to 日記と感想 主の特攻隊たれ・・・神の国の軍人として生きよ・・・
Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


主の特攻隊たれ・・・神の国の軍人として生きよ・・・ ++++++++ 所感

2017/01/21 06:30

170121(土)5時起床、さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様おはようございます。●昨日は録画してあった「山本五十六の真実」を「」見て、打たれた。●今になり、友人に宛てた手紙が公開されたのである。●彼は三国同盟や日米開戦には寸前まで反対した。しかし海軍士官学校(江田島)で成績がよかったために日本海軍司令長官にさせられた。、しかし暗号を解読されて撃墜されて死んだ。●彼は塚本虎二先生の「聖書知識」を読んでいて、先生には毛筆で礼状を書いた。●彼に国や組織の中でのクリスチャンの懊悩、十字架を負う姿を見た。そんじょそこいらの生ぬるい平和主義者とは人間の程度が違う●矢内原忠雄のような生き方もあるが、山本五十六のような生き方に惹かれる。●日本の真珠湾攻撃は「奇襲」で卑怯だったと、日米双方が歴史の解釈に断を下しているが、神の目から見れば山本の精神は誉められたものであろう。●昨日から「軍人精神」なるものにに圧倒された。●その観点から聖書を読めば、クリスチャンは「神の国の軍人」、「霊の戦いの特攻隊」であるべきことを感じる。今朝はその精神を聖書のアチコチから引いてみよう。●ヒルティは「救世軍」を髙く評価していた。●優秀な軍人がりっぱな伝道者になった例は多い。ニーメラー、ザビエル、藤沢武義、・・・・

塚本訳 ルカ 9:61-62
9:61 もう一人のほかの人も言った、「主よ、お供します。ただその前に、家の者に暇乞いをさせてください。」
9:62 しかしイエスは言われた、「鋤に手をかけたあとで後を見る者は、神の国の役に立たない。」

塚本訳 マタ 8:21-22
8:21 またほかの一人の弟子が言った、「主よ、(お共をする)その前に、父の葬式をしに行かせてください。」
8:22 イエスはその人に言われる、「(今すぐ)わたしについて来なさい。死んだ者の葬式は、死んだ者にまかせよ。」

塚本訳 ルカ 22:36
22:36 彼らに言われた、「しかし今は(もうそれではいけない。)財布を持っている者は持ってゆけ。旅行袋も同様。剣を持たない者は、(もし金がなかったら、)上着を売ってでも買いなさい。

塚本訳 マタ 26:45-46
26:45 それから弟子たちの所に来て、(また眠っているのを見ると)言われる、「もっと眠りたいのか。休みたいのか。そら、人の子が罪人どもの手に渡される時が近づいた。
26:46 立て。行こう。見よ、わたしを売る者が近づいてきた!」

塚本訳 ルカ 23:34
23:34 するとイエスは言われた、「お父様、あの人たちを赦してやってください、何をしているか知らずにいるのです。」『彼らは籤を引いて、』イエスの『着物を自分たちで分けた。』

塚本訳 ルカ 23:2-3
23:2 「われわれはこの男が国民を惑わし、皇帝に貢を納めることを禁じ、かつ、自分が救世主、すなわち王だと言っていることを確かめた」と言って訴え始めた。
23:3 ピラトがイエスに問うた、「お前が、ユダヤ人の王か。」答えて言われた、「(そう言われるなら)御意見にまかせる。」

塚本訳 マタ 22:20-21
22:20 言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」
22:21 「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ。」

塚本訳 マタ 10:33-38
10:33 しかしだれでも人の前でわたしを否定する者を、わたしも天の父上の前で否認するであろう。
10:34 地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。
10:35 わたしは子を『その父と、娘を母と、嫁を姑と』仲違いさせるために来たのだから。
10:36 『家族が自分の敵となろう。』
10:37 わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。
10:38 また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)に適しない。

塚本訳 エペ 6:12
6:12 私達の戦いは(この世の)血肉に対するものでなく、「権威」に対するもの、「権力」に対するもの、この暗の世界の主権者(なる悪魔)に対するもの、天上における悪霊(の軍勢)に対するものであるからである。


塚本訳 ルカ 9:23
9:23 それから今度は皆に話された、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、毎日自分の十字架を負い、それからわたしに従え。

塚本訳 ヨハ 12:24
12:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

塚本訳 ヨハ 21:20-22
21:20 ペテロが(ついて行きながら)振り返ると、イエスの愛しておられた弟子が(あとから)ついて来るのが見えた。この弟子は(最後の)夕食の時に、イエスの胸にもたれかかって、「主よ、あなたを売る者はだれですか」と言った者である。
21:21 ペテロはその人を見て、イエスに言う、「主よ、あの人はどうなるのでしょうか。」
21:22 イエスが言われる、「たといわたしが今度来るまで、あの人を生かしておきたいと思っても、それはあなたの知ったことではない。あなたは(ただ)わたしについて来ればよろしい。」

塚本訳 マタ 15:13-14
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。
15:14 あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれば、二人とも穴に落ちよう。」

塚本訳 ルカ 16:9
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想瞑想ディボーションおわり。誰でも残りの命は短い。クリスチャンは神の国に突っ込め。特攻の精神で生きよ。●クリスチャンの妻は「軍人の妻」の精神になれ。集会のMさんは海軍中将であったご主人が亡くなった時、少しも動じず明るかった。お子様の一人は難病、ご家庭は必ずしも平穏ではなかった。私はMさんの葬儀に参列した。

●米国新大統領トランプの就任演説を聞いて、建国時の高尚な精神が消えて「普通の国」になってしまった感があり、がっくり。●米国は神第一が建国の精神だったのだが、米国第一主義、金第一主義に堕落した。ジェファーソン、ワシントン、リンカーンが天で泣いている。米国のコインには WE TRUST IN GOD とあるのだが・・・・・●トランプ政権は短命のはずだ。神に罰せられる。●聖書の観点から次を思う。

口語訳 詩  33:12
33:12 主をおのが神とする国はさいわいである。主がその嗣業として選ばれた民はさいわいである。

127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。

塚本訳 マタ 6:24
6:24 (わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。

塚本訳 マタ 6:31-33
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。

塚本訳 マタ 16:26
16:26 たとい全世界をもうけても、命を損するならば、その人は何を得するのだろう。それとも、人は(一度失った永遠の)命を受けもどす代価として、何か(神に)渡すことができるのだろうか。




●米新大統領トランプの思想や電通社員の時間外過重労働などに関して14年前に書いた論考を読み直した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


市場経済の次に来るのは「人格経済」


(財)建設物価調査会・総合研究所 技術顧問 高橋照男

市場経済が勝利したのではない

 20世紀を省みれば、計画経済(ソ連を代表とする共産主義)と市場経済(米国を代表とする自由主義)の戦いであった。その結果無神論で唯物主義思想に立つソ連が崩壊し、ベルリンの壁も崩れて東西の冷戦は終わった。ではこれで市場経済(アダムスミスが説くところの「市場は神の手によって動く」という思想)が勝利したのであろうか。否。市場経済の行きつく先は弱肉強食の冷たい世界となり、その結果が米国9.・11事件を生むことにもなった。この事件により人類にとって市場経済は最終の姿ではないということが示された。

市場経済の破綻の次に来るのは「人格経済」

 では市場経済の次に来るものは何か。筆者はそれを「人格経済」とでも呼ぶべきものであると考える。「人格経済」というのは筆者の造語である。それは「人間経済」と呼んでもよい。つまり市場経済は放っておくと無人格な人間不在の数値判断のみの原理で物事が決定される。その結果は不平と不満の渦巻く世界となる。自己の給料が労働効果の数値のみで判定されると「ナニヲ!」と思うのが人間の本性である。そこには人間の真の価値を見るという視点が欠落している。筆者が「人格経済」という認識を持つようになった背景には二つの体験がある。その第一は、あるとき建築会社から提出された見積りが高いか安いかの判定を求められたときのことである。建築主は「あなたが妥当とおっしゃってくだされば私は満足します」という言葉であった。そこには競争による経済の比較判断がなかった。あるのはただ「妥当」という言葉とそれを信じる人の「満足感」だけであった。その第二は筆者の勤務先(3回変わったが)の「長」の人格である。給与報酬に関してはどの場合も一度も不平不満をもったことがない。なぜなら、その時々の「長」は私のことを熟知していてくれたからである。その「長」が私のことを熟知してくれていたので「今の私にはこの給料の額が妥当でこれで満足しなければならない」と常に思えたからである。そこに「長」の人格があった。経済的満足というのは、「自分を良く理解してくれている」という「長」の人格存在が必要である。それがなければどんなに高い給料であっても真に満足せず、常に飢餓感にさいなまれる。市場経済の競争原理というのは常にこの飢餓感というものに満ちている。目標達成やコストダウンという合い言葉はどのような企業にも共通で、それは飢餓感や不足感による競争心が土台にある。

J・ラスキンの預言

理想的な経済社会の姿はこのような「人格」が存在する社会であると説いたのは、英国のJ・ラスキン(美術・建築・経済評論家1819-1900年)である。ラスキンはその著「Unto This Last」(この最後の者にも)において、新約聖書マタイ福音書20章1~16節のイエスの言葉に根拠を置き、少しの時間しか働けなかった「最後の者」(多分それは健康ではなかった弱者)にも、長時間働いた者(多分それは健康であった強者)にも同額の報酬を支払ったという葡萄畑の「長」の人格の存在を誉め、これが来るべき理想的な経済社会の姿であると説いた。筆者もラスキンの思想に賛成である。これが「人格経済」の根拠である。

しかしこの経済原理が広く世に行き渡るには、一人一人が現実に真の「人格」たる神という「長」に出会うことが必要である。現在、英国の国会議員が最も尊敬する経済思想家はJ・ラスキンであるという。英国健全なりと言うべきである。しかし、この思想が広く人類に根付くのはいつのことであろうか。

 「建築と積算」20033月号    2003.3.2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市場経済の次に来るのは「人格経済」 おわり

●14:30 妻は愛子の子供3人のピアノ発表会に行く。雑司ヶ谷音楽堂。











スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<力を尽くして狭き門より入れ・・・失敗の人生は永遠の命への門・・・ | Top | クリスチャンの悩み・・・救われない人がいるのは何故か・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4264-517b1640
FC2blog user only
| Top |
0814