to 日記と感想 福音は死を突破する・・・有体的復活がその証明・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


福音は死を突破する・・・有体的復活がその証明・・・ ++++++++ 所感

2017/01/28 06:47

170128(土)さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。●明日の集会感話の資料を土壇場で変更。毎朝変更を示される。●「福音は死を突破する・・・有体的復活がその証明・・・」●生ける者にとって死は最大の恐怖である。福音によるしの突破は、人間をその恐怖から救った。●現代に当てはめれば、認知症で神も人も信仰も聖書も解らなくなっても救いは神の側にある。



1月29日、東京聖書読者会感話資料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              

 ΙΧΘΥΣ イクスス()    

イエ(イエス)、クリス(キリスト)、セ()、ヒュ()、ソ(救い主)

聖書で聖書を読む

福音は死を突破する

・・・「有体的復活」がその証明・・・

 

2017年1月29日 東京聖書読者会 高橋照男

 

① イエスの復活の最古の伝承

② エルサレム集会が保有していたイエスの言葉と業の情報

③ 神は無から有を創造される「力がある」ことを「聖書」に読む

④ 初代教会の復活信仰の根拠は、イエスの「有体的復活」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① イエスの復活の最古の伝承

①-1)塚本訳 コリ15:3-4
15:3
まえにわたしが(福音の)
一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4
葬られたこと、聖書どおりに三日目に
復活しておられること、

①-2)塚本訳 Ⅰコリ15:8                         
15:8 しかし一番最後には、さながら月足らずのような
わたしにも御自分を現わされた。

①-3)塚本訳 コリ15:12-14
15:12
ところで、キリストが
死人の中から復活しておられることが(こんなに)説かれ、(また信じられ)ているのに、死人の復活はないと主張する者があなた達の中にあるのは、いったいどうしてか。
15:13
しかし死人の復活がないのなら、キリストも復活しておられないわけである。
15:14
キリストが復活しておられないならば、わたし達の説教はそれこそ
根拠がない。あなた達の信仰も根拠がない。

①-4)塚本訳 コリ15:16-20                   
15:16
死人は復活しないのなら、キリストも復活しておられないのだから。 
15:17 しかしキリストが復活しておられないならば、あなた達の信仰は無意味であり、あなた達はまだ自分の罪の中にいる。                 
15:18 従ってまたキリストを信じて
眠った者も滅びたのである。                      
15:19
もしただこの生涯でキリストに
望みをかけていただけ(で、来るべき世で満たされることがないの)なら、わたし達ほど同情すべき人間はない。
15:20
しかしながら今、キリストは
死人の中から復活しておられる、眠った者(復活の)最初として。

①-5)塚本訳
コリ15:26
15:26
最後の敵として、
死が滅ぼされる。

①-6)塚本訳 コリ15:42-44
15:42
死人の復活もこのようである。(一つの体が死んで別の体が生まれる。)死滅の姿でまかれて不滅の姿に復活する。
15:43
恥辱の姿でまかれて
栄光の姿に復活する。弱さの姿でまかれて力の姿に復活する。
15:44
(神の霊を持たない)魂だけの体がまかれて
霊の体が復活する。魂だけの体がある以上は霊の体もあるわけである。

①-7)塚本訳 コリ15:46-49
15:46
しかし霊のものが最初でなく、魂だけのものであり、その次に霊のものである。
15:47
最初の『人は地から出て土で出来たものであり』、第二の人は天の出である。
15:48
土の人たちはこの土の人(アダム)のようであり、天の人たちはこの天の人(キリスト)のようである。
15:49
こうしてわたし達は土の人の姿を帯びたように、
(復活の時は)天の人の姿を帯びるであろう。

①-8)塚本訳 コリ15:51-53
15:51
いまここに
(最後の日の)秘密を語る。わたし達はみんな眠ってしまうのではなく、(その時生きている者も眠った者も、)みんな変化させられるのである。
15:52
あっと言う間に、瞬く間に、最後のラッパの音で!ラッパが鳴る。すると
死人は不滅のものに復活し、(その時生きている)わたし達は変化させられるのである。
15:53
(というのは、神の国に入るためには、)この
死滅すべきものが不滅を着、この死ぬべきものが不死のものを着ねばならないからである。

①-9)塚本訳 コリ15:54-55
15:54
そしてこの死滅すべきものが不滅を着、
この死ぬべきものが不死のものを着たら、その時(聖書に)書いてある言葉が実現する。『死は(神の)勝利に飲みこまれてしまった。』
15:55 『死よ、どこに、お前の勝利は。死よ、どこに、お前の剣は』。 

② エルサレム集会が保有していたイエスの言葉と業の情報

②-1)塚本訳 マコ 12:18
-27
                    
12:18 そこに、
復活なしと主張するサドカイ人たちが来て、イエスにこう言って質問した、                               (中略)                              
12:23
(もし復活があるなら、)人が復活する復活の折には、この女はその(七人の)うちのだれの妻になるのでしょうか。七人ともその女を妻にしましたから。」                               12:24 イエスは言われた、「あなた達は聖書も神の力も知らないから、そんな間違いをしているのではないか。
12:25
死人の中から復活する時には、めとることもなく嫁ぐこともなく、ちょうど天の使のようである。
12:26
死人が復活することについては、(聖書にはっきり書いてある。)モーセの書の茨の薮の(燃える話の)ところで、神がモーセにこう言われたのを読んだことがないのか、──『わたしはアブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神(である)』と。
12:27
(ところで)
神は死人の神ではなく、生きている者の神である。(だからアブラハム、イサクなども皆復活して、今生きているわけではないか。)あなた達は大間違いをしている。」

②-2)塚本訳 ルカ 8:52-55
8:52
(集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、
「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」
8:53
人々は死んだことを知っているので、あざ笑っていた。
8:54
しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい!」と呼ばれると、
8:55
霊がもどって、即座に女の子は立ち上がった。イエスは(何か)食べさせるように言いつけられた。

②-3)塚本訳 ヨハ 11:11                         11:11 こう話して、またそのあとで言われる、「わたし達の友人ラザロが眠った。目をさましに行ってやろう。

②-4)塚本訳 ルカ 7:13-16
7:13
主は母を見て不憫に思い、「
そんなに泣くでない」と言って、
7:14
近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──
「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。
7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』
7:16 皆が恐れをいだいて、「大預言者がわたし達の間にあらわれた」とか、「神はその民を心にかけてくださった」とか言って、神を讃美した。

②-5)塚本訳 ヨハ 11:23-26
11:23
イエスは言われる、
「あなたの兄弟は生き返る。」
11:24
マルタが言う、「最後の日の復活の時に生き返ることは、知っています。」
11:25
イエスがマルタに言われた、
「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 まただれでも生きて私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。

②-6)塚本訳 ヨハ 11:43-44
11:43
こう言ったのち、
大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた。
11:44
死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれていた。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。

②-7)塚本訳 マタ 11:4-6                         
11:4 イエスは答えられた、「行って、(今ここで)聞いていること
見ていることをヨハネに報告しなさい。                      
11:5 ──『盲人は見えるようになり、』足なえは歩きまわり、癩病人は清まり、聾は聞き、
死人は生きかえり、『貧しい人は福音を聞かされている』と。    11:6 わたしにつまずかぬ者は幸いである。」

②-8)塚本訳 ヨハ 2:21-22                        
2:21 しかしイエスは自分の体のことを宮と言われたのであった。     
2:22 だから
死人の中から復活された時、弟子たちはこう言われたことを思い出して、聖書とイエスの言われた言葉と(が本当であること)を信じた。

②-9)塚本訳 ヨハ 20:8-9                         
20:8 すると先に墓に着いたもう一人の弟子も入ってきて、見て、信じた。  
20:9
イエスは死人の中から復活されねばならないという聖書の言葉が、(この時まで)まだ彼らにわかっていなかったのである。

②-10)塚本訳 マタ 28:5-6
28:5
天使は女たちに言った、「恐れることはない。あなた達は十字架につけられたイエスをさがしているようだが、
28:6
ここにはおられない。かねがね言われたとおり、もう復活されたのだから。来て、お体が置いてあった場所を見なさい。

②-11)塚本訳 ヨハ 20:16-18                       
20:16 (こう言って、また墓の方を向いていると、)
イエスが「マリヤ!」と言われる。マリヤが振り向いて彼に、ヘブライ語で「ラボニ!(すなわち「先生!」)と言う。(そしてイエスに抱きつこうとした。)                     20:17 イエスが言われる、「わたしにすがりつくな。まだ父上の所に上っていないのだから。わたしの兄弟たち(弟子たち)の所に行って、『わたしは、わたしの父上、すなわちあなた達の父上、わたしの神、すなわちあなた達の神の所に上る』と言いなさい。」
                      

②-12)塚本訳 ヨハ 20:26-28
20:26
八日ののち、弟子たちはまた家の中に(集まって)いた。今度はトマスも一しょであった。戸には(皆)鍵がかけてあったのに、イエスがはいって来て(彼らの)真中に進み出て、「平安あれ」と言われた。
20:27
それから(すぐ)トマスに言われる、
指をここに持ってきて、わたしの手(の釘の跡)をよく見てごらん。手を持ってきて、わたしの脇腹に差し込んでみなさい。不信仰をやめて、信ずる者らしくしなさい。」
20:28
トマスがイエスに答えて言った、「わたしの主よ!わたしの神よ!」


②-13)塚本訳 ルカ 24:32-34
24:32
二人は語り合うのであった、「(そう言えば、)道々わたし達に話をされたり、聖書を説き明かされたりした時に、
胸の中が熱くなったではないか」と。
24:33
時を移さず二人は立ち上がってエルサレムに引き返して見ると、十一人とその仲間とが集まっていて、
24:34
「ほんとうに主は復活して、シモン(・ペテロ)に御自分を現わされた」と話してくれた。

③ 神は無から有を創造される「力がある」ことを「聖書」に読む

③-1)口語訳 創  1:1-3
1:1
はじめに神は天と地とを創造された。
1:2
地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
1:3
神は「光あれ」と言われた。すると光があった。

③-2)口語訳 エゼ 37:4-6                         
37:4 彼はまたわたしに言われた、
「これらの骨に預言して、言え。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。                                           37:5 主なる神はこれらの骨にこう言われる、見よ、わたしはあなたがたのうちに息を入れて、あなたがたを生かす。                                 
37:6 わたしはあなたがたの上に筋を与え、肉を生じさせ、皮でおおい、あなたがたのうちに息を与えて生かす。そこであなたがたはわたしが主であることを悟る」。

③-3)塚本訳 マコ 7:34-35
7:34
天を仰いで溜息をつき、その人に
「エパタ!」[すなわち「開け!」]と言われる。
7:35 すると耳があき、すぐ舌のもつれが解けて、普通に物が言えるようになった。

③-4)塚本訳 マコ 4:38-41
4:38
しかしイエスは艫の方で枕をして眠っておられた。弟子たちが「先生、溺れます、構ってくださらないのですか」と言って起した。
4:39
イエスは目をさまして風を叱りつけ、湖に言われた、
「黙れ、静かにしないか!」(たちどころに)風がやんで、大凪になった。
4:40 彼らに言われた、「なんでそんなに臆病なのか。まだ信じないのか。」
4:41
弟子たちはすっかりおびえてしまって、
「この方はいったいだれだろう、風も湖もその言うことを聞くのだが」と語り合った。
                  

③-5)塚本訳 マコ 10:26-27
10:26
弟子たちはいよいよ驚いて互に言った、「それでは、だれが救われることが出来るのだろう。」
10:27
イエスは彼らをじっと見て言われる、
「人間には出来ないが、神には出来る。『神にはなんでも出来る。』

③-6)塚本訳 ルカ 1:36-37
1:36
実はあなたの親類のエリザベツも、あの老年で、男の子をさずかったのだ。
石女と言われていた女が、今月はもう六月になっている。
1:37
『神には何一つ出来ないことはない』のだから。」

③-7)塚本訳 ヨハ 6:45                          
6:45 預言書に、〃
(最後の日に)人は皆神に教えを受けるであろう〃と書いてある。(そして神に引っ張られる者、すなわち本当に)父上に聞き、また学ぶ者は皆、わたしの所に来る。

③-8
)塚本訳 ロマ 4:17                          
4:17 『わたしはあなたを多くの国の人の父に決めた』と書いてあるとおりに。(ただし)それは、彼が信じた神、すなわち、
死人を生かし、また無から有を呼び出される神の前においてである。



④ 初代教会の復活信仰の根拠は、イエスの有体的復活

④-1)塚本訳 使  23:6
23:6
そのときパウロは(役人の)一派はサドカイ人、一派はパリサイ人であるのを見て取り、法院で叫んだ、「兄弟の方々、わたしはパリサイ人で、しかもパリサイ人の子です。いま死人の復活の希望のために裁判されているのです。(わたしは復活のキリストを見たと言いますから。)」

④-2)塚本訳 ロマ 8:11                      
8:11 しかしイエスを死人の中から復活させたお方の御霊があなた達の中に住んでおられるなら、
キリスト・イエスを死人の中から復活させたそのお方は、あなた達の中に住んでおられるその御霊によって、あなた達の死ぬべき体をも生かしてくださるであろう。

④-3)塚本訳 使  26:8
26:8
(あなた方は
イエスの復活を信ぜず、従って彼が約束の救世主であることを信じようとされませんけれども、)神が死人を生きかえらせるということが、あなた方にはなぜそんなに信じ難いことと思われるのでしょうか。

④-4)塚本訳 Ⅰペテ1:3                          
1:3 讃美すべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神!彼は大なる憐憫により、
イエス・キリストが死人の中から復活し給うたことをもって、私たちを活ける希望に新しく生み、

④-5)塚本訳 Ⅰテサ5:10                         
5:10 主は、私達が(その日)目を覚ましていても
(あるいは既に墓に)眠っていても、(皆等しく)彼と共に生きることが出来るように、私達のために死に給うたのである。

④-6)塚本訳 Ⅰテサ4:14                         
4:14 私達が信ずるようにもし
イエスが死んで復活し給うたならば、神はイエスによって眠った者をも同様にイエスと共に連れ来たり給うであろうから

④-7)塚本訳 エペ 5:14                          
5:14 (そして神の光に照らされ罪を浄められる時その人自身が光となる。)然り、(光に)照らされるものは皆光である。故に
主は言い給う──眠る者、起きよ、死人の中より立ち上がれ、さすればキリストが汝を照らし給うであろう。

④-8)塚本訳 コロ 3:3-4                          
3:3
君達は(既にこの世に)死んで、その生命はキリストと共に神の右に隠されているのだから。                              3:4 (しかし今でこそ隠されているが、)私達の生命であるキリストが顯れ給う時には、君達もまた彼と共に栄光の裡に顯れるであろう。

④-9)新共同 黙  21:4                          
21:4 彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」

④-10)塚本訳 Ⅱコリ4:16-18 
4:16 このゆえに、わたし達は気を落さない。いや、わたし達の(生れながらの)外の人はどんなにこわれていっても、(キリストによって生れた)内の人は一日一日と新しくされてゆく。
4:17 なぜなら、現在の軽い苦難は、この上もなく素晴らしい、永遠に豊富な(神の)栄光をわたし達にもたらす(保証だ)からである。
4:18 このわたし達は見えるものに目を向けているのではなく、見えないものに目を向けているのである。見えるものは一時的、見えないものが永遠だからである


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月29日、東京聖書読者会感話資料 おわり

●9:30 あきる野市役所がん検診。死を突破する福音の宣教のために「長生き」しなければならない。

●明日の感話資料の用意。上記内容をHP「使徒伝承」にアップ。神の翼に乗って「行け!」。良い地に落ちよ!

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/170128.htm



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<イエスの系図・・・主の恵みの時が来た。ルカの心に触れる・・・ | Top | 天国では苦しみはない・・この人生は「拷問」・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4271-4bd5052e
FC2blog user only
| Top |
0814