to 日記と感想 一粒の麦・・・洗礼者ヨハネの死は汚れた家庭の不幸なサロメを救うことになった・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


一粒の麦・・・洗礼者ヨハネの死は汚れた家庭の不幸なサロメを救うことになった・・・ ++++++++ 所感

2016/11/04 08:29

161104(金)2時半目覚め、黙想、感話準備、4時起床。さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) 。明後日の感話の結論をまとめた。

11月6日感話の結論

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感話・結論

●洗礼者ヨハネの死は「一粒の麦の死」であった。イエスを立ち上がらせた。

塚本訳 1:14-15
1:14
(洗礼者)ヨハネが牢に入れられた後、イエスはガリラヤにかえり、神の福音を説いて
1:15
言われた、「時は満ちた、神の国は近づいた。悔改めて福音を信ぜよ」と。

塚本訳 マタ 4:12                                   4:12 イエスは(洗礼者)ヨハネが牢に入れられたと聞くと、(郷里)ガリラヤ(のナザレ)に引っ込まれた。

塚本訳 ヨハ 12:24
12:24
アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

 

●汚れた家系のヘロデ王朝内を転々としたヘロデヤの娘(サロメ)は不運であったが、最後にキリストの贖いの血で救われた。

マルコ622-28のエピソードに出てくる少女の名前は通称「サロメ」となっているが、新約聖書では「ヘロデヤの娘」とだけあって、名前はない。通称の由来はヨセフスの「ユダヤ古代史」(第8巻5-1,2)である。(山本書店の「ユダヤ古代誌」全11冊は亡くなられたヤ・キさんの遺品。今に役に立った。)ここにこのエピソードの少女の名前は「サロメ」と書かれている。以後2000年間、この世はこの少女を絵画に小説に音楽にとはじめの舞いと同じく「見世物」にしている。では真相はどうなのか。
サロメがユダヤ王朝内を転々としたことは、WEB黒崎でビジュアル化された。これで「ヘロデ王朝の系図」で明解に知ることができる。

http://stonepillow.dee.cc/herod.html

1)少女(通称サロメ)は父ヘロデ(ピリポ)と母ヘロデヤの子として生まれた。しかし父は別の無名のヘロデではないかとの説もある(田川)                      2)母ヘロデヤは父ヘロデ(ピリポ)の異母兄弟(弟)のヘロデ(アンティパス・・・イエスを裁判した。ルカ236-12)と「恋におちいり」(ユダヤ古代誌・新約時代篇P65)夫と離婚。
3)一方ヘロデ(アンティパス)の方は先妻を捨ててヘロデヤと結婚した。                            4)そのヘロデヤは娘(通称サロメ)を連れ子として嫁いだ。     
5)そして育ての親であるヘロデ(アンティパス)の余興で舞をまった。(マルコ
618-28                       6)成長し、異母兄弟のピリポに嫁ぐが夫は紀元44年に死別。子はなかった。
7)それで、夫の遠戚のアンストポロに嫁ぐ。ここでは三人の子宝に恵まれる。(ユダヤ古代誌・新約時代篇P65
8)その後の彼女の歩みは聖書ではわからない。
9)聖書に「サロメ」の名前が出てくるのはマルコの二か所である。

塚本訳 マコ 15:40                                  15:40 また遠くの方から眺めていた女たちもいた。そのうちにはマグダラのマリヤ、小男ヤコブとヨセとの母マリヤ、およびサロメもいた。

塚本訳 マコ 16:1                                  16:1 (翌日、日が暮れて)安息日が終ると、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとは、イエス(の体)に油を塗りに行くために、(油にまぜる)香料を買いととのえた。

10)このサロメがロデヤの娘で、ユダヤ王朝内を転々としたヨセフスのユダヤ古代誌に出てくる通称「サロメ」ではあるまいか。

11)学問的に確定はしてないが無教会の素人読み、百姓読み、信仰的にそう読み込む。

12)人生の辛酸を舐め、悲哀を感じた「通称サロメ」はついに「世の光」「命の泉」に出会ったのだと私は信じる。

13)十字架の許にいてイエスの遺体に油を塗りに行くようにまでなったサロメ。彼女は肉の汚れの世界から贖われ、霊の人になった。万歳「サロメ」!。この世の不運不幸悲惨が幸いした。永遠に淋しさのない復活の人、天国人になった。

塚本訳 ヨハ 3:4-7                                                   3:4 ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれなおすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかないではありませんか。」                                        3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。                             3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。                                3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。

塚本訳 マタ 11:11-15                                11:11 アーメン、わたしは言う、女の産んだ者の中に、洗礼者ヨハネより大きい者はまだ出たことがない。しかし天の国で一番小さい者でも、彼より大きい

塚本訳 ルカ 20:35-36                                20:35 あの世にはいる資格を与えられて、死人の中から復活する者は、めとることもなく嫁ぐこともない。                                        20:36 復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや死ぬことが出来ない、(従って子を産む必要がない)からである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月6日感話の結論 おわり

●8:30 9月に召された、故大塚節子さんの前夜式と告別式(9月26日)の録音CDを妻と聴く。神のなさることは不思議だ。大塚家とは大塚ビルを建築したときから深く関わりを持つようになった。


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<戦うな・・・神の力を信じて一目散に逃げよ・・・ | Top | 不運な少女の救い・・・ヘロデ王朝内を転々としたヘロデヤの娘(サロメ)を思う・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4180-65955e68
FC2blog user only
| Top |
0814