to 日記と感想 主の言葉・・・異教人に語られた「福音」は神の言葉・・・
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


主の言葉・・・異教人に語られた「福音」は神の言葉・・・ ++++++++ 所感

2017/02/24 06:09

170224(金)●4時起床さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。毎日、日本聖書協会「新翻訳」(カトリック+プロテスタント+無教会)のパイロット版に対する意見具申をしているが、2月になってからは使徒言行録である。最近目立つのは「主の言葉」という句である。これはどういう意味だろう。●まず使徒言行録における「主の言葉」を全部掲げてみよう

塚本訳 使  8:25
8:25 さて使徒たちは証しをし、また主の言葉を語ったのち、エルサレムに帰った。(道すがら、)多くのサマリヤ人の村々でも福音を伝えた。


塚本訳 使  11:15-16
11:15 わたしが話を始めると、聖霊が彼らの上に下った、最初(あのペンテコステの時)にわたし達に下ったように。
11:16 わたしは主の言葉を思い出した──『ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなた達は聖霊で洗礼を授けられるであろう』と主は言われた

塚本訳 使  13:48-49
13:48 これを聞いて異教人は喜び、主の言葉を讃美し、永遠の命へあらかじめ定められていた者はみな信者になった。
13:49 こうして主の言葉がこの地全体に広まった。

塚本訳 使  19:10
19:10 これが二年つづいたので、アジヤ(のこの地方)に住んでいる者は皆、ユダヤ人も異教人も、主の言葉を聞いた。

塚本訳 使  19:20
19:20 こうして主の言葉は勢いよく成長し、また力を増した。


●パウロはじめ使徒達が言う「主の言葉」とはいったいなんだろう。それは上記の使徒8:25によれば「福音」のことである。それを解く鍵は次である。ペテロはカイザリヤで異教人コルネリオの求めに応じて語ったことが「福音」の全容を示している。異教人(ローマ軍の百卒長)コルネリオには「耳があった」。福音は聴く耳のある人に伝わる。

塚本訳 使  10:24
10:24 翌日カイザリヤに着いた。コルネリオは親類や親しい友人たちを呼びあつめて、待っていた

10:34 口を開いてペテロが言った、「本当に』神はえこ贔屓をするお方でなく、』
10:35 神を恐れ、正しいことを行う人でさえあれば、どんな民族であろうと歓迎されることが、わたしにはよくわかっています。
10:36 『神は御言葉をイスラエルの』子孫に『おくり、』イエス・キリストをもって、『(御自分との間の)平和の福音を伝えられました。』──イエスは万人の主であります。──
10:37 あなた達は(洗礼者)ヨハネが洗礼を説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ中にゆきわたった出来事を知っておられる。
10:38 すなわち、『神が』いかに聖『霊』と(大いなる)力と『をもって』ナザレのイエスに『油を注がれ(て聖別され)た』か、このイエスが(あちらこちらを)巡回しながら、恩愛を施し、悪魔におさえつけられている者を皆直されたかを。神がご一緒におられたからです。
10:39 ──(使徒たる)わたし達は、イエスがユダヤ人の地、ことにエルサレムでされた一切のことの証人です。──このイエスを人々は『(十字架の)木にかけて』処刑した。
10:40 (しかし)神はこの方を三日目に復活させ、(人の目にも)見えるようにされた。
10:41 (ただし)国民全体でなく、神からあらかじめ選ばれていた証人であるわたし達、すなわちイエスが死人の中から復活されたあとで、一緒に飲み食いした者(だけ)に見えたのです。
10:42 そして神はわたし達に命じて、この方こそ神に定められた、生きている者と死んだ者との審判者であると、国民に説きまた証しさせられるのです。
10:43 預言者たちは皆、彼を信ずる者はことごとく、その名のゆえに罪の赦しを受けることを、彼について証明しています。」

●これが「福音」の要約である。ここに①~④と番号を付けたのは、①洗礼者ヨハネ、②イエスの奇跡、③十字架、④復活で この4本柱が後の4「福音書」に共通の「構成」「構造」「骨格」「要素」である。このことを指摘したのが英国の聖書学者C・Hドッド(英国のNEBの翻訳代表)である」。この指摘を読んだとき、ナルホドと思ったものである。マルコ福音書の著者はペテロの通訳であった。だからペテロが日々説教する内容の4本柱を拡大したものが「マルコ福音書」になり,これが残りの3福音書(マタイ、ルカ、ヨハネ)の土台になった。4福音書はこの4要素を決して外してはいない。●だから「福音」を伝えるということは「福音書」を蒔くことなのだ」。特に十字架と復活を伝えることなのだ。
●福音はペテロやパウロの活動の前に「福音それ自身の力」で伝わった。(ダイスマン)

塚本訳 使  11:20-21
11:20 しかしそのうちに数人のクプロ人とクレネ人とがいて、アンテオケに行ったとき異教人にも語り、主イエスの福音を伝えた。
11:21 (神なる)主の御手が彼らに働き、多数の者が信じて主(イエス)に帰依した


塚本訳 ルカ 8:10-11
8:10 言われた、「あなた達(内輪の者)には、神の国の秘密をさとる力が授けられている(のでありのままに話す)が、ほかの人たちには譬をもって話すのである。これは(聖書にあるように、)『彼らが見ても見えず、聞いても悟らない』ようにするためである。
8:11 譬(の意味)はこうである。──種は神の御言葉である。

塚本訳 Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。


●だから使徒言行録にあるペテロやパウロが異教人に説教した「主の言葉」とは「神の言葉」であり「福音」である。彼らは後に福音書の骨子となる4要素を語っていて、これをもって異教伝道に向かった。
●かくして異教国日本の我々においても伝道するということは、「主の言葉」、「神の言葉」を播くことである。
●コルネリオ出でよ、耳のある者は聞け、牧師伝道者よ行け。狼の中に行け。

塚本訳 ルカ 10:3-4
10:3 行け、いまわたしがあなた達を送り出すのは、羊を狼の中に入れるようなものだ。
10:4 (だからただ信仰で武装せよ。)
財布も旅行袋も持ってゆかず、靴もはくな。だれにも道で挨拶をするな。

●恐れるな、この国には福音を受け入れる民が沢山いる。

塚本訳 使  18:9-11
18:9 するとある夜主が幻でパウロに言われた、「『恐れることはない。』語りつづけよ、沈黙するな。
18:10 『わたしはいつもあなたと一緒にいて、』だれもあなたを襲って害を加える者はない『のだから。』またこの町にはわたしの民が沢山いるのだから。」
18:11 そこでパウロは一年六か月の(長い)あいだ(コリントに)とどまっていて、人々の間で神の言葉を教えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の黙想瞑想ディボーションおわり。今朝も「主の言葉」「神の言葉」「福音」を発信した。私のホームページは福音の発信。集客ではない。これを「覗き見」する人は毎日100人程度。神はその中から一人でも二人でも「御心にかなう人」(ルカ2:14)に「心」を開いて(使徒14:14)くださるであろう。

塚本訳 ルカ 2:14
2:14 いと高き所にては神に栄光、地上にては(いまや)平安、御心にかなう人々にあり!


塚本訳 使  16:13-14
16:13 安息の日に、わたし達は(町の)門を出て川ばたにいった。祈り場がありそうに思ったのである。そして(そこに)坐って、集まってきた婦人たちに話をした。
16:14 するとテアテラ町の紫毛織物の商人で、敬信家のルデヤという婦人が聞いていたが、
主はその心を開いてパウロの話に耳を傾けさせられた。

塚本訳 Ⅰコリ1:17-18
1:17 救世主がわたしをお遣わしになったのは、洗礼を授けさせるためでなく、福音を説かせるためなのだから。それも、言葉の上の知恵をもって(説くの)ではない。それでは(人間の言葉の力が大きくなり)、キリストの十字架(の救い)が空虚なものになる恐れがあるからである。
1:18 なぜか。この十字架についての言葉は、滅びゆく者には馬鹿なことであるが、わたし達救われる者には、神の力(の現われ)であるから

●日本聖書協会「新翻訳」(カトリック+プロテスタント+無教会)パイロット版意見具申。使徒19章。パウロの旅程は面倒。頭が混乱する。塚本虎二は、次のように言う。「使徒行伝第19章はエペソ伝道で少なくとも2年3か月以上の長い期間にわたっているy。パウロの4大根拠地であるタルソ、アンテオケ、エペソ、ローマを中心にお彼の伝道を分ける学者があるが、あるいはこの方が第一、第二、第三伝道という分け方よりも合理的であり、事実に即しているかもわからない。」(岩波文庫「使徒のはたらき」P145)

●明後日の妻の集会感話の資料のカラーコピー応援

●13:30あきる野市主催「介護教室」、介護保険・施設の話。(於・あきる野ルピア。
この世の家も、施設も、肉体も皆「仮の宿」。何処にも落ち着けるところはない。これには明朝黙想する。

●昨日見たNHKTV「ファミリーヒストリー」は女子レスリング、吉田沙保里。リオデジャネイロ決勝でオリンピック4連覇ならず。観客席にいた母のところに駆けて行って「お父さん(沙保里を厳しく指導したが3年前に逝去)に怒られる」と大泣き。「お父さんに怒られる」と言ったところが胸に来た。母親は「泣かんでいい、泣かんでいい」と慰めていた。●神は義と愛。しかし十字架は義として見るよりも愛として見た方が良くわかる。赦すことが最大の裁き。




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<この世は住みにくい・・霊の人格の心地よい住まい・・・ | Top | 感じのよい人・・・異教における福音の伝わり方・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4300-86735a49
FC2blog user only
| Top |
0814