to 日記と感想 失せた望みのために・・・泣け、思い切り泣け・・・
Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


失せた望みのために・・・泣け、思い切り泣け・・・ ++++++++ 所感

2016/11/17 05:46

161117(木)3時目覚め、啓示、黙想。4時起床。主の言葉の種を蒔け。バルナバ(慰めの子)になれ。

塚本訳 マコ 4:14
4:14 種まく人は(神の)御言葉をまく

塚本訳 ルカ 8:11
8:11 譬(の意味)はこうである。──種は神の御言葉である

塚本訳 使 4:36-37
4:36 ヨセフは使徒たちからバルナバ[訳すれば「慰めの子」]とも言われた、クプロ(島)生まれのレビ人であったが、
4:37 畑を持っていたので、売って、その金を持ってきて使徒たちの足元に置いた。


●ヒルティ「眠られぬ夜のために第一巻2月12日は忘れ得ぬ言葉で私の人生目標。

「バルナバ![慰めの子]、これはすべてのキリスト者がまさに負うべき美しい名である。キリスト者はtるねに慰めを与え得るものでなけrればならない。」


さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) 。朝の啓示「失せた望みのために・・・泣け、思い切り泣け・・・」●聖書は慰め、特に主の言葉は慰めである。極度の嘆き悲しみのときに主が近づいてくださる。天からの慰めの言葉がかかる。●神戸照子さんは、婚約者が戦死したときに塚本虎二先生のところに泣きに行った。先生は「タオルでは足りない。毛布がぐしょぐしょになるまで泣きなさい」と諭された。神戸さんはこの言葉で人生が立ち直り、生涯「慰めの子」の働きをされた。後年、婚約者が戦死した南の島を尋ねた時、撃沈した海に向かって砂浜を右に左に行きかいながら大声で婚約者の名前を呼んで砂浜に泣き崩れたという。神戸さんのその後を知りたくて群馬県の老人ホームに問い合わせたところすでに召されていた。「神戸照子」さんの晩年に接した人の手記があったので次にかかげる。美しく老いた方だったようだ。


神戸照子さんの思い出。「美しく老いた」人。著者不明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月23日(木)
  
明日は Christmas Eve 。
クリスマスといえばプレゼント。
私が印象に残っているクリスマスプレゼントは、サンタに初めてもらったお人形。
(本当にサンタさんから送られたのだと信じていた頃のことです)
それと、3年前のクリスマスにイスラエルの友人バラさんからいただいたプレゼントです。
「今年のプレゼントは、素敵な女性を紹介することにしました」というカードに、神戸照子先生の名前と住所がありました。

 私は神戸先生の名前を全く知りませんでしたし、またバラさんが教えてくれたのは名前と住所だけ。
気になりながらも仕事に追われて、群馬県中之条をお訪ねしたのは、夏休みが終わろうとする頃でした。
関越自動車道を沼田で降り、草津方面へいくと万葉でも有名な沢渡温泉があり、その少し先に先生のお住まいの”美ら寿”があります。

 山の中腹まで登ると、明るいモダンな建物が見えてきました。
迎えに出て下さった神戸先生は82歳の小柄なエプロン姿のおばあさまです。
でもお会いした瞬間、この方は普通の方ではないと感じ足が震えました。
何と表現すればいいのでしょう!!!
先生のお姿には、美しい魂を求め続けて来た人だけが持つ本物の美しさがありました。

 お茶とお菓子をいただきながら一時間半ほどお話しました。
先生と向き合っているうちに、私が現代の、また都会の汚れをいっぱい運んで行ったことに気がつきました。
柔和なお顔でお話される内容は凛として、思わず背筋が伸びます。
帰りがけに「こんなものお読みになりますう~?」と一冊の本を頂きました。

 本を読んで知りました。
やはり、ただのおばあさまではなかったのです。
東大の助教授だったご主人を戦争で亡くされました。 義理のお父様は京大の教授や京都市長をなさった方です。
先生は一人、都下の鶴川で農家の手伝い(作女)をしながら、戦後の混乱の中で近所の人達にお花やお裁縫を教えました。
また聖書の勉強サークルなど30年間続けられたのでした。

 そんな先生に群馬県中之条に30万坪の山野を提供する方が現れました。
また若者達のボランティアで、1971年に健康村”美ら寿”(ミラージュ)が完成することになるのです。
そこは老人ホームとは違い、老人を中心に「人が本当の人になれる場所」を目指して作られたのです。
ですから、自分たちで山羊やミツバチを飼ったり、農作業をしたり自分の出来ることをするのです。
当時は相当に話題になり新聞やラジオでも紹介されたようです。

 照子先生の頑張りはそれで終わりではありませんでした。
老人は病気になりやすいので町に病院をつくりました。 そして次は老人ホーム。
私が伺った時は、病院や老人ホームで働く優しい看護婦さんを育成するための看護大学の建設に熱中されていたのでした。

 私は照子先生のバックグラウンドは何にも知らずにずかずかとお伺いし、後で本当にビックリ。
すっかり恐縮し穴があったら入りたい気持ちでした。
後でバラさんは双方の感想が聞きたかったと意地悪なことを言っていました。 (--;)
その後も照子先生と文通するなかで、いろいろお教え頂きました。
「生きる原点は、何もかも一度捨ててみることよ。そうすれば必要なものはただ一つだと見えてくるわよ」
「よいと思ったらすぐに始めなさい。ぐずぐずしてる時間はないのよ」などのお言葉は今も耳に残っています。

 こんなに素晴らしい生き方をしている方に出会わせて下さったクリスマスプレゼントは忘れることが出来ません。
この喜びを紹介して、HPを読んで下さるかたへのクリスマスプレゼントにしたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神戸照子さんの思い出。「美しく老いた」人。著者不明 おわり

●塚本先生は結婚後二年で奥さんに先立たれた。二人の子を抱えて人生辛酸を舐めつくされた。塚本先生の告別式(女子学院)で南原繁先生は塚本先生のことを「美しく老いた人だった」と言われた。私は裏方でテープの係をしていて楽屋で一人で泣いた。先生は88歳で逝かれた、私はあと15年。

塚本訳 ヨハ 11:21-27
11:21 マルタがイエスに言った、「主よ、あなたがここにいてくださったら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。
11:22 しかしあなたがお願いになることなら、神様は何でもかなえてくださることを、わたしは今でも知っています。」
11:23 イエスは言われる、「あなたの兄弟は生き返る。」
11:24 マルタが言う、「最後の日の復活の時に生き返ることは、知っています。」
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きている私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」
11:27 イエスに言う、「はい、主よ、(信じます。)あなたが救世主で、神の子で、世に来るべき方であると、私は信じています。」


文語訳 ヨハ 11:25-26
11:25 イエス言ひ給ふ『我は復活なり、生命なり、我を信ずる者は死ぬとも生きん。
11:26 凡そ生きて我を信ずる者は、永遠に死なざるべし。汝これを信ずるか』

●8:15 あきる野市主催の市内深訪「深沢の石灰岩はおもしろい」に妻と参加

2016_11170022.jpg 

市民解説員が石灰岩の山がどうしてできたかの説明。地質学は日進月歩であり、2-30年前学説は
全く古くなってしまったと言う。参加者は約20名。石川さん、岡安さんと会う。

2016_11170015.jpg 

約3億年前のサンゴの死骸が積み重なってできた石灰岩の上に。幹周6.5メートル高さ20メートルの
ウラジロカシ。見ていて飽きない不思議な枝ぶり。

2016_11170027.jpg 

16:00 我が家に帰着。21000歩歩いた。
















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<悩み事、心配事・・・「主よ大変です。起きててください」・・ | Top | 幸福とは何か・・・イエスを神の子と信じられること、永遠の命と有体的復活の希望を持てること・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4195-e90157e3
FC2blog user only
| Top |
0814