
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。

文語訳 黙  5:5
5:5 長老の一人われに言ふ『
泣くな、視よ、ユダの族の獅子・ダビデの萌蘗、すでに勝を得て巻物とその七つの封印とを開き得るなり。


塚本訳 黙  5:5
5:5 すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印とを開く(ことが出来る。)」

文語訳 マコ 14:36
14:36 『アバ父よ、父には能はぬ事なし、此の酒杯を我より取り去り給へ。されど我が意のままを成さんとにあらず、御意のままを成し給へ


塚本訳 マコ 14:36
14:36 言われた、「アバ、お父様、あなたはなんでもお出来になります。どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心がなればよいのです。」

文語訳 Ⅱコリ12:8-9
12:8 われ之がために三度まで之を去らしめ給はんことを主に求めたるに、
12:9 言ひたまふ『わが恩惠なんぢに足れり、わが能力は弱きうちに全うせらるればなり』さればキリストの能力の我を庇(おほ)はんために、寧ろ大に喜びて我が微弱(よわき)を誇らん。


塚本訳 Ⅱコリ12:8-9
12:8 この使について、それがわたしから手を引くようにと、三度まで主に願ったが、
12:9 主は(その都度)言われた、「わたしの恩恵はあなたに十分だ。力は弱さの中に完成されるのだから。」、それでわたしはキリストの力がわたしに住みついてくださるように、大喜びで、むしろ(自分の)弱いことを自慢しよう。

文語訳 黙  14:13
14:13 我また天より聲ありて『書き記せ「今よりのち主にありて死ぬる死人は幸福なり」御靈も言ひたまふ「然り、彼等はその勞役を止めて息まん。その業これに隨ふなり」』と言ふを聞けり。


塚本訳 黙  14:13
14:13 また私は天から声が(こう)言うのを聞いた、「書け、『今から後主にあって死ぬる死人は幸福である。』」御霊も言い給う、「然り、彼らはその労苦を休息む(ことが出来る)であろう。その(為した)業が彼らに随いて行くのであるから!」と。

文語訳 ヨハ 3:16
3:16 それ神はその獨子を賜ふほどに世を愛し給へり、すべて彼を信ずる者の亡びずして、永遠の生命を得んためなり。


塚本訳 ヨハ 3:16
3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。

塚本訳 Ⅰヨハ1:3-4
1:3 わたし達が見たもの、また聞いたものを、あなた達にも告げる。あなた達もわたし達と(霊の)交わりを持つためである。しかしわたし達のこの交わりは、(他方においては)父(なる神)とその子イエス・キリストとの交わりである。
1:4 わたし達が(この手紙を)書くのは、(あなた達がわたし達との交わりに入り、)わたし達(が父と子と)の(交わりにおいてもっている)喜びが、完全なものとなるためである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想瞑想ディボーションおわり。「主の言葉」による有的復活の希望、永遠の命の喜び。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ8:27

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 8:27

8:27 イエスが陸にあがられると、その町の者で、悪鬼につかれた一人の男が迎えた。この男は長い間着物を着ず、また家にすまずに墓場にすんでいた。


●主は悪鬼につかれた人を直された。主はどんな病気も直された。難病も来世では完全に直る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9月4日茅ヶ崎集会での感話準備


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ΙΧΘΥΣ イクスス()

イエ(イエス)、クリス(キリスト)、セ()、ヒュ()、ソ(救い主)

聖書で聖書を読む

 

老いと死の悲しみ

・・・「主の言葉」による励ましと有体的復活の希望・・・

茅ヶ崎「すずめの会」感話 2016年9月4日

                  高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         

●妻は夕方からバッハ「クリスマスオラトリオ」の合唱練習


●妻の聖書勉強の引照作成応援









 


妻の婦人の読書会の発表の



●主は悪鬼につかれた人を直された。主はどんな病気も直された。難病も来世では完全に直る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



●9月4日茅ヶ崎集会での感話準備

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<命は体以上の賜物・・・不思議なる「いのち」 | Top | 老いの不安・・・主の励まし・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4108-3506d072
FC2blog user only
| Top |
0814