to 日記と感想 心を聴く・・・神は願わずとも人の心を総てご存知・・・
Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


心を聴く・・・神は願わずとも人の心を総てご存知・・・ ++++++++ 所感

2016/11/28 05:23

161128(月)さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●4時15分起床、乾布摩擦、体重測定、冷水洗顔、湯沸し●キリスト者の皆様お早うございます。朝の啓示「心を読む・・・神は願わずとも総てをご存知・・・」●昨日は秋川キリスト集会で淀川キリスト教病院の元チャプレンの窪寺俊之氏の講演「スピリチュアル・ケアとは何か」を聴いた。それによると末期がん患者にはその心を聴くことが癒しに最も大切で効果のあるなことであるということを知った。「聞く」は事柄を知ることであるが、「聴く」とは心を読むことであるという。ホスピスの従事者で一番大切な事は患者の心をひたすら「聴く」サーバントであるべきであるという。医者は病気を治そうと「上から目線で」事柄を「聞く」が、スピリチュアルケアは患者の下に立って「心を聴く」(漢字が違う)ことをするのだと言う。これが最も大切な癒しの業であることを知った。何かをすることでなく、ボールを受けることに効果があると言う。それが「霊魂の救い」につながるのであると言う。●私は12年前に肺癌でホスピスで死んだ母のことを思って反省、自戒した。母の救いを願って必死に祈ったが、母にとってはそれが「子ともからの「説教」に聞こえたらしい。母は信仰を持たずして逝った。「聴かれざる祈祷」(内村鑑三)であった。●講演後の質問時間で、そのことを申し上げると、「神は大きな愛でお母さんを包んでくださっています」と慰めてくださったさすが百戦錬磨の元チャプレンだと思った。。●窪寺氏(77歳)は今でこそスピエリチュアルケアの第一人者であるが、、ご自身の子育ての失敗(二人の娘が2年間も家出)が敬虔になっているので話に説得力があった。
●そこで今朝は「神は願わずとも人の心を総てご存知」ということをテーマに、聖書のアチコチを思い浮かべてみよう。神の子イエスは立ち止まって人の心を読まれた。


塚本訳 マタ 9:9
9:9 イエスはそこから出かけて、(湖のほとりで)マタイという人が税務所に坐っているのを見て、「わたしについて来なさい」と言われると、立って従った。


塚本訳 ヨハ 2:25
2:25 また人のことをだれからも教えてもらう必要がなかったのである。自分で人の心の中がわかったからである


塚本訳 ヨハ 4:15-18
4:15 女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またここに汲みに来なくてもよいように。」
4:16 イエスが言われる、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」
4:17 女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには夫はありません』と言うのは、もっともだ。
4:18 五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったことは本当だ。」


塚本訳 ルカ 19:5-6
19:5 イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」
19:6 ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。


塚本訳 マコ 12:13-17
12:13 それから彼らは数人のパリサイ人とヘロデ党の者とを、イエスの所にやった。その言葉尻をとらえ(て訴え出)ようとするのである。
12:14 その人たちは来てイエスに言う、「先生、あなたは正直な方で、だれにも遠慮されないことをよく承知しております。人の顔色を見ず、本当のことを言って神の道を教えられるからです。(それでお尋ねしますが、わたし達は異教人である)皇帝に、税を納めてよろしいでしょうか、よろしくないでしょうか。納めるべきでしょうか、納めるべきでないでしょうか。」
12:15 イエスは彼らの偽善を見抜いて言われた、「なぜわたしを試すか。デナリ銀貨を持ってきて見せなさい。」
12:16 持ってくると、言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」「皇帝のです」と彼らが言った。
12:17 イエスは言われた、「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ。」彼らはイエスに驚いてしまった。


塚本訳 ルカ 7:12-14
7:12 町の門の近くに来られると、ちょうど、ある独り息子が死んで、(棺が)舁き出されるところであった。母は寡婦であった。町の人が大勢その母に付添っていた。
7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、
7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。


塚本訳 ルカ 8:52-55
8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」
8:53 人々は死んだことを知っているので、あざ笑っていた。
8:54 しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい!」と呼ばれると、
8:55 霊がもどって、即座に女の子は立ち上がった。イエスは(何か)食べさせるように言いつけられた。


塚本訳 ヨハ 1:47-48
1:47 イエスはナタナエルが自分の方に来るのを見て、彼のことをこう言われる、「そら、あれは生粋のイスラエル人だ。すこしもごまかしがない。」
1:48 ナタナエルが言う、「まあ、どうしてわたしを御存じですか。」イエスが答えて言われた、「ピリポが呼ぶ前に、あなたが無花果の木の下にいるのを見た。」


塚本訳 ロマ 8:22-24
8:22 わたし達が知っているように、全創造物は(かの日から)今まで、一しょになって呻き、一しょになってみの苦しみをしている。(父なる神がこの  呻きに耳を傾けられないことがあろうか。)
8:23 しかし(苦しんでいるのは)創造物だけではない。わたし達自身も、(神の子にされた証拠として)御霊なる初穂を持っているので、このわたし達自身も、自分(のみじめな姿)をかえりみて、呻きながら、(正式に神の)子にされること、すなわちわたし達のこの(罪の)体があがなわれ(て、朽ちることのない栄光の体にされ)ることを、待っているのである。
8:24 なぜなら、わたし達は(最後の日に救いが完成されるという)望みをもって、救われているからである。目に見ることのできる望みは望みではない。人はいま現に見ているものを、なんでその上望む必要があろうか。


塚本訳 ヨハ 5:5-6
5:5 するとそこに三十八年病気の人がいた。
5:6 イエスはその人が横になっているのを見、すでに長い間わずらっていることを知ると、「直りたいか」とたずねられた。


塚本訳 使  14:8-10
14:8 当時ルステラに、足のきかない一人の男が坐っていた。母の胎内から足なえで、まだ一度も歩いたことがなかった。
14:9 この人がパウロの話を聞いていると、パウロはじっと見つめ、(足が)直るに必要な信仰があるのを見て、
14:10 大声で、「『自分の足で』まっすぐに『たちなさい!』」と言った。すると(たちまち)躍って歩きまわった。


塚本訳 マタ 11:28-29
11:28 さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。
11:29 わたしは心がやさしく、高ぶらないから、わたしの軛を負ってわたしの弟子になりなさい、そうすれば『魂の休息が得られよう。』


塚本訳 マタ 19:25-26
19:25 これを聞いて、弟子たちは非常に驚いて言った、「ではいったい、だれが救われることが出来るのだろう。」
19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた、「これは人間には出来ないが、『神にはなんでも出来る。』」


塚本訳 ヨハ 11:33-34
11:33 イエスはマリヤが泣き、一しょに来たユダヤ人たちも泣くのを見ると、(その不信仰を)心に憤り、かつ興奮して
11:34 (マルタとマリヤに)言われた、「どこにラザロを納めたか。」二人が言う、「主よ、来て、御覧ください。」


塚本訳 ヨハ 11:41-42
11:41 人々が石をのけた。するとイエスは目を天に向けて言われた、「お父様、(まだお願いしないのに、もう)わたしの願いを聞いてくださったことを感謝します。
11:42 (願わずとも)あなたはいつもわたしの願いを聞いてくださることを、わたしはよく知っております。しかしまわりに立っている人たちのために、(今わざと声を出して感謝を)申したのであります。(わたしの願いはなんでもきかれることを彼らに示して、)あなたがわたしを遣わされたことを信じさせるためであります。」


塚本訳 マタ 6:31-34
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。
6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。


塚本訳 ルカ 11:12-13
11:12 また卵を求めるのに、蝎をやるだろうか。
11:13 してみると、あなた達は悪い人間でありながらも、自分の子に善い物をやることを知っている。まして天の父上が、求める者に聖霊(という善いもの)を下さらないことがあるだろうか。」


塚本訳 マタ 5:45-46
5:45 あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。
5:46 自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われるあの)税金取りでも同じことをするではないか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想ディボーションおわり。神は人の呻き、嘆き、願いをことごとくご存知だ。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申ヘブライ人への手紙2章。難解だが、中心は十字架、贖罪、復活。

2016_11280001.jpg 

夕方散歩。風が冷たい。


2016_11280002.jpg 

金星、テニスンの辞世の詩「砂州超えて」を思う。来世で会える人がいる。迎えてくれる。

ネットからコピー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

砂州を越えて---辞世の詩
Crossing the Bar

Alfred Tennyson
アルフレッド・テニスン



             Sunset and evening star,
                And one clear call for me !
             And may there be no moaning of the bar,
                 When I put out to sea,

             But such a tide as moving seems to asleep,
                Too full for sound and foam,
             When that which drew from out the boundless deep
                Turns again home.

             Twilight and evening bell,
                And after that the dark !
             And may there be no sadness of farewell
                When I embark;

             For though from out our bourne of Time and Place,
                The flood may bear me far,
             I hope to see my Pilot face to face
                When I have crossed the bar.




                 陽は沈み夜空には星
                    澄んだ声がわたしを呼ぶ!
                 わたしが海へ踏み出すとき
                    砂州に呻きのないことを。

                 果てのない深みより寄せ来る波が
                    再び元へ戻るとき、
                 潮は満ちて音も泡もなく
                    眠るような動きであってほしい。

                 黄昏と晩鐘の響き
                    その後は暗い闇 !
                 わたしが船出するとき
                    別れの悲しみのないように。

                 時と処の境を超えて
                    流れがわたしを彼方へ運ぼうとも
                 わたしが砂州を越えるとき
                    案内人に顔を合わせたい。
                                     [翻訳:Tad]



 テニスンは81歳の時この詩を作り、これを「白鳥の歌」として自分の詩集の最後に載せてほしいと語ったという。「白鳥の歌」とは辞世の歌のことである。

 砂州とは河口または湾の入り口にある砂や岩石できた小さな堤で、これより内側にはあまり高い波は来ない。と同時に、この砂州は生命の分岐点を象徴している。これより先は死の世界である。 案内人とは神のことであろう。自分が死ぬときは、神の導きによって迷いなくこの世を船出したいとテニスンは願っているのであろう。

 死を取り上げた詩は必ずしも少なくない。以前は今ほど医学が進んでいなかったから、誰しもが死を意識し、死に直面したのであろうか。
 現代は医学が進歩したせいか、死を語るより医を語る人が増えた。長寿時代を迎えた。

 願わくば健康に生き、安らかにこの世を去りたいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ネットからのコピー終わり。






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ・・・信仰と行為の問題・・・ | Top | 「一粒の麦の死」への旅のはじまり…12月4日集会感話骨子・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4207-40090a72
FC2blog user only
| Top |
0814