to 日記と感想 永遠の死という恐怖・・・十字架の救いの有難さ・・・
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


永遠の死という恐怖・・・十字架の救いの有難さ・・・ ++++++++ 所感

2016/10/11 05:30

161011(火)3時目覚め、黙想「永遠の死という恐怖・・・十字架の救いの有難さ・・・」。4時起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●人生で何が恐怖かというと、それは永遠の死、永遠の滅却、永遠の滅び、霊魂の消滅、死者の永久の忘却である。文化文明は総てこの恐怖kら逃れようとする人間の営みである。科学技術、医学、社会科学、政治、経済、家庭・・・・しかしどれも心を満足させるには至らない。

塚本訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇が、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」

●キリスト教は愛の宗教で永遠の死からの救いであるが、その前提として罪による「永遠の死」「永遠の滅び」がある。それがなければ十字架の救いの有難さが分からない。今朝はまずその神の裁きを黙想してみよう。恐怖なくして愛に効き目がない。これをパウロでなく「主の言葉」に聞いてみよう。

塚本訳 マタ 12:32
12:32 人の子(わたし)を冒涜する者ですら赦していただけるが、
聖霊を冒涜する者は、この世でも来るべき世でも(決して)赦されない。


塚本訳 ヨハ 15:6
15:6 人はわたしに留っていなければ、蔓のように投げ出されて枯れる。すると集められ、
火の中に投げ込まれて焼かれる。


塚本訳 ルカ 10:13
10:13 ああ禍だ、お前コラジン!ああ禍だ、お前ベツサイダ!わたしがお前たちの所で行っただけの奇跡をツロやシドンで行ったなら、(あの堕落町でも、)とうの昔に粗布を着、灰の中に坐って悔改めたにちがいないのだから。

●黙示録には霊魂の死という「永遠の死」について書かれている。霊魂不滅のギリシャ哲学や輪廻転生の仏教とは異なるキリスト教の救いである。

塚本訳 黙  2:11
2:11 耳を有っている者は、御霊が(全)教会に言い給うことの何であるかを聴け。勝利者は決して第二の死、(永遠の死)に害なわれないであろう。


塚本訳 黙  20:14
20:14 そして死と陰府とは火の池に放り込まれた。これが第二の死、(最後の)火の池の死である。


塚本訳 黙  21:8
21:8 しかし臆病者、不信の者、嫌悪むべき者、(また)殺人者、淫行の者、魔術を行う者、(また)偶像礼拝者、凡ての虚偽者──彼らの運命は、火と硫黄の燃えている池に投げ込まれることである。これは第二の死、(すなわち最後の死)である。」


●永遠の死の恐怖からの救いの証明はキリストの「有体的復活」であった。有体的ということは理性の安息である。

塚本訳 マタ 16:21
16:21 この時から、イエスは自分が(神の計画どおり)エルサレムに行って、長老、大祭司連、聖書学者たちから多くの苦しみをうけ、殺され、そして三日目に復活せねばならないことを弟子たちに示し始められた。


塚本訳 ルカ 9:22
9:22 そして、「人の子(わたし)は多くの苦しみをうけ、長老、大祭司連、聖書学者たちから排斥され、殺され、そして三日目に復活せねばならない。(神はこうお決めになっている)」と言われた。

塚本訳 マタ 17:22-23
17:22 一行がガリラヤを旅行しているとき、イエスは(また)弟子たちに言われた、「人の子(わたし)は人々の手に引き渡されねばならない。
17:23 彼らに殺されるが、三日目に復活する。」弟子たちは非常に悲しんだ

塚本訳 ルカ 9:22
9:22 そして、「人の子(わたし)は多くの苦しみをうけ、長老、大祭司連、聖書学者たちから排斥され、殺され、そして三日目に復活せねばならない。(神はこうお決めになっている」と言われた。

塚本訳 ルカ 18:31-33
18:31 イエスは(また)十二人(の弟子だけ)をそばに呼んで、こう話された、「さあ、いよいよわたし達はエルサレムへ上るのだ。人の子(わたし)について預言者たちが(聖書に)書いてあることは、ことごとく成就する。
18:32 ──異教人に引き渡されて、なぶられ、いじめられ、唾をかけられ、
18:33 ついに鞭で打たれて殺されるのである。しかし三日目に復活する。」

塚本訳 ルカ 24:5-9
24:5 ぞっとして面を垂れると、彼らに言った、「なぜ死人の中に生きた者をさがすのか
24:6 ここにはおられない。もう復活されたのだ。まだガリラヤにおられたとき、あなた達に言われたことを思い出してみよ。
24:7 『人の子(わたし)は罪人どもの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目に復活せねばならない』と言われたではないか。」
24:8 女たちはイエスの言葉を思い出して、
24:9 墓から帰り、十一人(の使徒)とそのほかみんなの人に、一つのこらずこのことを知らせた。

塚本訳 ルカ 24:44-47
24:44 それから彼らに言われた、「(あなた達が見聞きした)これらのことは、わたしがまだあなた達と一しょにいたとき、わたしについてモーセの律法と預言書と詩篇と[聖書]に書いてあることは一つのこらずきっと成就する、と話したその言葉(が実現したの)である。」
24:45 それから聖書をわからせるために彼らの心を開いて
24:46 言われた、「救世主は苦しみをうけて、三日目に死人の中から復活する
24:47 また罪を赦されるための悔改め(の福音)が、その名においてすべての国の人に説かれる、エルサレムから始まって、と(聖書に)こう書いてある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の啓示、黙想、瞑想、ディボーション終わり。永遠の滅却という恐怖からの救いは十字架の」救い。永遠の命。有難い有難い。キリストの救いを受け入れない者は永遠の滅び。血を分けた兄弟の滅びは見るに忍びないが、十字架の救いがある。絶対恩恵による無条件の救いの道がある。キリスト教がこの私の至らなさ、不完全さ、罪深さによって親族に躓きを与えていても私に関わりなく、わたしを通り越して、「神が直接救う」。「絶対恩恵による無条件の罪の赦し」を親族に与える。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申、ルカ18章。
●隣地に出た桑の木の枝を切る。












スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


<<「主の言葉」・・・長患いも直る・・・ | Top | 「主の言葉」・・・約束・・・>>




Comment
はじめまして。

もう30年以上前のことになります。

学生時代、プロテスタントの教会に通い、その教会の方針に疑問を感じていた頃、西荻窪の書店で、石井弘さんの、塚本先生のご講演起こしのコピーを見つけ、塚本先生の全集を購入しました。

そして、石井さんから、半年間ほどコピーをお送り頂き、無教会の教えを学びつつありました。

しかし、その後、人生の困難に遭遇し、4年ほど通ったプロテスタントの教会も、塚本先生のご著書や、聖書そのものからも離れてしまいました。

今日、ふと、石井弘さんのことを思い出し、検索をして、ヒットしたので、おじゃましました。

また、塚本先生の全集を紐解こうかと思っております。

とにかく、ご挨拶だけはせねば、と思い、書き込ませて頂きました。

プロテスタントの教会関係者とは、連絡を取りたいと思ったことはありませんでしたが、広大な湖に石を投げるかのように、ただただ見返りを求められず、コピーを配布され続けた石井さんのことは、お目にかかったことすらないのですが、決して忘れられませんでした。

また、改めて、書かせて頂きます。

取り急ぎ失礼いたします。
【2016/10/11 15:07】 URL | パスカル [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4155-eb920458
FC2blog user only
| Top |
0814