to 日記と感想 ああ、信仰うすき者よ・・・我々に対する主の嘆き・・・
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


ああ、信仰うすき者よ・・・我々に対する主の嘆き・・・ ++++++++ 所感

2016/10/27 05:12

うすき161027(木)3時目覚め、4時起床●朝の啓示「ああ、信仰薄き者よ・・・我々に対する主の嘆き・・・」 さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●叱られると言うことは「愛」の故である。主は「ああ、信仰薄き者よ」と言って我々に対して嘆かれる。叱る。今朝はこのことについて黙想してみよう。

文語訳 マタ 6:30
6:30 今日ありて明日、爐に投げ入れらるる野の草をも、神はかく装ひ給へば、まして汝らをや、ああ信仰うすき者よ

文語訳 マタ 14:31
14:31 イエス直ちに御手を伸べ、これを捉へて言ひ給ふ『ああ信仰うすき者よ、何ぞ疑ふか

塚本訳 ルカ 9:41
9:41 イエスが答えられた、「ああ不信仰な、腐り果てた時代よ、わたしはいつまであなた達の所にいてあなた達に我慢しなければならないのか。息子をここにつれてきなさい。」

塚本訳 マコ 9:23
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。

塚本訳 マタ 14:30-31
14:30 しかし(いま一足という所で)強い風を見たため、おじけがつき、沈みかけたので、「主よ、お助けください」と叫んだ。
14:31 イエスはすぐ手をのばし、ペテロをつかまえて言われる、「信仰の小さい人よ!なぜ疑うのか。」

塚本訳 ヨハ 11:32-33
11:32 マリヤはイエスのおられる所に来ると、イエスを見るなり、足もとにひれ伏して言った、「主よ、あなたがここにいてくださったら、わたしの・・わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。」
11:33 イエスはマリヤが泣き、一しょに来たユダヤ人たちも泣くのを見ると、(その不信仰を)心に憤り、かつ興奮して、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の啓示黙想瞑想ディボーション。主が我々に求め給うことは「篤い信仰」である。これがキリスト者の人生目標である。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版マルコ4章意見具申。言語の追究と文学者の組み合わせで第一原案、以後第7回推敲。洗練されている。
●15:00 録画してあった「100分で幸福論」を観る。文学者、経済学者、哲学者、心理学者の懇談。幸福の定義の結論は「人に尽くす」ことが共通。感想。幸福論100冊よりも福音書一冊。
●三大幸福論(ヒルティ、アラン、ラッセル)は、人間が追求してきたこの世の「自由」が獲得できた19世紀末に出現したという。社会的に「自由」になれても心が満たされない証明。





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<赦せ・・・神います。いつかは恥じて悔い改める・・・ | Top | 不幸・・・不条理、不可解なことは罪を気づかせてくださる神の愛・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4171-77f4b6b6
FC2blog user only
| Top |
0814