to 日記と感想 血を分けた同胞の救い・・・今すぐ「執り成せ」・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


血を分けた同胞の救い・・・今すぐ「執り成せ」・・・ ++++++++ 所感

2016/08/30 05:22

160830(火)3時半目覚め、4時起床。朝の啓示「血を分けた同胞の救い・・・今すぐ執り成せ・・・」●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の深い悩みは「血を分けた同胞の救い」のことである。キリスト教の第一人者使徒パウロはローマ署8章で「救いの凱歌」を歌った直後に次のように言う。

塚本訳 ロマ 9:2-3
9:2 (わたしが急にこんなことを言い出したら信じてくれないかも知れないが、)わたしに大きな悲しみと、心に絶えざる痛みとがあるのである。
9:3 ほんとうに、兄弟すなわち血を分けた同胞の(救われる)ためならば、このわたしは呪われて、救世主(の救い)から離れ落ちてもよいと、幾たび(神に)願ったことであろう。


●パウロの悩みはまた我々の心配の種である。●自分は救われなくても「血を分けた同胞」の救いを祈ったパウロは偉大である。パウロはこの「死んでも死にきれない」心配と悩みに対し、ロマ書9~11章で自問自答しながら自分を慰めている。「救いには順序があって、最後は全人類が救われる」のだと。そして次のように言う。

塚本訳 ロマ 11:33
11:33 ああ、神の富と知恵と知識との深さよ!なんとその裁きの探りがたく、(なんと)その(お歩きになる)道の不可解なことよ

●しかしこれは人間パウロ自身の大脳皮質での解決である。我々はこれで納得は出来ない。この難問は「主の言葉」に救いを求めなければならない。「主の言葉」を並べてみると主の答えが「見えてくる」「読めてくる」。「主の言葉」は「神の言葉」。我々はそれで初めて納得し、心安らぐ。頭で考えて解決するな。

塚本訳 ルカ 13:23-24
13:23 するとある人が「主よ、救われる者は少ないでしょうか」と尋ねた。人々に言われた、
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。


●今朝はこの「主の言葉」を巡って「主の言葉」で「主の言葉」を学んで信じることにしよう。


塚本訳 ルカ 23:33-34
23:33 髑髏という所に着くと、(兵卒らは)そこでイエスを十字架につけた。また罪人も、一人を右に、一人を左に(十字架につけた)。
23:34 するとイエスは言われた、「お父様、あの人たちを赦してやってください、何をしているか知らずにいるのです。」『彼らは籤を引いて、』イエスの『着物を自分たちで分けた。』

塚本訳 ルカ 23:41-43
23:41 おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」

塚本訳 マコ 9:21-24
9:21 イエスが父親に尋ねられた、「こうなってから、どのくらいになるか。」父親がこたえた、「子供の時からです。
9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。」
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」
9:24 即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けください。」


塚本訳 マタ 8:5-11
8:5 カペナウムに帰られると、一人の百卒長がそばに来て願って
8:6 言った、「主よ、うちの下男が中風で家にねていて、ひどく苦しんでおります。……」
8:7 彼に言われる、「(ユダヤ人の)このわたしが、(異教人のあなたの家に)行ってなおすのか。」
8:8 百卒長は答えた、「主よ、わたしはあなたを、うちの屋根の下にお迎えできるような者ではありません。(ここで)ただ一言、言ってください。そうすれば下男は直ります。
8:9 というのは、わたし自身も指揮権の下にある人間であるのに、わたしの下にも兵卒がいて、これに『行け』と言えば行き、ほかのに『来い』と言えば来、また僕に『これをしろ』と言えば(すぐ)するからです。(ましてあなたのお言葉で、病気が直らないわけはありません。)
8:10 イエスは聞いて驚き、ついて来た人たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、イスラエル人の中でも、こんなりっぱな信仰をもっている者を一人も見たことがない。
8:11 わたしは言う、(最後の日には、このような信仰のあつい)大勢の人が『東から西から』来て、天の国でアブラハムやイサクやヤコブと共に宴会につらなり、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の啓示黙想瞑想ディボーションおわり。血を分けた同胞の救いは我々の切なる願い。これに対し、主は今すぐ執り成しの祈りをしろという。この主の約束の言葉を信じ貫こう。

●9月8日茅ヶ崎集会 感話原稿推敲 タイトル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ΙΧΘΥΣ イクスス()

イエ(イエス)、クリス(キリスト)、セ()、ヒュ()、ソ(救い主)

聖書で聖書を読む

 
                  老いと死の悲しみ
 
   ・・・「主の言葉」による励ましと有体的復活の希望・・・

           茅ヶ崎「すずめの会」感話 2016年9月4日                   

                高橋照男

 

①体の心配・・・命は体以上・・・  主の言葉による根拠8か所

②気力の衰え・・・気の源は神の霊、永遠の命・・・ 主の言葉による根拠7か所

③死の悲しみ・・・有体的復活の希望・・・  主の言葉による根拠19箇所

④血を分けた同胞の救い・・・取り成しの祈りを・・・ 主の言葉による根拠6か所 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●9月8日茅ヶ崎集会 感話原稿推敲 タイトル おわり

2016_08300002.jpg 

散歩で鳥を見た。独り身なのかなー。淋しくいないのかなー

2016_08300003.jpg 

奥多摩連山に雲が湧きあがっている。手前は百合。百合は復活の象徴だ。
人生の喜びは有体的復活の希望

2016_08300006.jpg 

台風10号は関東地方をそれてパステルカラーの空。東北地方に上陸。
福島の息子の家が心配だ。




























スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<幸福のありか・・・在家在俗のキリスト修行僧・・・ | Top | 気力の衰え,減衰・・・神の霊により元気回復・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4111-b3667dab
FC2blog user only
| Top |
0814