to 日記と感想 ヒルティの墓を訪ねて・・・もうそこにはおられない。神の懐にいるのだ・・・
Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


ヒルティの墓を訪ねて・・・もうそこにはおられない。神の懐にいるのだ・・・ ++++++++ 所感

2016/12/27 06:22

161227(火)4じ45分起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うyございます。●1月8日の集会感話は「幸福の人生・・・人生を決定したヒルティの思想。その源流は「主の言葉」・・・」
その最後に「ヒルティの墓を探して」1980年6月15日。として写真を掲げることにした。仕事でスイスに行った時、ベルンにその墓を探した。人生の旅の半ば(ダンテ神曲冒頭)37歳の時であった。

1月8日集会感話 一部
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ヒルティの墓を訪ねて。1980.6.15

  •  2016_12190001.jpg
  •  スイスのベルンにあるヒルティの墓   
  • ブレームガルテン墓地。リスがいて、
  • 小鳥が水を飲みに来ていた。

  • 塚本訳 マタ 28:5-6
  • 28:5bイエスをさがしているようだが、
  • 28:6 ここにはおられない。かねがね言われ
  • たとおり、もう復活されたのだから。

  • 塚本訳 コロ 3:3-4
  • 3:3 君達は(既にこの世に)死んで、その生命はキリストと共に神の右に隠されていのだから。
    3:4 (しかし今でこそ隠されているが、)
    私達の生命であるキリストが顯れ給う時には、君達もまた彼と共に栄光の裡に顯れるであろう。


2016_12190008.jpg

                   
墓碑 カール・ヒルティ(1833-1909) 

下段は夫人のヨハンナ・ヒルティ。

64歳の時に夫人に先立たれたヒルティ

は「私はもはや完全ではない」と嘆いた。

 
2016_12190004.jpg


ヒルティ夫妻の下に一人息子のエドガー

も一緒に眠っていた。ヒルティにとって

息子の病気は心配と悩みの種であった。

ヒルティは、しばしば「苦難の意義」や

「幸福には不幸が必要である」と言い、

「眠られぬ夜のために」を書いた。

                  

2016_12190006.jpg 

ヒルティがベルンで住んでいた家。                   

がっしりした造りで美しい建物であった。

塚本訳 Ⅱコリ5:1

5:1c(この肉体)がこわれるならば、天に、

神の建てられた建物、(人間の)手で造ら

ない永遠の家をいただいていることを、

わたし達は知っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月8日集会感話 一部終わり


●ヒルテイはその全著作を通して言う。「真の幸福を望むなら、この世で多くの苦難や不孝に遭遇しなければならない。」と。

塚本訳 ピリ 1:29
1:29 君達はキリストのために──ただ彼を信ずるばかりでなく、また彼のために苦しむことをも恵まれたからである。

塚本訳 使  14:22
14:22 (道々主の)弟子たちの心を力づけ、いつまでも信仰に留まっているように、「神の国に入るには、わたし達は多くの苦難を通らねばならない」といましめた。


塚本訳 Ⅱコリ12:8-9
12:8 この使について、それがわたしから手を引くようにと、三度まで主に願ったが、
12:9 主は(その都度)言われた、「わたしの恩恵はあなたに十分だ。力は弱さの中に完成されるのだから。」、それでわたしはキリストの力がわたしに住みついてくださるように、大喜びで、むしろ(自分の)弱いことを自慢しよう。


塚本訳 Ⅱコリ4:7
4:7 しかしこの宝が、(貧弱な)土の器の中にある。それはその素晴らしい力が神のものであって、わたし達(土の器)から出るのではないことがわかるためである。


塚本訳 ルカ 9:23
9:23 それから今度は皆に話された、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、毎日自分の十字架を負い、それからわたしに従え。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申「コリント人への手紙一、6章。面白い。生きた事実の手紙だからだ。コリントは性道徳が乱れていて、教会もその波をかぶっていたらしい。我が日本と同じだ。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ8:34-35. 人は神を恐れる恐れが肝要だ。

●夕方散歩。寒い日だ。







スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<「老人は夢を見る」…次の国へ行く準備・・・ | Top | 人生を決定したヒルティの思想・・・その源流は「主の言葉」・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4238-ae782670
FC2blog user only
| Top |
0814