to 日記と感想 釘本寛子告別式・・・イエスを神の子と信じられたことは幸福で最高の人生であった・・・
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


釘本寛子告別式・・・イエスを神の子と信じられたことは幸福で最高の人生であった・・・ ++++++++ 所感

2017/02/14 05:40

170214(火)4じ15分起床●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。本日は11時から東京聖書読者会の故釘本寛子さん(88歳)の告別式をあきる野市の自邸で執り行う。質素な家族葬であるが、「万物のよみはえりの日」まで、故人が主の懐で安らげるように心からお見送りする。●イエスを神の子と信じられたことは幸福で最高の人生であった●プログラムを作成した。

故釘本寛子告別式次第
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   故釘本寛子 告別式

2017年2月14日 あきる野市自邸

讃美歌 312番

聖書朗読

口語訳 詩 90:9-10
90:9 われらのすべての日は、あなたの怒りによって過ぎ去り、われらの年の尽きるのは、ひと息のようです。
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。

塚本訳 ヨハ 3:16
3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。

塚本訳 Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。

塚本訳 黙 14:13
14:13 また私は天から声が(こう)言うのを聞いた、「書け、『今から後主にあって死ぬる死人は幸福である。』」御霊も言い給う、「然り、彼らはその労苦を休息む(ことが出来る)であろう。その(為した)業が彼らに随いて行くのであるから!」と。

故人の思い出

祈祷

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
故釘本寛子告別式次第 おわり。
万物のよみがえりの日まで、主の懐で安らかに。

●過去ブログから「釘本寛子」を検索して「釘本寛子」を検索して、「釘本寛子さんの思い出」を作成した。
●11:00 釘本家で故釘本寛子告別式。御身内4名と私と妻、計6名。
●釘本家の蔵書は私の家の蔵書と同じものが多い。塚本虎二先生の本が多かった。
●釘本家は「無教会キリスト教でなければ「しっくりこなかった」らしい。神が日本に対して無教会を植えた意味を感じる。●13:30 日の出が丘斎場で火葬。炉に入れる前に祈った。「万物復興の時まであなたの御許で抱いていてください」。無教会式で簡素なよい式であった。
●孫娘から手作りの「バレンタインチョコレート」が送られてきたのでお礼の電話をすると「もちろん義理チョコよ」と来た。義理でも感謝感謝。


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<赦す愛・・・福音の本質・・・ | Top | 神に引き回される人生・・・戦闘開始。「この世」と別れよ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4290-ee752bcf
FC2blog user only
| Top |
0814