to 日記と感想 感じのよい人・・・異教における福音の伝わり方・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


感じのよい人・・・異教における福音の伝わり方・・・ ++++++++ 所感

2017/02/23 13:23

170223(木)さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。●以前から異教において福音がいかにして広まって行ったかに興味があった。現在日本聖書協会「新翻訳」(2018年刊行予定)」パイロット版の意見具申をしているが、使徒言行録でその解決を少し見た。

●パウロは行く先々で伝道説教をしたのは「ユダヤ人の会堂」においてであった。旧約の素地があった人に福音を語った。

塚本訳 使  17:1-3
17:1 彼らはアムポリスとアポロニヤ(の町々)を通過してテサロニケに行った。そこにはユダヤ人の礼拝堂があった。
17:2 パウロはいつものとおり入っていって、三度の安息日に聖書に由って彼らに話をした。
17:3 すなわち救世主は苦しみを受けて(十字架の上に死に、)死人の中から復活せねばならなかったこと、また、「わたしがあなた達に宣べ伝えているイエス、この人こそ救世主である」と説き明かし、論証した


●ところがパウロがアテネに足を踏み込んだときギリシャ人は次のように反応した。パウロの説くことが外国の神のことなので全くわからなかった。●このギリシャ人の感想が異教国日本人の感じ方でもある。

塚本訳 使  17:18-20
17:18 数人のエピクロス派やストア派の哲学者も彼と会談したが、「このお喋りはいったい何が言いたいのだろう」と言う者もあれば、「どうも外国の神々の宣伝者らしい」と言う者もあった。パウロがイエスと復活のこととを伝えていたからである。
17:19 そこで彼を引っ張ってアレオパゴス[アレスの丘]法院につれてゆき、こう言った、「あなたが語っているその新しい教義はいったい何か、教えてもらう訳にゆくまいか。
17:20 なんだか妙なことをわたし達の耳に入れるのだから。それで、それはどういうことか知りたいと思う。」――

●ところが福音は異教人にも受け入れられた。それはクリスチャンの評判がよかったからである。福音は人から人に伝わる。友達から友達に伝わる。●KKさんは病気の父親のために隠れて熱心に回復を祈っていたところ、死ぬ間際になって、死んだらお前の信じている神のところに行きたいと言ってクリスチャンになって死んでいった。KKさんは自分の父親の心に「評判」がよかったのだ。これは至難である。

塚本訳 使  16:1-2
16:1 それからパウロはデルベとルステラとに行った。すると、そこ[ルステラ]にテモテという(主の)弟子がいた。信者であるユダヤ婦人と異教人の父とのあいだの子で、
16:2 ルステラやイコニオムの兄弟たちの間に評判がよかった

塚本訳 使  22:12
22:12 すると(ダマスコに)アナニヤという人がいた。律法的に信心深く、そこに住むユダヤ人全体に評判がよかったが、

塚本訳 使  6:7-8
6:7 こうして神の言葉は成長し、エルサレムにおける(主の)弟子の数は猛烈にふえていった。また(ユダヤ教の)祭司までが大勢、従順に信仰を受けいれた。
6:8 さてステパノは恩恵と力とに満たされて、民衆の間で驚くべき不思議なことや徴を行っていた。

塚本訳 使  11:24-26
11:24 バルナバという人はりっぱな、聖霊と信仰とに満ちた人であったからである。そして大勢の人が主に導かれた。
11:25 彼はまたサウロを捜しにタルソに出かけ、
11:26 見つけると、アンテオケにつれてきた。そして二人は丸一年ものあいだ(アンテオケ)集会に一緒にいて、大勢の人を教えた。このアンテオケではじめて(主の)弟子たちをクリスチャンと呼んだ。

塚本訳 ピリ 2:15-16
2:15 これは君達が非難すべき所でなく、純真であって、『曲ったねじくれた(この)時代』の真中にあって『瑕なき神の子』とならんためである。(まことに)君達はこの時代にあって、生命の言を堅く守りながら、この(暗い)世に星のように輝いているのである。
2:16 かくて私の走ったことが無駄にならず、』苦労したことが無駄に』ならずに、キリストの日に名誉が私に帰するであろう。

●夕食時に妻とお互いが初めてキリスト教に接した時のことを話し合った。妻は、中学2年の時に同級生にクリスチャンがいて、「とても感じのよい人」であったという。今朝考えると私の場合は小学校に上がる前に行った「日曜学校(日本基督教会浦和教会)」で担任の若い女性が非常に「感じのよい人」であった。その良い印象が後年私が高等学校の時に「教会に足を向けた」原因であった。
●こう考えると福音は2000年前も現代の日本も同じで「感じの良い」「評判の良い」人によって伝わって行くらしい。
●ところがクリスチャンというものは例外を除いて、大体は家族に「感じのよい人」ではないことになっている。これは悲しい宿命である。
●集会の故KOさんは、信仰に熱心になればなるほど家族と亀裂が深まると言われた。

塚本訳 マタ 10:34-36
10:34 地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。
10:35 わたしは子を『その父と、娘を母と、嫁を姑と』仲違いさせるために来のだから。
10:36 『家族が自分の敵となろう。』


塚本訳 マコ 3:21
3:21 身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである

●クリスチャンのこの悲しい宿命は次の聖句で慰められれる。

塚本訳 Ⅱコリ4:7
4:7 しかしこの宝が、(貧弱な)土の器の中にある。それはその素晴らしい力が神のものであって、わたし達(土の器)から出るのではないことがわかるためである。

塚本訳 Ⅱコリ2:14-15
2:14 しかし神に感謝せねばならない。神はいつでもわたし達をキリストによる凱旋行列に(虜として)引き回し、至る所でわたし達を通して御自分を知らせる知識の薫りをお広めになる。
2:15 というのは、わたし達は救われる者の間でも、滅びゆく者の間でも、神にささげられるためのキリストのよい薫である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想瞑想ディボーションおわり。私は「感じのよい」人にはなれなかった。貧弱な土の器だ。多くの人を躓かせて神の名を汚して来た。この身は救われるだろうか。しかしわたしなりに一所懸命に歩いて来たつもりだ。最後の日に十字架の故に神に赦して頂こう。

●妻は御茶ノ水で愛子に手作りのパンを渡してから、台東区のYIさんの家に行く。
●次回集会感話の資料の推敲
●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申使徒18章。パウロは天幕づくりをして宣教した。











スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<主の言葉・・・異教人に語られた「福音」は神の言葉・・・ | Top | 伝道開始の心得・・・「この世の力」に頼らず、神にのみ従え・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4299-123f718f
FC2blog user only
| Top |
0814