to 日記と感想 不運な少女の救い・・・ヘロデ王朝内を転々としたヘロデヤの娘(サロメ)を思う・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


不運な少女の救い・・・ヘロデ王朝内を転々としたヘロデヤの娘(サロメ)を思う・・・ ++++++++ 所感

2016/11/03 05:53

161103(木)キリスト者の皆様お早うございます。●今日は47回目の結婚記念日さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●昨日は次回感話の準備であのヘロデヤの娘「サロメ」に終日振り回された。結論は「不運な少女の救い・・・ヘロデ王朝内を転々としたヘロデヤの娘(サロメ)を思う・・・」。十字架の許にいた女性、イエスの墓に香油を塗りにいった「サロメ」は汚れて退廃したヘロデ放蕩の中を転々とした「不運な女」、あのヘロデヤの」娘の「サロメ」ではなかったのか。素人の聖書読みでそう読み込む。学問的に間違っていても信仰でそう読む。信じ込む。

塚本訳 マコ 6:18-28
6:18 ヨハネがヘロデに、「あなたは自分の兄弟の妻を妻にするのはよろしくない」と言ったからである。
6:19 (そのため)ヘロデヤはヨハネを恨んで、殺したいと考えていたが、出来なかった。
6:20 それはヘロデがヨハネを正しい聖なる人と知って、これを恐れ、保護を加えていたからである。ヘロデはヨハネに話を聞くと非常に当惑したが、それでも喜んで聞いていたのである。
6:21 すると(ヘロデヤにとり)好い機会がきた。ヘロデが自分の誕生祝いに、大官、将軍、ガリラヤの名士たちを招待して宴会を催した時、
6:22 ヘロデヤの娘が席に出て舞をまい、ヘロデと列座の人々とを喜ばせたのである。王が少女に言った、「ほしいものがあったら言ってみよ。褒美にやろう。」
6:23 また、「願いとあらば、『国の半分でも』やろう」と誓った。
6:24 少女は出ていって母にきいた、「何を願いましょうか。」「洗礼者ヨハネの首を」と母がこたえた
6:25 少女は大急ぎですぐ王の前に出て、「洗礼者ヨハネの首を盆にのせてすぐに戴かせてください」と願った。
6:26 王は非常に悲しんだが、客の前で立てた誓いの手前、拒みたくなかった。
6:27 そこで王はすぐヨハネの首を持ってくるように命令して、首斬役をやった。首斬役は行って牢でヨハネの首をはね、
6:28 その首を盆にのせて持ってきて少女に渡し、少女はそれを母に渡した。


●この少女の名前は通説では「サロメ」となっているが、「ヘロデヤの娘」とだけあって、「聖書にはない」。この通説の源流はヨセフの古代史(8巻5-1,2)である。(山本書店の「ユダヤ古代誌」全11冊は亡くなられたヤ・キさんの遺品である。今に役に立った。)この中にこのエピソードの主の名前は「サロメ」と書かれている。以後2000年、この世はこの少女を絵画に小説に音楽にはじめと同じく「見世物」にしている。では真相はどうなのか。
●サロメがユダヤ王朝内を転々としたことは、WEB黒崎でビジュアル化された「ヘロデ王朝の系図」で明解に見ることがことができる。

http://stonepillow.dee.cc/herod.html

1)父ヘロデ(ピリポ)と母ヘロデヤの子として生まれたv
2)母ヘロデヤは父ヘロデ(ピリポ)の異母兄弟(弟)のヘロデ(アンティパス)と「恋におちいり」(上記ユダヤ古代誌・新約時代篇P65)夫を捨てた。
3一方ヘロデ(アンティパス)の方は先妻を捨てた。ヘロデヤは娘通説サロメ」)を連れ子として嫁いだ。そしてあるときおじさんであるヘロデ(アンティパス)の前で踊らされた。(マルコ6:18-28)
4)成長し、これまた異母兄弟のピリポに嫁ぐが夫は紀元44年に死別。子はなかった。
5)それで、夫の甥のアンストポロに嫁ぐ。ここでは三人の子宝に恵まれる
6)その後の彼女の歩みはわからない。
7)聖書に「サロメ」の名前は出てくるのは次の二か所である。これがヘロデヤの娘でユダヤ王朝内を転々としたヨセフスのユダヤ古代誌に出てくる通説「サロメ」ではあるまいか。わたしは信仰の目でそう読み込む。人生の辛酸を舐め、悲哀を感じた「サロメ」はついに「世の光」「命の泉」に出会ったのだと私は信じる。十字架の許にいて墓にまでいった女になった。万歳「サロメ」!。あなたはこの世での不運が幸いした。天国で大きな者になった。

塚本訳 マコ 15:39-40
15:39 イエスと向かい合ってそばに立っていた百卒長は、こんなにして息が絶えたのを見て、「この方は確かに神の子であった」と言った。
15:40 また遠くの方から眺めていた女たちもいた。そのうちにはマグダラのマリヤ、小男ヤコブとヨセとの母マリヤ、およびサロメもいた。

塚本訳 マコ 16:1
16:1 (翌日、日が暮れて)安息日が終ると、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとは、イエス(の体)に油を塗りに行くために、(油にまぜる)香料を買いととのえた。

●我々の家系も汚れていて、醜悪であるが、サロメのような人生でありたい。「主の言葉」が響く。

塚本訳 ヨハ 8:3-11
8:3 すると聖書学者とパリサイ人とが、姦淫の現行犯を押えられた女をつれてきた。みんなの真中に立たせて、
8:4 イエスに言う、「先生、この女は姦淫の現場を押えられたのです。
8:5 モーセは律法で、このような女を石で打ち殺すように命じていますが、あなたはなんと言われますか。」
(中略)
8:10 イエスは身を起こして女に言われた、「女の人、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罰しなかったのか。」
8:11 「主よ、だれも」と女がこたえた。イエスが言われた、「わたしも罰しない。おかえり。今からはもう罪を犯さないように。」】

塚本訳 マタ 11:11-15
11:11 アーメン、わたしは言う、女の産んだ者の中に、洗礼者ヨハネより大きい者はまだ出たことがない。しかし天の国で一番小さい者でも、彼より大きい。
11:12 とにかく、洗礼者ヨハネの(現れた)時からいままで、天の国は暴力で攻め立てられ、暴力で攻めた者がそれを奪いとっている。
11:13 すべての預言書と律法と[聖書]が預言しているのは、ヨハネ(の現われる時)まで(で、天の国はすでに来ているの)だから。
11:14 (今わたしが言ったことを)信ずる気があなた達にあるなら(わかることだが、)ヨハネこそ、(救世主の先駆けとして)来るべき(預言者)エリヤである。
11:15 耳のある者は聞け。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想瞑想ディボーションおわり。

●13:00 学士会館で「南原繁シンポジウム主題「南原繁の戦後体制構想」。天皇制の問題など、現実の諸問題などが討論された。
●結婚記念日なので、ケーキを購入。小さいもの。夕食時にび47年間の長旅感謝の祈り。

2016_11030003.jpg 

菊。47年前の結婚式には菊が多く飾られた。あのときに御参列くださった多くの方々は逝かれた、

2016_11030004.jpg 

家路。三日月が見えた










スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<一粒の麦・・・洗礼者ヨハネの死は汚れた家庭の不幸なサロメを救うことになった・・・ | Top | 不完全家庭の祝福・・・天国ではめとることもなく嫁ぐこともない・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4179-a45bd0c9
FC2blog user only
| Top |
0814