to 日記と感想 神は残酷・・・しかしイエスを「神の子」と信じられれば成功の人生・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


神は残酷・・・しかしイエスを「神の子」と信じられれば成功の人生・・・ ++++++++ 所感

2017/02/02 06:31

170202(木)さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●クリスチャンは孤独である。これという親しい人が去って行く。肉親、兄弟、身内、信者、友人。●家屋を失い、藤林先生への電話を切ったあと、うずくまってないた。あれは新宿の公衆電話で、今でも忘れない。また集会の講壇で報告すると、声を出して泣いた。見苦しかった。●神は残酷だ。私の知る人も、家庭が崩壊、夫人が精神の病、直りにくい病気、貧困、健康、富、家庭、子供、孫、職場、仕事、・・・この世最低の幸福と思われるものまでもぎ取られる。●かって精神病の夫人を抱えて知人が訴えた。「神がいるなら抗議したい」と。また高校の同期から「俺の母親は本当の親ではないのだ。一つ教会というtろころに連れていってみてくれないか」と言われたことがある。彼のその後の消息を知らない。親しき者との別れ、離別。●神はいるのか。いるとしたら残酷だ。愛ではない。神は「沈黙」したままだ。●人生、こういう「極度の悲しみ」の時に神の霊がどっと降るものだ。「エゴーエイミ、(私だ)」と。これが真の幸福なのだ。理論ではない。実際である。●かってブログでこういうことを書いたことがある。「人生どんなにメチャクチャでもイエスを神の子と信じられれば成功の人生」。すると見知らぬ人からメール。「この一言で人生立ち直れました」と。彼は精神の病で人生メチャクチャらしい。彼はどこのだれだか、今もってわからない。否、永久にわからない。これでいいんだ。人に知られずとも、教会に知られずとも、神に知られた大成功の人生だ。神はやっぱり愛だ。

文語訳 マタ 5:4
5:4 幸福なるかな、悲しむ者。その人は慰められん。

塚本訳 マタ 16:16-17
16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。


塚本訳 Ⅰヨハ4:9-10
4:9 神がその独り子を(この)世に遣わし、独り子によって(死ぬべき)わたし達が生きるようになったそのことで、神の愛が(はじめて)わたし達に現わされたのである。
4:10 わたし達が神を愛したことではなく、彼がわたし達を愛し、その子をわたし達の罪のための宥め(の供物)として遣わされたそのことに、愛があるのである。

塚本訳 Ⅰヨハ5:1
5:1 どんな人でも、イエスが救世主であると信ずる者は、神(の力)によって生まれたのであり、またどんな人でも、自分を生んでくださったお方を愛する者は、彼(の力)によって生まれた者(、すなわち同じ父から生まれた者)を愛する。

塚本訳 ルカ 7:13-15
7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、
7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。
7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の啓示黙想ディボーション終わり。「極度の悲しみ」はイエスが神の子」であることを知るに至る神の残酷な手段。神はやっぱり愛だ。

●11:00 妻とキララホールに行き、館長の島田氏による「ウィーン」のレクチャーを聞く。途中、橋本夏季さんのソプラノを観賞。彼女は2007年東京藝術大学音楽学部声楽科に初の全盲の学生として入学し、卒業時に同声会章を受賞。シュトラウスの「春の声」は素晴らしかった。宗教曲が好きだと言うので、終了後、「私はクリスチャンです。今度は讃美歌を歌ってください」と言って手を握った。天は二物を与えず。彼女の上に末永く神の祝福あれ。




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<待望の神の子、救い主・・・・今、歴史的に出現した | Top | お前が神の子か・・・イエスの自己認識・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4278-145738b7
FC2blog user only
| Top |
0814