to 日記と感想 神の霊・・・聖書を理解させる力・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


神の霊・・・聖書を理解させる力・・・ ++++++++ 所感

2016/12/22 05:39

161222(木)さかなのえΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●4時起床、体重測定、冷水洗顔、急いで着替え、湯沸し●キリスト者の皆様お早うございます。今日は29年前に設計したTT氏邸に行き、従兄弟(いとこ)に会う。肉の親族に会うと行くことは特別にうれしい感情である。パウロも「血を分けた同胞」という。

塚本訳 ロマ 9:3
9:3 ほんとうに、兄弟すなわち血を分けた同胞の(救われる)ためならば、このわたしは呪われて、救世主(の救い)から離れ落ちてもよいと、幾たび(神に)願ったことであろう。

●ネットで家系図を見た。従兄弟(いとこ)のうち今日会うのはおじさんの子供で年上だから従兄と書く。家系の呼び方は複雑だ。そこで今朝は「親族」に関する聖句を見てみよう。
{Jバイブル」で「親族」をヒットすると27か所箇所てくる。(口語)

検索 親族 [口語訳] 全書巻
ヒット数 検索 27

創    12: 1 [口語

時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。

創    24: 4 [口語

あなたはわたしの国へ行き、親族の所へ行って、わたしの子イサクのために妻をめとらなければならない」。

創    24: 7 [口語

天の神、主はわたしを父の家、親族の地から導き出してわたしに語り、わたしに誓って、おまえの子孫にこの地を与えると言われた。主は、み使をあなたの前につかわされるであろう。あなたはあそこからわたしの子に妻をめとらねばならない。

創    24: 38 [口語

おまえはわたしの父の家、親族の所へ行って、わたしの子に妻をめとらなければならない』。

創    24: 40 [口語

主人はわたしに言いました、『わたしの仕えている主は、み使をおまえと一緒につかわして、おまえの旅にさいわいを与えられるであろう。おまえはわたしの親族、わたしの父の家からわたしの子に妻をめとらなければならない。

創    24: 41 [口語

そのとき、おまえはわたしにした誓いから解かれるであろう。またおまえがわたしの親族に行く時、彼らがおまえにその娘を与えないなら、おまえはわたしにした誓いから解かれるであろう』。

創    31: 3 [口語

主はヤコブに言われた、「あなたの先祖の国へ帰り、親族のもとに行きなさい。わたしはあなたと共にいるであろう」。

創    32: 9 [口語

ヤコブはまた言った、「父アブラハムの神、父イサクの神よ、かつてわたしに『おまえの国へ帰り、おまえの親族に行け。わたしはおまえを恵もう』と言われた主よ、

民    5: 8 [口語

しかし、もし、そのとがの償いを受け取るべき親族も、その人にない時は、主にそのとがの償いをして、これを祭司に帰せしめなければならない。なお、このほか、そのあがないをするために用いた贖罪の雄羊も、祭司に帰せしめなければならない。

民    10: 30 [口語

彼はモーセに言った、「わたしは行きません。わたしは国に帰って、親族のもとに行きます」。

民    27: 11 [口語

もしまた父に兄弟がない時は、その氏族のうちで彼に最も近い親族にその嗣業を与えて所有させなければならない』。主がモーセに命じられたようにイスラエルの人々は、これをおきての定めとしなければならない」。

ヨシ   6: 23 [口語

斥候となったその若い人たちははいって、ラハブとその父母、兄弟、そのほか彼女に属するすべてのものを連れ出し、その親族をみな連れ出して、イスラエルの宿営の外に置いた。

ルツ   4: 3 [口語

ボアズは親戚の人に言った、「モアブの地から帰ってきたナオミは、われわれの親族エリメレクの地所を売ろうとしています。

Ⅰサム  18: 18 [口語

ダビデはサウルに言った、「わたしは何者なのでしょう。わたしの親族、わたしの父の一族はイスラエルのうちで何者なのでしょう。そのわたしが、どうして王のむこになることができましょう」。

Ⅰ列   16: 11 [口語

ジムリは王となって、位についた時、バアシャの全家を殺し、その親族または友だちの男子は、ひとりも残さなかった。

詩    38: 11 [口語

わが友、わがともがらは/わたしの災を見て離れて立ち、わが親族もまた遠く離れて立っています。

マコ   6: 4 [口語

イエスは言われた、「預言者は、自分の郷里、親族、家以外では、どこででも敬われないことはない」。

ルカ   1: 36 [口語

あなたの親族エリサベツも老年ながら子を宿しています。不妊の女といわれていたのに、はや六か月になっています。

ルカ   1: 58 [口語

近所の人々や親族は、主が大きなあわれみを彼女におかけになったことを聞いて、共どもに喜んだ。

ルカ   1: 61 [口語

人々は、「あなたの親族の中には、そういう名のついた者は、ひとりもいません」と彼女に言った。

ルカ   2: 44 [口語

そして道連れの中にいることと思いこんで、一日路を行ってしまい、それから、親族や知人の中を捜しはじめたが、

ルカ   14: 12 [口語

また、イエスは自分を招いた人に言われた、「午餐または晩餐の席を設ける場合には、友人、兄弟、親族、金持の隣り人などは呼ばぬがよい。恐らく彼らもあなたを招きかえし、それであなたは返礼を受けることになるから。

ルカ   21: 16 [口語

しかし、あなたがたは両親、兄弟、親族、友人にさえ裏切られるであろう。また、あなたがたの中で殺されるものもあろう。

ヨハ   18: 26 [口語

大祭司の僕のひとりで、ペテロに耳を切りおとされた人の親族の者が言った、「あなたが園であの人と一緒にいるのを、わたしは見たではないか」。

使    7: 3 [口語

仰せになった、『あなたの土地と親族から離れて、あなたにさし示す地に行きなさい』。

使    10: 24 [口語

その次の日に、一行はカイザリヤに着いた。コルネリオは親族や親しい友人たちを呼び集めて、待っていた。

Ⅰテモ  5: 8 [口語

もしある人が、その親族を、ことに自分の家族をかえりみない場合には、その信仰を捨てたことになるのであって、不信者以上にわるい。


●こういう観点から聖書を読むと目が洗われる。なぜか。クリスチャンは肉の関係から離れるからだ。

塚本訳 マタ 12:48-49
12:48 しかしイエスはそのことを知らせた者に、「わたしの母とはだれのことだ、わたしの兄弟とはだれのことだ」と答えて、
12:49 弟子たちの上に手をのばして言われた、「ここにいるのが、わたしの母、わたしの兄弟だ。

塚本訳 マコ 3:21
3:21 身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである。

塚本訳 マタ 10:34-36
10:34 地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。
10:35 わたしは子を『その父と、娘を母と、嫁を姑と』仲違いさせるために来たのだから。
10:36 『家族が自分の敵となろう。』

塚本訳 マタ 13:57
13:57 こうして人々はイエスにつまずいた。しかしイエスは彼らに言われた、「預言者が尊敬されないのは、その郷里と家族のところだけである。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想瞑想ディボーションおわり。クリスチャンは親族と別れて天国へ旅するのだ。私達は親戚から(付き合い方が普通ではないので、「あの二人は変な人間だ」と」言われている。いいんだ、イインダ。これでいいんだ。ナンノコレシキ。クリスチャンは普通の親戚づきあいは出来ないのだ。「赦せ、この道」。いつか分かる。終末で分かる。クリスチャンは孤独でいいんだ。孤独でなければならないのだ。それが真の信者の徴だ。

塚本訳 Ⅰペテ4:4
4:4 (しかしかつては共にこれらのふしだらな生活をしていた)彼ら(異教人達)は、君達が(最早)同じ放蕩(生活)の流れに共に身を投じないので、そのことを(驚き)異(あや)しみ、(君達を譏るばかりか、遂に)主と神とを冒涜する。


塚本訳 Ⅰコリ15:33
15:33 迷わされてはならない。(復活の信仰のない人との交際に注意せよ。)悪い交際は良い習慣をこわす。(と詩人も言っている。)


塚本訳 Ⅱテサ3:6
3:6 兄弟達よ、主イエス・キリストの名において命令する。ふしだらな生活をし、私達から受けた言い伝えに拠って歩かぬ兄弟とは誰とも交際を避けよ

塚本訳 Ⅰペテ4:12
4:12 愛する者よ、試練のため君達に起こった烈火の苦難を(何か)異常なことが臨んだかのように(驚き)異しむな

●昨日は日本聖書協会「新翻訳」パイロット版の意見具申をしていてⅠコリ 2:14に関して、思いを深くした。今朝の黙想課題に関係するのでここにかかげる。意見具申。

 

●意見具申・・・アノ田川がめずらしく口語訳と新共同訳を褒めながら、次のように言う。「パウロの人間論はおおざっぱに言えば三種類あって、肉的な人、自然的生命の人、霊的な人である。「肉的な人」はパウロにとっては否定的な、良くないあり方をしている人間、「肉」という言b理によって支配されている人間である。その反対が「霊的な人」。それに対し「自然的生命の日地」は、どちらかというと中立的であって、単に生まれてそのままの、自然的生命を生きているだけの人間」(田川建三訳著「新約聖書」3.P248)・・・しかし私(高橋)はこうきっぱり3分割は出来ないと思うが、パウロの論法を理解するためには頭の整理になる。

 

●Ⅰコリ 2:14 翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

460214しかし、自然的な人間は、神の霊のことがらを受け容れない。なぜならば、それはその人には愚かさだからであり、〔それをその人は〕認識することができないからである。というのは、それは霊的な仕方で判断されるからである。

 

新共同訳1987

2:14 自然の人は神の霊に属する事柄を受け入れません。その人にとって、それは愚かなことであり、理解できないのです。霊によって初めて判断できるからです。

 

前田訳1978

2:14 生まれながらの人は神の霊のことを受け入れません。それは彼にとって愚かだからで、それを悟りえません。それは霊的に判断されるものだからです。

 

新改訳1970

2:14 生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらは彼には愚かなことだからです。また、それを悟ることができません。なぜなら、御霊のことは御霊によってわきまえるものだからです。

 

塚本訳1963

2:14 しかし(御霊を持たない)生まれながらの人間は、神の霊から出てくることを受け入れない。彼にはそれが馬鹿なことなのである。またそれを理解することも出来ない。(霊のことは)霊的に判断されねばならないからである。

 

口語訳1955

2:14 生れながらの人は、神の御霊の賜物を受けいれない。それは彼には愚かなものだからである。また、御霊によって判断されるべきであるから、彼はそれを理解することができない。

 

文語訳1917

"460214","性來のままなる人は神の御靈のことを受けず、彼には愚かなる者と見ゆればなり。また之を悟ること能はず、御靈のことは靈によりて辨ふべき者なるが故なり。"

2016_12220006.jpg 
従兄の高橋毅邸。横浜市栄区床戸。28年前に設計したもの。
きれいに使っていただいて感謝。

2016_12220015.jpg 
肉の親族と会うのは楽しい。
前列左から高橋毅(一回り上の従兄)、高橋照男。後列左から 高橋央子(毅氏夫人)。高橋tトミ子
(照男の妻)。28年年間の積もる話、建物のこと、子供に先立たれた事、孫の事、階段の改造計画、
親戚のこと、健康の事、墓のこと。15:45辞去、帰宅19:00 あー親族といえども出会いは一瞬だ。
健康の事、









スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<墓をどうするか・・・私達の名前は天の神の御胸に刻まれている・・・ | Top | 何故「祈りは聴かれないか」・・・その呻きに神の御計画が潜む・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4233-b302fa1e
FC2blog user only
| Top |
0814