to 日記と感想 戒名300万円・・・高いか安いか・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


戒名300万円・・・高いか安いか・・・ ++++++++ 所感

2016/12/24 05:23

161224(土)さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。●昨日は某夫人から「自分の母を仏教で葬儀したときに、戒名を300万円も取られてイヤな思いがしたので、息子は無宗教で送りました」との事。●これを聞いて宗教が商売に堕落した場合の世の反応というものを知った。宗教の歴史をみればこの繰り返しでキリスト教も同じである。●では教会をもたず、職業集宗教家のいない無教会主義ではどうかと言うと、内村鑑三の「思想」を卒論や学位の対象にする人間が出てきたので、これも立派な「信仰の商売化の精神」で信仰の堕落である。信仰の学問化、信仰をバックにした社会活動も同じ。●この果てしない議論の奥には「人は人間の努力で救われる」という「罪の本質」が潜んでいる。●もし魂が300万の戒名で救われるならば安い。しかし「無料」の無教会主義は人が集まらない。中味がないからである。神の霊が減衰したからである。●霊魂が救われるならいくら高くてもよい。人は本物に大金を支払うものだ。家屋敷を売ってでも魂は救われるべきだ。●かって集会の某夫人から「高橋さんのお話はは年金生活者になってから力が無くなりました」と言われた。私の生活がタルンダのかもしれない。背水の陣の真剣さが無いのかもしれない。●今朝はこれらの事を巡って聖書のアtギコチを思い浮かべて見よう。

塚本訳 マコ 11:17
11:17 それからこう言って教えられた、「『わたしの家は、すべての国の人の祈りの家と呼ばれるべきである』と(聖書に)書いてあるではないか。ところがあなた達はそれを『強盗の巣』にしてしまっている。」

塚本訳 ヨハ 4:21-23
4:21 イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あなた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。
4:22 ただ(同じ神を、)あなた達は知らずに礼拝し、わたし達は知って礼拝している。救いはユダヤ人から出る(のでわたし達だけに神が示された)からである。
4:23 しかし(ユダヤ人もサマリヤ人もなく、)本当の礼拝者が霊と真理とをもって父上を礼拝する時が来る。いや、今もうきている。父上もこんな礼拝者を求めておられるのである。

塚本訳 ヨハ 4:13-15
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」
4:15 女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またここに汲みに来なくてもよいように。」

塚本訳 黙  21:6
21:6 そして私に言い給うた、「(事は)成った。我はアルパまたオメガ、初また終である。渇く者には無代で生命の水の泉から我は飲ませるであろう。

塚本訳 黙  22:17
22:17 すると御霊と新婦とが(答えて)言う、「来たり給え」と。聞く者も(また)「来たり給え」と言え。渇く者は来い。望む者は無代で生命の水を受けよ。


塚本訳 マコ 12:38-40
12:38 またその教えの中で(こんなことを)言われた、「聖書学者に気をつけよ。あの人たちは(人の目につくように)長い衣を着て歩くことや、市場で挨拶されることや、
12:39 礼拝堂の上席、宴会の上座が好きである。
12:40 また寡婦の家を食いつぶし、長く、見かけばかりの祈りをする
。あの人たちは人一倍きびしい裁きを受けるであろう。」

塚本訳 マタ 23:15
23:15 ああ禍だ、君たち聖書学者とパリサイ人、この偽善者!君たちはたった一人の改宗者を作るために海と陸とを飛びまわり、そして(改宗者が)できると、自分たちより倍も悪い地獄の子にするからだ。

塚本訳 Ⅰコリ3:4-6
3:4 一人が「わたしパウロ(先生)に」と言い、他の一人が「わたしはアポロ(先生)に」と言うとき、あなた達は(ただの)人間ではないか。
3:5 それなら、いったいアポロはなんだ、パウロはなんだ、(ただ)使用人で、彼らによってあなた達が信仰に入ったまでであり、しかもそれは、それぞれ二人に主がお命じになったように働いたのである。
3:6 ──わたしは植えた、アポロは水をやった、しかし神がこれまで成長させてくださった

塚本訳 Ⅰコリ3:9-11
3:9 なぜならわたし達は神の共働者であって、あなた達は神の畑、神の建築物である。
3:10 わたしは戴いた神の(特別の)恩恵によって、熟練した棟梁として土台をすえた。他の人がその上に建ててゆく。だが建て方は、その人その人が気をつけるべきである。
3:11 なぜなら、(すでに)置かれている(ただ一つの)もののほか、他の土台をだれもすえることは出来ないのだから。──この土台はイエス・キリストである。──

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想瞑想ディボーションおわり。 福音の種は播け。神が成長させてくださる。真の礼拝者を生み出して下さる。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申「コリント信徒への手紙一」3章。パウロの言わんとすることにアーメン、アーメン。

●13:00 市内の釘本晴夫さんをお訪ねして、妻から「すずめの会」のクリスマスプレゼントをお渡しする。施設に入っておられる集会の釘本寛子さん(姉上)の御様子を伺う、すでに誰が来たのか認識できなくなっているという。あー。長寿の最後はどうしてこういうことになるのだろう。

●私達夫婦は「延命治療」を望まない。自然に生き、自然に死にたい。「延命治療」を望まない場合は本人の意識がしっかりしているうちに書き物にしておかなければならない。

●ヘンデル「メサイア」を聴く。オットークレンペラー指揮、フィルハーモニア管弦楽団&合唱団。超スローな演奏だがヘンデルの思いはこれぐらいではないかと思う。エリザベート・シュヴァルつコップのソプラノは気品がある。

●二人だけの「聖夜」。感謝の夕食。








スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<老化現象の悩み悲しみ・・・だれが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。 | Top | 墓をどうするか・・・私達の名前は天の神の御胸に刻まれている・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4235-f54c3446
FC2blog user only
| Top |
0814