to 日記と感想 本当の礼拝・・・「主の言葉」にアーソウカと思える時・・・
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


本当の礼拝・・・「主の言葉」にアーソウカと思える時・・・ ++++++++ 所感

2016/10/30 07:14

161030(日)4時起床。朝の啓示「本当の礼拝・・・「主の言葉」にアーソウカと思った時・・・」 さかなのえΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●本当の礼拝とは、自分で聖書を読んで、「主の言葉」にアーソウカと思える時が本当の礼拝である。このことが起こった時が、日本に福音が土着した時である。数ではない、質である。

塚本訳 ヨハ 4:23-26
4:23 しかし(ユダヤ人もサマリヤ人もなく、)本当の礼拝者が霊と真理とをもって父上を礼拝する時が来る。いや、今もうきている。父上もこんな礼拝者を求めておられるのである。
4:24 神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。」
4:25 女が言う、「キリストと言われる救世主が来ることは知っています。救世主が来れば、わたし達に何もかも知らせてくださるでしょう。」
4:26 イエスは言われる、「あなたと話しているわたしが、それだ。」

塚本訳 ヨハ 5:39-40
5:39 あなた達は聖書(旧約)をもっていることが永遠の命を持っていることのように思って、それを研究している。ところがこの聖書は、(永遠の命である)このわたしのことを証明しているのに、
5:40 あなた達はその命を得るためわたしの所に来ようとしない。

塚本訳 ヨハ 7:17
7:17 その方の御心を行おうと決心する者には、わたしの教えが神から出たものか、それともわたしが自分で勝手に話しているかがわかるであろう。

塚本訳 ヨハ 18:37
18:37 そこでピラトが言った、「では、やっぱりお前は王ではないか。」イエスが答えられた、「王だと言われるなら、御意見にまかせる。わたしは真理について証明するために生まれ、またそのためにこの世に来たのである。真理から出た者はだれでも、わたしの声に耳をかたむける。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想ディボーション終わり。人間は真の礼拝を欲求する。それは「主の言葉」を礼拝の対象とすることである。形は様々。

●10:00 妻と礼拝。東京聖書読者会。川上(司会)、宮崎(自分の画集出版の事)、高橋(「主の言葉」。上記資料)、
●終了後、二人の年配の御夫人から「今日のお話はとてもよかった」とお礼を言われた。信仰は呼応である。命の交流である。霊の命の交わりであれう。お二人に答えた「主がお話しくださったのです」と。
●妻はクリスマスオラトリオの練習。
●今日の集会感話の中で、「私の設計した家のお子様から二人の美人が出た。一人は三越のミス着物、一人はミスソニー。これは無教会の栄光だ。」と言ったことに対しに妻から苦言。「女性は皆美人ですよ」。女性の美醜を言うのは禁句だ。女性は良く見ると、また信仰の目で見ると皆美しい。
●「自分史日記」に本年4月からの分を加えた。合計73年分約500MB。これがCD一枚(700MB)に収まるから驚き。100歳まで大丈夫。




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<福音・・・イエスの言動全部が福音・・・ | Top | 奪取・・・聖書は研究ではわからない。学者の手から奪い取れ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4175-f38fe30a
FC2blog user only
| Top |
0814