to 日記と感想 信仰を失わせる大敵三つ・・・富、権力、神の名・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


信仰を失わせる大敵三つ・・・富、権力、神の名・・・ ++++++++ 所感

2017/03/05 06:18


170505(日)4時目覚め。
さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。●本日の集会感話は「荒野の誘惑」(ルカ4:1-13)。神はイエスに伝道開始に先立って「信仰の試練」を降した。それは「神を見失わせる」信仰の大敵三つである。それは第一に富、第二に権力、第三に神の名である。神はイエスに「鉄は熱いうちに打て」とばかり「荒野」に導きだし、信仰の鍛錬をした。伝道は「この世の力」に頼ってはいけない。という訓練であった。その結果イエスに最後に言わしめた。神の鍛錬は成功した。

塚本訳 マコ 14:36
14:36 言われた、「アバ、お父様、あなたはなんでもお出来になります。どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心がなればよいのです。


●神はイエスを苦しめることによってご自分の栄光を表された。

塚本訳 ヨハ 12:28
12:28 『お父様、(どうかわたしを御心のままになさって、)あなたの御名の栄光をあらわしてください!』」すると天から声がひびいた、「わたしは(あなたの業で)すでに(わたしの)栄光をあらわした。(今)また(あなたの苦しみによって)栄光をあらわすであろう。」


●イエスは父なる神は全能で何でもしてくださると人に教えておきながらイザ、自分の苦難の時には神は「沈黙」(遠藤周作)していて助けてくれなかった。神は我が子を見殺しにすることによって「世を救う」ためであった。

塚本訳 ヨハ 12:23-24
12:23 するとイエスは(非常に感動して)二人に答えられる、「人の子(わたし)が栄光を受ける時がついに来た。
12:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)


●信仰を失わせるものは「将来の不安」である。それは来月の収入、子供の教育費、長期住宅ローン、老後の健康
死後の不安・・・●これらの不安の解消のために人間はまず「富」に頼る。本日の感話の第一は「富の力」に頼るな。神と富(マモン)との両方に仕えることはできないということである。本日の感話資料の一部は次の通りである。



③「富の力」に頼るな。神と富(マモン)との両方に仕えることは出来ない。

塚本訳 ルカ 4:4
4:4
イエスは答えられた、「『パンがなくとも人は生きられる』と(聖書に)書いてある。」
  


③-1)塚本訳
マタ 4:4

4:4
しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。

③-2)塚本訳 マタ 6:34                               6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。

③-3)塚本訳 マタ 6:11                               6:11 その日の食べ物をきょうも、わたしたちに戴かせてください。

③-4)塚本訳 ルカ 6:20                               6:20 イエスは目をあげ、(十二人の使徒その他の)弟子たちを見ながら話された。──「ああ幸いだ、『貧しい人たち、』神の国はあなた達のものとなるのだから。

③-5)塚本訳 マタ 6:26-27                             6:26 空の鳥を見てごらん。まかず、刈らず、倉にしまいこむこともしないのに、天の父上はそれを養ってくださるのである。あなた達は鳥よりも、はるかに大切ではないのだろうか。                         6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。  

③-6)塚本訳 ルカ 12:19-20
12:19
それからわたしの魂に言おう。──おい魂、お前には長年分の財産が沢山しまってある。(もう大丈夫。)さあ休んで、食べて、飲んで、楽しみなさい、と。』
12:20
しかし神はその人に、『愚か者、今夜お前の魂は取り上げられるのだ。するとお前が準備したものは、だれのものになるのか』と言われた。                                                                                    12:21 自分のために(地上に)宝を積んで、神のところで富んでいない者はみな、このとおりである。

③-7)塚本訳 マタ 19:23-24                            19:23 イエスは弟子たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、金持が天の国に入ることはむずかしい。                                      19:24 かさねて言う、金持が天の国に入るよりは、駱駝が針のめどを通る方がたやすい。」 

③-8)塚本訳 マタ 6:32-33                             6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。                                  6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。
                                              ③-9)塚本訳 ルカ 16: 13                             16:13 しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはならない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富(マモン)とに仕えることは出来ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の啓示黙想ディボーションおわり。本日の感話の全体は次のとおりである。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/170304.htm

●本日の感話「荒野の誘惑」の箇所は、神学者や聖書学者(無教会も!)の手にかかると、「経済、政治、宗教に頼るな」ということになる。しかし無教会は言う。「宗教家になるな。聖職者になるな。聖書学者になるな。伝道者になるな」。「聖書で聖書を読む」一人旅で行け。否、神と二人旅で行け。

塚本訳 マタ 23:1-3
23:1 それからイエスは群衆と弟子たちにむかって語られた、
23:2 「聖書学者とパリサイ人はいまモーセの(後継ぎとしてその)椅子に坐っている。(彼らにはモーセの権威がある。)
23:3 だからなんでも彼らがあなた達に言うことを行い、また守れ。しかし、そのすることを真似てはならない。あの人たちは言うだけで行わないのだから。


●10:00東京聖書読者会。宮崎(司会)、横田(塚本虎二の講義朗読「エペソ書」)、高橋照男(「荒野の誘惑ルカ4:1-13)
●14:00キララホールでコンサート「春の祈り」。橋本夏季(ソプラノ)、松本知恵(ピアノ)、関裕子(ピアノ)、海和伸子(ヴァイオリン)。特に全盲の橋本夏季さんの声は素晴らしかった。「天は二物を与えず」だ。終了後ロビーで橋本さんに「素晴らしかった、また宗教曲をお願いします。あなたのご両親に会いたい」と挨拶。
●妻は外苑。
●図書館で「山田和樹とオーケストラのとびらをひらく」を借りる。雑誌「新建築」の半年分にサーッと目を通す。













スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<キリストの縁・・・永遠の喜び・・・ | Top | 人生の目的・・・主にあって喜び、安らかに死ぬ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4309-f9eca7a6
FC2blog user only
| Top |
0814