to 日記と感想 「一粒の麦の死」への旅のはじまり…12月4日集会感話骨子・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


「一粒の麦の死」への旅のはじまり…12月4日集会感話骨子・・・ ++++++++ 所感

2016/11/27 05:30

161127(日)4時半起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●次回12月4日集会感話の骨子がまとまった。

12月4日集会感話の骨子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ΙΧΘΥΣ イクスス()    

イエ(イエス)、クリス(キリスト)、セ()、ヒュ()、ソ(救い主)

聖書で聖書を読む


                      イエス洗礼を受ける                                                          
              (ルカ3:21-22)
  
                                   
       ・・・「一粒の麦の死」への旅のはじまり・・・

 

2016年12月4日 東京聖書読者会 高橋照男

 

塚本訳 ルカ 3:21

3:21 さて民衆が皆(ヨハネから)洗礼を受けた時、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開けて、

 

感話1  神は人の子の姿を取って世に降られ、ユダヤ人の世の伝統に服された。

 

塚本訳 ルカ 2:41-42

塚本訳 ピリ 2:6-8

塚本訳 ロマ 8:3

塚本訳 ヘブ 5:7-8

 

感話2 キリストは律法を守られた


塚本訳  マコ 10:19-2
塚本訳 マタ 5:17-18 

 

感話3 しかしキリストは律法の終わりになられた。

 

塚本訳 ルカ 16:16

塚本訳 ヨハ 1:29

塚本訳 マタ 4:14-16

 

塚本訳 ルカ 3:22

3:22 聖霊が鳩のような形で彼の上に下ってきた。そして「あなたは(いま)わたしの“最愛の子、”“わたしの心にかなった”」という声が天からきこえてきた。

 

感話1 人が大命を授かる時、人生の岐路に天から声が響く。ルカの人生観

 

塚本訳 ヨハ 12:27-30

塚本訳 ルカ 22:42-44

塚本訳 使  26:12-14

 

感話2 我々の場合も十字架と復活を信じられるというのは、神による業

 

塚本訳 ルカ 7:28

塚本訳 ルカ 24:31-32

塚本訳 Ⅰペテ1:8

塚本訳 ルカ 24:45-48

 

感話3 天からの声は、「一粒の麦の死」へ門出の言葉

 

口語訳 イザ 53:11

53:11 彼は自分の魂の苦しみにより光を見て満足する。義なるわがしもべはその知識によって、多くの人を義とし、また彼らの不義を負う

 

塚本訳 ルカ 9:22

9:22 そして、「人の子(わたし)は多くの苦しみをうけ、長老、大祭司連、聖書学者たちから排斥され、殺され、そして三日目に復活せねばならない。(神はこうお決めになっている)」と言われた。

 

塚本訳 ルカ 9:23-24

9:23 それから今度は皆に話された、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、毎日自分の十字架を負い、それからわたしに従え。

9:24 (十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者が、(永遠の)命を救うのだから。

 

塚本訳 ヨハ 12:24

12:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

 

塚本訳 マコ 15:31-32

15:31 同じように大祭司連も、聖書学者と一しょに、こう言って(イエスを)なぶり合った、「あの男、人は救ったが、自分は救えない

15:32 救世主、イスラエルの王様が!今すぐ十字架から下りてくるがよい。見たら信じてやるのに!」一しょに十字架につけられた二人(の強盗)も、イエスを罵った。

 

塚本訳 Ⅰコリ15:37-38

15:37 そしてあなたのまくものは、やがて出来る体をまくのではなく、たとえば麦にしても何かほかの種類にしても、裸の粒にすぎないのである。

15:38 しかし神は御心のままにそれに体をお与えになる、しかもそれぞれの種に独得の体を。

 

塚本訳 マコ 10:44-45

10:44 一番上になりたい者は皆の奴隷になれ。

10:45 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。

 

塚本訳 ガラ 1:4

1:4 キリストはわたし達の父なる神の御心にしたがい、わたし達を悪い現在の世から救いだそうとして、わたし達の罪のために自分を与え(て十字架につけ)られたのである。

 

塚本訳 ルカ 9:51

9:51 イエスは(いよいよ)昇天の日が迫ったので、決然としてその顔をエルサレムへ向けて進み、

 

感話4 死人の復活という喜びの福音・・・人の心に思い浮かばなかったこと

 

塚本訳 ルカ 7:12-14

7:12 町の門の近くに来られると、ちょうど、ある独り息子が死んで、(棺が)舁き出されるところであった。母は寡婦であった。町の人が大勢その母に付添っていた。

7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、

7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。

 

塚本訳 ルカ 8:52-55

8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」

8:53 人々は死んだことを知っているので、あざ笑っていた

8:54 しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい!」と呼ばれると、

8:55 霊がもどって、即座に女の子は立ち上がった。イエスは(何か)食べさせるように言いつけられた。

 

塚本訳 Ⅰコリ2:8-9

2:8 この世の支配者のだれ一人、これのわかっていた者はなかった。もしわかったならば、栄光の主(キリスト)を十字架につけなかったはずであるから。

2:9 しかし(聖書に)書いてあるとおり(に実現したの)である。『目も見ず耳も聞かず』、人の『心に起こらなかった』もの、『これを神は御自分を愛する者たちのために』用意された。

 

塚本訳 ヨハ 11:25-27

11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。

11:26 また、だれでも生きて私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」

11:27 イエスに言う、「はい、主よ、(信じます。)あなたが救世主で、神の子で、世に来るべき方であると、私は信じています。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 12月4日集会感話の骨子 おわり

●8:00 町内会清掃。今日は妻が集会感話なので私が変わって聖想。それから急いで集会へ。
●10:00 集会は川上(司会)、高橋トミ子(パリサイ人と税金取り、伊東彊自先生のご家庭のこと。福島自然エネルギーのこと)
●妻はバッハ「クリスマスオラトリオ」の練習
●14:00秋川キリスト集会(代表・有馬平吉)講演会窪寺俊之「スピリチュアル・ケアとは何か」
 (聖学院大学教授・元淀川キリスト教病院チャプレン)。「聞く」と「聴く」の違い。スピリチュアルケアの本質は心を聴くことにあるという結論にいたく感激。医療従事者は常に「上から目線」。チャプレンの立場は聴き役としてのサーバントの徹することだと言う。ご自身の子育ての失敗。二人の娘が家出。「お父さんの顔を見たくない」と2年間も家に帰らなかったという正直な告白。私は反省、自戒。




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<心を聴く・・・神は願わずとも人の心を総てご存知・・・ | Top | 私達は「死人の復活という喜び」の福音に生きています・・・2017年賀状・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4206-ca42ad43
FC2blog user only
| Top |
0814