to 日記と感想 「神は愛」か・・・身内に難病を抱えた人の疑問を主に聞く・・・
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


「神は愛」か・・・身内に難病を抱えた人の疑問を主に聞く・・・ ++++++++ 所感

2016/09/12 05:48

160912(月3時半目目覚め。朝の啓示、黙想「神は愛か・・・身内に難病を抱えた人の疑問を主に聞く・・・」。4時起床、パソコン開始。「主の言葉」の種蒔き開始。●さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●聖書は「神は愛なり」と言う。そしてわが父母の墓碑銘も「神は愛なり」である。

文語訳 Ⅰヨハ4:16
4:16 我らに對する神の愛を我ら既に知り、かつ信ず。神は愛なり、愛に居る者は神に居り、神も亦かれに居給ふ。


●身内に難病の入を抱えている(た)人に何人も接した。ある方はしばらく東京聖書読者会に来られていたが、来られなくなって久しい。今頃どうしておられるのだろう。またある人は御夫人が難病で今も直らない。ある日「神がいるのなら抗議したい」と食ってかかるように言われた。これはキリスト者といわれる人全員に向けられた言葉である。●この人生の解けない大疑問を人間に聞くと気休め慰めだけである。人間パウロに聞いてはいけない。大先生の内村、塚本、黒崎に聞いても救いはない、「主キリスト」に聞くことにしよう。

文語訳 ヨハ 14:27
14:27 われ平安を汝らに遺す、わが平安を汝らに與ふ。わが與ふるは世の與ふる如くならず、汝ら心を騒がすな、また懼るな

塚本訳 ヨハ 14:27
14:27 (今別れにのぞんで)平安をあなた達にのこしておく。わたしの平安をあなた達に与える。わたしが与える平安は、この世の人が『平安あれ』といのるような(言葉だけの)ものではない。(だから)心騒がせるな、気を落すな。

●今朝はこの真剣勝負の疑問を「主の言葉」に体当たりで聞いてみよう。復活の主は今も生きているという。

文語訳 ヘブ 13:8
13:8 イエス・キリストは昨日も今日も永遠までも變り給ふことなし。

塚本訳 ヘブ 13:8
13:8 イエス・キリストは、きのうも、きょうも、また永遠に、同じである

文語訳 マタ 28:20
28:20 わが汝らに命ぜし凡ての事を守るべきを教へよ。視よ、我は世の終まで常に汝らと偕に在るなり

塚本訳 マタ 28:20
28:20 わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。安心せよ、世の終りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。」

●主の答えは次のようである。

文語訳 ヨハ 9:1-5
9:1 イエス途往くとき、生れながらの盲人を見給ひたれば、
9:2 弟子たち問ひて言ふ『ラビ、この人の盲目にて生れしは、誰の罪によるぞ、己のか、親のか』
9:3 イエス答へ給ふ『この人の罪にも親の罪にもあらず、ただ彼の上に神の業の顯れん爲なり
9:4 我を遣し給ひし者の業を晝の間になさざる可からず。夜きたらん、その時は誰も働くこと能はず。
9:5 われ世にをる間は世の光なり』

塚本訳 ヨハ 9:1-5
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである
9:4 わたし達はわたしを遣わされた方の御業を昼の間にせねばならない。(すぐ)夜が来る。するとだれも働けなくなる。
9:5 世におる間、わたしは世の光である。」

文語訳 ヨハ 11:21-26
11:21 マルタ、イエスに言ふ『主よ、もし此處に在ししならば、我が兄弟は死なざりしものを。
11:22 されど今にても我は知る、何事を神に願ひ給ふとも、神は與へ給はん』
11:23 イエス言ひ給ふ『なんぢの兄弟は甦へるべし』
11:24 マルタ言ふ『をはりの日、復活のときに甦へるべきを知る』
11:25 イエス言ひ給ふ『我は復活なり、生命なり、我を信ずる者は死ぬとも生きん
11:26 凡そ生きて我を信ずる者は、永遠に死なざるべし。汝これを信ずるか


塚本訳 ヨハ 11:21-26
11:21 マルタがイエスに言った、「主よ、あなたがここにいてくださったら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。
11:22 しかしあなたがお願いになることなら、神様は何でもかなえてくださることを、わたしは今でも知っています。」
11:23 イエスは言われる、「あなたの兄弟は生き返る。」
11:24 マルタが言う、「最後の日の復活の時に生き返ることは、知っています。」
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている
11:26 また、だれでも生きている私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」

●神の子主キリストの答えは神学的哲学的の人間の頭への答えではなかった。気休めではなかった。私達にも祈りを要求された。

塚本訳 マコ 9:17-29
9:17 群衆のうちの一人が答えた、「先生、唖の霊につかれている伜をあなたの所につれて来ました。
9:18 この子は霊がつくと所かまわず投げ倒され、泡をふき、歯斬りして、体がこわばってしまいます。それで霊を追い出すことをお弟子たちに頼みましたが、おできになりませんでした。」
9:19 彼らに答えられる、「ああ不信仰な時代よ、わたしはいつまであなた達の所におればよいのか。いつまであなた達に我慢しなければならないのか。その子をつれて来なさい。」(こう言って群衆のいない所に行かれた。)
9:20 人々がイエスの所につれて来ると、霊はイエスを見るや否や、その子をひどくひきつけさせたので、子は地に倒れ、泡をふきながらころげまわった。
9:21 イエスが父親に尋ねられた、「こうなってから、どのくらいになるか。」父親がこたえた、「子供の時からです
9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。」
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」
9:24 即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けください。」
9:25 イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二度と入るな!」
9:26 霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死んだようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。
9:27 イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。
9:28 家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわたし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」
9:29 彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)では決して出てゆかせることは出来ない。」

塚本訳 ルカ 13:23-24
13:23 するとある人が「主よ、救われる者は少ないでしょうか」と尋ねた。人々に言われた、
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。

塚本訳 ヨハ 5:5-9
5:5 するとそこに三十八年病気の人がいた。
5:6 イエスはその人が横になっているのを見、すでに長い間わずらっていることを知ると、「直りたいか」とたずねられた
5:7 病人が答えた、「主よ、水がかきまわされた時に、わたしを池に入れてくれる者がないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に下りてゆきます。」
5:8 イエスが言われる、「起きて担架をかついて、歩きなさい。」
5:9 するとその人はすぐ直って、担架をかついで歩きまわった。あいにくその日は安息日であった。

●今も生きたもう力ある主の実例。公表されたもの。無教会で徒手空拳裸一貫の伝道者故藤沢武義氏のこと。氏のお孫さんが交通事故で脳挫傷、何人も助からないと思っていたが、氏は夜をを徹して汗だくの祈り。奇跡的に直った。米国に留学するほど回復。今井館の「若者と語るシンポジウム」にも出られた。その時は私の息子も登壇した。●ある時、東京聖書読者会に来られたときに感話された。「今までで一番コタエタことは、幼子を抱えていた華子夫人から窮乏を訴えられるたびに「何とかなる。何とかなる」と答えたが、。あるとき華子夫人が「では今すぐここに食べ物を出してください」と言った。そしてやおら持っていた聖書をバン!、と講壇に叩きつけ「伝道者出でよ。神が何とかしてくださる」と大声で叫ばれた。●武義氏と華子さんの結婚は塚本虎二先生が司った。塚本先生が華子さんに覚悟をさせるために「本日から子弟の縁を切る」と言われた時、華子さんも参列者も泣かれた。参列していた矢内原先生は「もうこんな「涙の結婚式』派ごめんだ」言ったそうyだ。藤沢武義氏も華子さんも塚本矢内原両先生も逝かれて久しい。●今井館で藤沢武義氏の記念会を開いた時に華子さんはしばしば涙を拭われた。故藤林益三先生が隣に座られていた。●貧困家庭で育ったご令嬢のY夫人は美しく育たれた。また令息のH氏の体格はいい。私に会う時、決まって私の目をじっと見るが、武義氏に見つめられているようだ。

口語訳 詩  37:25
37:25 わたしは、むかし年若かった時も、年老いた今も、正しい人が捨てられ、あるいはその子孫が/食物を請いあるくのを見たことがない。

詩篇
37:26 われむかし年わかくして今おいたれど 義者のすてられ或はその裔の糧こひありくを見しことなし

塚本訳 マタ 4:3-4
4:3 すると誘惑する者[悪魔]が進み寄って言った、「神の子なら、(そんなにひもじい思いをせずとも、)そこらの石ころに、パンになれと命令したらどうです。」
4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」

塚本訳 マタ 10:29
10:29 雀は二羽一アサリオン(三十円)で売っているではないか。しかしその一羽でも、あなた達の父上のお許しなしには地に落ちないのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想瞑想ディボーション終わり。困ったことはこれすべて神がご存知だ。自戒、自戒。私は信仰が薄い。

2016_09120001.jpg 

6時半出発。聖路加国際病院でMRI。その後診断。脳出血と脳梗塞の痕跡は
進行してないため、次回のMRIは2年後。血圧の下が80なのは高いので、さらなる
減量をせよとのこと。篠田先生。

2016_09120003.jpg 
聖路加の第二画廊で「坂本文子写真展。やすらぎの色彩」を観る。
坂本さん(写真の人)の作品には「詩が感じられる」。建築も同じだと言った。

2016_09120005.jpg 

秋のあきる野に戻る。柿。
ナナクリニック(皮膚科)に行って帰宅は18時。土産に「アイス」


待合室で蛭沼寿雄「新約正典のプロセス」を読む。「正典は自然に出来上がって行った」。予想通り。
夕飯は食べたかった「餃子」。





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<出会いは一瞬・・・洗礼者ヨハネに学ぶ・・・ | Top | 主の訓練・・・不幸は神が真の愛に導かんとする知恵・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4125-95e0462f
FC2blog user only
| Top |
0814