to 日記と感想 主よ大変です。子供が病気です・・・苦難が「主の言葉」の伝承を生む・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


主よ大変です。子供が病気です・・・苦難が「主の言葉」の伝承を生む・・・ ++++++++ 所感

2016/09/07 05:06

160907(水)4時目覚め●

 ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●朝の啓示「主よ大変です。子供が病気です・・・苦難が「主の言葉」の伝承を生む・・・」●孫の一人が病気とのニュース。こういう場合の「親の心配は計り知れない」。「主の言葉」はいかに伝承されて行ったか」の探求をしようとしていたが、その結論が一気に与えられて欣喜雀躍。真理は勉強ではわからず、苦難で示される。●主の言動の目撃情報が文書になるまでの過程の探求は興味がある。それは「主の言葉」の不思議な力と権威であると直観しているが、その情報を「運び伝承する」人間の「動機は「人生の苦難」、すなわち「困ったことが起きた」という感情であることが啓示された。人は平穏無事な時は何も生まない。尻をつねられて何かを「叫ぶ」。「主の言葉」も同じである。苦難の人が伝承するのだ。「主の言葉」の接して救われ、楽になった人がこれを口頭伝承して行く。その方法が口伝であろうが文章であろうがそれはつまらない探求だ。動機は苦難の人生と「主の言葉」による救いである。●今朝はその源流たる「主の言動」を通し、その情報を運んだ人々の心に触れてみよう。苦難が最大最高の聖書註解。

塚本訳 ルカ 8:41-42
8:41 するとそこに名をヤイロという人が来た。この人は礼拝堂の役人であった。イエスの足もとにひれ伏し、家に来ていただきたいと願った。
8:42 十二歳ばかりの一人娘があって、それが死にかけていたのである
。(ヤイロの家に)行かれる途中、群衆はイエスを押しつぶしそうであった。

塚本訳 ルカ 8:52-56
8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」
8:53 人々は死んだことを知っているので、あざ笑っていた。
8:54 しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい!」と呼ばれると、
8:55 霊がもどって、即座に女の子は立ち上がった。イエスは(何か)食べさせるように言いつけられた。
8:56 両親が呆気にとられていると、イエスはこの出来事をだれにも言うなと命じられた。


塚本訳 マコ 9:17-22
9:17 群衆のうちの一人が答えた、「先生、唖の霊につかれている伜をあなたの所につれて来ました。
9:18 この子は霊がつくと所かまわず投げ倒され、泡をふき、歯斬りして、体がこわばってしまいます。それで霊を追い出すことをお弟子たちに頼みましたが、おできになりませんでした。」

9:19 彼らに答えられる、「ああ不信仰な時代よ、わたしはいつまであなた達の所におればよいのか。いつまであなた達に我慢しなければならないのか。その子をつれて来なさい。」(こう言って群衆のいない所に行かれた。)
9:20 人々がイエスの所につれて来ると、霊はイエスを見るや否や、その子をひどくひきつけさせたので、子は地に倒れ、泡をふきながらころげまわった。
9:21 イエスが父親に尋ねられた、「こうなってから、どのくらいになるか。」父親がこたえた、「子供の時からです。
9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。」

塚本訳 ルカ 14:1-6
14:1 ある安息日に、パリサイ派に属する(最高法院の)ある役人の家に食事に(招かれて)行かれた時のこと、人々はひそかにイエスの様子をうかがっていた。
14:2 すると、水気をわずらった人がイエスの前にあらわれた。
14:3 イエスは自分の方から律法学者やパリサイ人たちに向かって口を切られた。「安息日に病気をなおすことは正しいか、正しくないか。」
14:4 彼らが黙っていると、その人(の手)をつかんで、病気を直してお帰しになった。
14:5 そして彼らに言われた、「あなた達のうちには、息子か牛かが井戸に落ちたとき、安息の日だからとてじきに引き上げてやらない者がだれかあるだろうか。」
14:6 彼らはこれに対して返答ができなかった。


塚本訳 ルカ 7:2-3
7:2 すると、ある百卒長の大事な僕が病気で、もう危篤であった。
7:3 百卒長はイエスのことを聞くと、ユダヤ人の長老たちをイエスの所に使にやって、是非僕を直しに来てほしいと頼ませた。

塚本訳 ルカ 7:12-17
7:12 町の門の近くに来られると、ちょうど、ある独り息子が死んで、(棺が)舁き出されるところであった。母は寡婦であった。町の人が大勢その母に付添っていた。
7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、
7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。
7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』
7:16 皆が恐れをいだいて、「大預言者がわたし達の間にあらわれた」とか、「神はその民を心にかけてくださった」とか言って、神を讃美した。
7:17 イエスについてのこの(二つの)言葉は、ユダヤ(人の国)全体とその周囲いたる所に広まった


塚本訳 ヨハ 11:1-3
11:1 さて、ラザロというひとりの病人があった。。マリヤとその姉妹マルタとの村、ベタニヤの人である。
11:2 このマリヤは主に香油を塗り、髪の毛で御足をふいた女であるが、病気であったラザロはその兄弟であった。
11:3 マリヤとマルタとはイエスに使をやって、「主よ、大変です。あなたの可愛がっておられる人が病気です」と言わせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想瞑想ディボーションおわり。無神論の者に告ぐ。家の者や自分が病気になったり死にかけたりしたら、いつまでもツッパッテいないで、なりふり構わず叫ばなければならない。「主よ大変です。お助け下さい」と。

●8:00 妻は婦人の読書会「塚本虎二著作集」のため今井館へ
●10:45 池谷医院定期検査。聖路加でのMRI検査は退院後16年も経つので打ち切っても良いとの事。
●新約聖書一日一節黙想 ルカ8:29.神の子は悪霊を追い出す。関連箇所を「Jバイブル」を利用して読む。次に翻訳比較。BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ。これをやって頭も霊も改造された。これ聖書の最強の読み方。

2016_09070001.jpg 

5時、東の空。あー今日も起こされて命が与えられた。感謝。主の御用のために尽くそう。

2016_09070003.jpg 

9月の空、秋の雲。秋の風。

2016_09070006.jpg 

9月の我が家。百日花(さるすべり)がきれいだ。

●図書館で借りたDVDでチャイコフスキーのバレー「くるみ割り人形」を鑑賞。ボリショイ劇場。
バレー、音楽、建築。すべて「これぞ藝術」。人類の至宝。キリスト者の人生も「藝術」で神の目から「至宝」でなければならないと思った。








スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<主の言動の衝撃・・・その驚きを伝えた人々・・・ | Top | イエスの死は神による罪の贖い・・・復活がそれを証明した・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4120-842d771b
FC2blog user only
| Top |
0814