to 日記と感想 キリストが形づくられるまで・・・パウロの教会観・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


キリストが形づくられるまで・・・パウロの教会観・・・ ++++++++ 所感

2017/02/21 07:02

170221(火)4時半起床●朝の啓示「キリストが形づくられるまで・・・パウロの教会観・・・」●さかなのえΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●昨日は日本聖書協会「新翻訳」(2018年刊行予定。カトリック+プロテスタント+無教会)の意見具申をしていて、パウロの心に触れた。それはパウロが第二回回目の伝道旅行をする動機である。

塚本訳 使  15:36
15:36 数日の後、パウロはバルナバに言った、「さあ、もう一度行って、前に主の御言葉を伝えておいたすべての町の兄弟たちがどうしているか、見てこようではないか。

●パウロは第一回の伝道旅行で、小アジアのイコニオン、リストラ、テルベで「御言葉」を伝えた。そこで教会ごとに長老を選んだ。その集会を尋ねたいという思いが湧いたのだ。ここにパウロの教会観がある。この心に触れた。

塚本訳 使  14:23
14:23 また(今度の伝道で生まれた)集会にはどこでも長老を選び、断食をして祈って、(主の)弟子たちを彼らの信じている主にお任せした。

●無教会の権化である塚本虎二の翻訳で「(伝道で生まれた)集会」という著しい敷衍と言葉がある。集会は伝道で生まれるというのだ。そしてまた教会と言わずに「集会」と訳している。教会でも集会でも、それはキリストの命の実であり、形である。パウロは実を見に行きたいと思ったのだ。
●教会や集会はキリストの命の実である。見える姿である。今朝はこのことを巡って聖書のアチコチを黙想してみよう。私は「建築士」である。それは「頭や心の中の見えないものを見える形にする」仕事である。●かって学習院大学のK教授(無教会)に申し上げたところ目をキラッと輝かせた。それは教会エクレシアの本質なのだ。しかしこの命の結果としての姿形を制度化律法化するところに常にゴタゴタが生じる。霊の命は常に自由である。命を制度の中に閉じ込め律法化、思想化するところに不自由さが生じ、常に「無教会現象」が総じて来たのが「教会史」である。●私は日本における「無教会」現象に出会って、「水を得た」。自由の喜びに触れた。落ち着いた。キリストの霊の自由なる雰囲気の中で育てられ、幸福であった。●しかしこの年齢になり、パウロが教会(集会)を生み出そうとした「産みの苦しみ」の心に触れる。●ギリシャ語聖書の権威者ネストレは塚本先生との手紙のやり取りで「心は形をとる」と言われ、塚本先生はこれに賛同された。●しかし形はあくまで心があってのことだ。心の結果である。
●日本の無教会主義に理解を示したスイスの神学者ブルンナーは言う。「教会組織とは福音の中心的なことが周辺的になって、周辺的なことが中心的になった形である」と。

塚本訳 コロ 1:24
1:24 今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イエスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている

塚本訳 Ⅰコリ3:10-15
3:10 わたしは戴いた神の(特別の)恩恵によって、熟練した棟梁として土台をすえた。他の人がその上に建ててゆく。だが建て方は、その人その人が気をつけるべきである。
3:11 なぜなら、(すでに)置かれている(ただ一つの)もののほか、他の土台をだれもすえることは出来ないのだから。──この土台はイエス・キリストである。──
3:12 ある人がこの土台の上に金、銀、宝石、(あるいは)木、草、藁で建てれば、
3:13 それぞれの仕事(が金か藁か)は、かならず明らかになる。(最後の裁きの)かの日がそれを明らかにするのである、その日は火で現われるから。そしてそれぞれの仕事がどんなであるかを、その火が試験して証明する。
3:14 その(土台の)上に建てたある人の仕事がそのままのこれば、褒美を受け、
3:15 ある人の仕事が焼けてしまえば、罰を受ける。ただ彼自身は、火をくぐるようにして(やっと)救われるのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想瞑想ディボーションおわり。神の霊は復活のキリスト、この世では実を結ぶ。無教会主義集会の本質は「来るものを拒まず、去る者を追わず」神ママ、自然体、自由の雰囲気。●しかし無教会も命が去ると、形骸化、律法化、思想化、ドグマ化、先生崇拝化、社会運動化、社会批判化に変質する。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申使徒16章。活劇を見ているようで面白い。

2017_02210002.jpg 

暮れゆく奥多摩連山。なぜか淋しい。あの人この人の「救い」を祈る。






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<伝道開始の心得・・・「この世の力」に頼らず、神にのみ従え・・・ | Top | 苦界からの救い・・・なぜこんな「ひどい」ことになったしまったのだ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4297-a30772e1
FC2blog user only
| Top |
0814