to 日記と感想 祈り・・・神の力を疑わずに信じ込む心。本物の信仰。
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


祈り・・・神の力を疑わずに信じ込む心。本物の信仰。 ++++++++ 所感

2016/10/21 05:23

161021(金)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●2時目覚め、次回感話の推敲をして寝付けず、4時起床。次回感話資料の一部を次のように推敲。

10月30日感話の一部 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑫ 祈り・・・神の力を疑わずに信じ込む心。本物の信仰。

塚本訳 ルカ 13:23-24
13:23
するとある人が「主よ、
救われる者は少ないでしょうか」と尋ねた。人々に言われた、
13:24
全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。

塚本訳 ルカ 18:1-2                                         18:1 なお、気を落さずに常に祈るべきことについて、一つの譬をひいて弟子たちに話された、                            18:2 「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官があった。

塚本訳 マコ 10:26-27
10:26
弟子たちはいよいよ驚いて互に言った、「それでは、だれが救われることが出来るのだろう。」
10:27
イエスは彼らをじっと見て言われる、「
人間には出来ないが、神には出来る。『神にはなんでも出来る。』

塚本訳 マコ 5:27-30                                         5:27 イエスのことを聞いて、群衆にまじってついて来た女が、後ろからその着物にさわった。                           5:28 お召物にでもさわれば、なおるにちがいない」と思ったのである。                     5:29 はたしてすぐ血の源がかれて、病気が直ったのを身に感じた。                  5:30 イエスは自分の中から力が出ていったのにすぐ気がついて、群衆の中で振り返ってたずねられた、「わたしの着物にさわったのはだれか。」

塚本訳 ルカ 7:7-9                                          7:7 だから自分でお願いに出る資格もないと考えたのです。(ここでただ)一言、言ってください。そうすれば下男は直ります。                                          7:8 というのは、わたし自身も指揮権に服する人間であるのに、わたしの下にも兵卒がいて、これに『行け』と言えば行き、ほかのに『来い』と言えば来、また僕に『これをしろ』と言えば(すぐ)するからです。(ましてあなたのお言葉で、病気が直らないわけはありません。)」                 7:9 イエスはこれを聞いて驚き、ついて来た群衆の方に振り向いて言われた、「わたしは言う、イスラエルの人の中でも、こんな(りっぱな)信仰を見たことがない。

塚本訳 マコ 9:23-24                                         9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。」                        9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。

塚本訳 マコ 11:23                         11:23 アーメン、わたしは言う、だれでもこの山に向かい、『立ち上がって海に飛び込め』と言って心に疑わず、自分の言うことは成ると信ずるならば、そのとおりになる。 

塚本訳 ルカ 17:6                                  17:6 主が言われた、「もしあなた達に芥子粒ほどでも信仰があれば、──(あなた達にはそれがないが、もしあれば)──この桑の木にむかい『抜けて海に植われ』と言っても、言うことを聞くであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             

 朝の黙想ディボーション終わり

2016_10210003.jpg 

5:45 早朝散歩出発
讃美歌
「ああ、うるわしきシオンの朝、光ぞ照り染めけり」


2016_10210004.jpg 

秋留台公園、コスモス。コスモス大好き、神の風(霊)に従順に頭を下げる。



2016_10210011.jpg 

居間の照明器具を クリーニング屋が持ってきた針金のハンガーと家あった障子紙で作る。
費用は結束バンドの140円。工作大好き。なぜか。「創造」だからだからだろうか。
この家は造り込んだので愛着が湧く。終の棲家。


●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版ルカ福音書意見具申。完成したので日本聖書協会に送rふ。
同時に塚本虎二先生の「標準訳と個人訳」という論考(1960年8月「聖書知識」)も送った。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版マルコ福音書意見具申。開始。「主の言葉」に触れるのは楽しみ。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<永遠の命の喜び・・・この世の幸福は空しい・・・ | Top | 衣を賣りて劍を買へ・・・神の前に立てるように緊張の姿勢で生きよ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4165-1bcc60a0
FC2blog user only
| Top |
0814