to 日記と感想 後ろを振り向くな。次の国を目指せ。・・・ヒルテイの「老人について」・・・
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


後ろを振り向くな。次の国を目指せ。・・・ヒルテイの「老人について」・・・ ++++++++ 所感

2016/12/20 10:35

161220(火)3時目覚め、4時起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●書斎の蛍光灯2本取り替え。往生した。●次回集会感話gは「ヒルティの言葉の聖書的根拠」。その推敲をしたのでその一部分を掲げる。●ヒルティの言う「幸福な生涯」を歩めてきたと思うが、73歳の今日「老年について」の聖書的根拠を認識できるのは幸いであれう。


1月8日集会感話「ヒルティの言葉の聖書的根拠」。て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒルティ「老年について」                                (白水社版ヒルテイ著作集第10巻 高橋三郎訳。P256

だから諸君、老年を恐れないで下さい。これは、人がもはや若くあろぅと望まなくなりさえすれば、あるいは前方を見ないでいつも後ばかりを見ようと思うことをやめさえすれば、世に言われているほどわるいものではない。この時期の始めにあたって、人は歩んで来た生涯の行路、なお一瞥を向けるべきであろう。しかしそれから明確な自覚と決断をもって、ダンテと共にこう言うべきである。

「よりよき船路を走るために

今や私の心の小舟は帆をあげ、

むごい荒波をうしろにして、

次の国へと思いは向かう。

もろもろの霊が、よりふいさわしい者として、天国に近づくために、

潔めを受けるべく、励み行く次の国へ。」(ダンテ神曲煉獄編第一歌1-6行)

●旅の終わり。「次の国」を目指せ。後ろを振り向くな、復活の希望の喜びに生きよ。

 

塚本訳 ルカ 9:61-62

9:61 もう一人のほかの人も言った、「主よ、お供します。ただその前に、家の者に暇乞いをさせてください。」

9:62 しかしイエスは言われた、「鋤に手をかけたあとで後を見る者は、神の国の役に立たない。

 

塚本訳 Ⅰペテ2:11-12

2:11 愛する者よ、勧める、(地上で)『旅の者また仮寓者(かりずまいのもの)である君達は、霊魂に逆らって戦う肉の慾を避け、

2:12 異教人の中における歩き方を立派にせよ。(今)君達を悪いことをする者のように譏っている人達が、(君達の)立派な行動によって悟り、その(譏っていた)ことにおいて(かえって)『訪問(おとずれ)の日に』神を(信じ)崇める(に至らん)ためである。

 

塚本訳 ピリ 3:13-14

3:13 兄弟達よ、私はまだ自分で(それを)捉えたなどとは考えていない。しかし(ただ)一つの事──後ろのものを忘れ、前のものを追い求めながら

3:14 (或る)目標に向かって、すなわち神がキリスト・イエスにおいて天上に招き給う褒美に向かって(ひた走りに)走っているのである。

 

塚本訳 Ⅱコリ4:16

4:16 このゆえに、わたし達は気を落さない。いや、わたし達の(生れながらの)外の人はどんなにこわれていっても、(キリストによって生れた)内の人は一日一日と新しくされてゆく。

 

塚本訳 黙  5:5

5:5 すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印とを開く(ことが出来る。)」

 

文語訳 黙  21:4

21:4 彼らの目の涙をことごとく拭ひ去り給はん。今よりのち死もなく、悲歎(かなしみ)も號叫(さけび)も苦痛(くるしみ)もなかるべし。前のもの既に過ぎ去りたればなり』

 

塚本訳 Ⅰコリ6:14

6:14 そして神は主を生きかえさらせたばかりか、(最後の日には)わたし達(の体)をも御力をもって生きかえらせてくださるのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月8日集会感話「ヒルティの言葉の聖書的根拠」。おわり

●妻は台東区のYさんの家から月本昭男先生の「イザヤ書講義」の勉強。21時20分帰宅。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<何故「祈りは聴かれないか」・・・その呻きに神の御計画が潜む・・・ | Top | 真の愛とは赦し・・・神に強いられてする隠れた祈り・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4231-7e0b5e1f
FC2blog user only
| Top |
0814