to 日記と感想 負わされた十字架の恥・・・有体的復活の希望と再臨終末の祈り・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


負わされた十字架の恥・・・有体的復活の希望と再臨終末の祈り・・・ ++++++++ 所感

2017/04/25 04:42

170425(火)3時15分目覚め。10人+6家族の祈り。3時半起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日からW君のことで頭が一杯である。私は24歳の頃、美ヶ原の聖書勉強会で知りあった。後年彼は東大の脳神経外科の教授になったが、60代になって若年性アルツハイマーになった。その初めは易しい漢字が欠書けない、ATMのキーが打てないという異変に気付き、「この俺がなぜこの病になるのかと」荒れた。東大は定年前に辞めた。夫人Kさんの御苦労はいかばかりか。しかし彼はその後落ち着き(信仰の故)、自らの病を隠さず公表するに至り、日本中の同病者を夫人と共に励ましている。私も一度彼と会ったが、私のことは認識できなくなっていた。あー人生はかくも悲しいものか。神は彼に恥の重い十字架を負わせた。これにより神は同病者を慰める最も有効な道に彼を追い込んだ。しかし神は酷い..残酷だ。●今、彼を慰める言葉は「有体的復活と新天新地再臨の希望」である。W君はその病の故にこの世の多くをもぎ取られて呻きの道を歩まされている。●私の家が焼失して新しい家が出来た時、夫人のKさんhは拙宅に新築祝いに来てくださった。記念にミルトスの苗木をくださった。今は庭で大きくなっている。W君。終末再臨、有体的復活は近い。今しばしの労苦だ。●今朝はW君を慰め励ますためにⅡペテ3:12-13を学ぶ。

塚本訳 Ⅱペテ3:12-13
3:12 神の日の到来を待ち望みつつ(これを)早め(ることに努力せ)ねばならぬことであろう!その日『天は』焼けて解け去り、日月星辰は燃えて『溶けるであろう』。
3:13 しかし私達は彼の約束によって、義の住む『新しい天』と『新しい地』とを待ち望む。



●まず翻訳比較


●翻訳比較  Ⅱペテ3:12


新翻訳パイロット版2016
12神の日の到来を熱心に待ち、早めなさい。その日には、天は焼け崩れ、自然界の諸要素は火で溶け去るからです。

 

岩波翻訳委員会訳1995

610312神の日の来臨を待ち望み、それを急()かせつつ。その日のゆえに、諸天は燃えて崩壊することになっており、天体は火に包まれて熔け去る。

 

 

新共同訳1987

3:12 神の日の来るのを待ち望み、また、それが来るのを早めるようにすべきです。その日、天は焼け崩れ、自然界の諸要素は燃え尽き、熔け去ることでしょう。

 

 

前田訳1978

3:12 神の日の到来を待ち望んで備えるあなた方です。その日には天は焼けくずれ、天体は燃えて溶け去るでしょう。

 

 

新改訳1970

3:12 そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。

 

 

塚本訳1963

3:12 神の日の到来を待ち望みつつ(これを)早め(ることに努力せ)ねばならぬことであろう!その日『天は』焼けて解け去り、日月星辰は燃えて『溶けるであろう』。

 

 

口語訳1955

3:12 極力、きよく信心深い行いをしていなければならない。その日には、天は燃えくずれ、天体は焼けうせてしまう。

 

 

文語訳1917

"610312","神の日の來るを待ち、之を速かにせんことを勉むべきにあらずや、その日には天燃え崩れ、もろもろの天體焼け溶けん。"

 

 

●翻訳比較 Ⅱペテ3:13

新翻訳パイロット版2016
13しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の宿る新しい天と地を待ち望んでいます。

 

岩波翻訳委員会訳1995

610313しかし、私たちは神の約束に基づいて、義の宿る新しい天と新しい地を待ち望んでいる。

 

 

 

新共同訳1987

3:13 しかしわたしたちは、義の宿る新しい天と新しい地とを、神の約束に従って待ち望んでいるのです。

 

 

 

前田訳1978

3:13 しかしわれらは約束をお受けして、義の住む新天と新地とを待ち望んでいるのです。

 

 

 

新改訳1970

3:13 しかし、私たちは、神の約束に従って、正義の住む新しい天と新しい地を待ち望んでいます。

 

 

塚本訳1963

3:13 しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。

 

 

 

口語訳1955

3:13 しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。

 

 

文語訳1917

"610313","されど我らは神の約束によりて、義の住むところの新しき天と新しき地とを待つ。"

 


●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ


塚本訳 Ⅰテサ5:2-3
5:2 主の日が夜の盗人のように(不意に)来ることを君達は精密く知っているのだから。
5:3 人々が無事だ、大丈夫だと言っている時に、丁度妊婦に陣痛が起こると同じように、思いもかけず滅亡が来て、決して逃げ出すことは出来ない。


塚本訳 Ⅰコリ1:7-8
1:7 それであなた達はどんな恩恵にも事欠くことなく、(安心して)わたし達の主イエス・キリストが(ふたたび)現われるのを待っているのである。
1:8 キリストはなおも最後まであなた達をしっかり立たせてくださるであろう、わたし達の主イエス・キリストの(来臨の)日に、(すこしも)非難するところのないように。

塚本訳 黙  21:1-4
21:1 また私は新しい天と新しい地とを見た。初めの天と初めの地とは消え去ったのである。最早海も無い。
21:2 また聖なる都新しいエルサレムが、夫のために飾った新婦のように身支度をして、天から、神(の御許)から降って来るのを私は見た。
21:3 そして私は玉座から大きな声が(出てこう)言うのを聞いた、「視よ、人と共に神の幕屋がある! 神が彼らと共に住み、彼らは神の民となり、神自ら彼らと共にいまして、
21:4 彼らの目から悉く涙を拭い取り給うであろう。最早死もなく、悲嘆も叫喚も疼痛も最早無いであろう。初めの(天と地にあった)ものが(すっかり)消え去ったからである。」

塚本訳 黙  21:5-6
21:5 すると玉座に坐し給う者が言い給うた、「視よ、われ凡てを新しくする」と。また言い給う、「書け、この言は信ずべくまた真実であるから。」
21:6 そして私に言い給うた、「(事は)成った。我はアルパまたオメガ、初また終である。渇く者には無代で生命の水の泉から我は飲ませるであろう。

塚本訳 黙  22:5
22:5 また(昼夜の別が消え失せ)最早夜が無いであろう。(其処では)燈火の光も太陽の光も必要がない。主なる神が彼らを照らし給うから。そして彼らは永遠より永遠に王となるであろう。

塚本訳 ヘブ 12:27
12:27 しかし、この『もう一度』とは、造られたものとして、震われるものの変更されることを意味する。これは震われることのないものが(永遠に)のこるためである。


塚本訳 ピリ 3:20
3:20 しかし(私達はそうであってはならない。)私達の故国は天にある。私達は主イエス・キリストが救い主として其処から来給うのを待っているのである。

塚本訳 ピリ 3:13-14
3:13 兄弟達よ、私はまだ自分で(それを)捉えたなどとは考えていない。しかし(ただ)一つの事──後ろのものを忘れ、前のものを追い求めながら、
3:14 (或る)目標に向かって、すなわち神がキリスト・イエスにおいて天上に招き給う褒美に向かって(ひた走りに)走っているのである。

塚本訳 Ⅰテサ5:23
5:23 願わくは、平和の神自ら君達を潔め尽くし、私達の主イエス・キリストの来臨の時咎められることの無いように、君達の霊と心と体を完全に守り給わんことを。

塚本訳 黙  22:20-21
22:20 これらのことを証明する者が言い給う、「然り、私は直に来る。」アーメン、主イエスよ、来たり給え!
22:21 (願わくは、)主イエスの恩恵凡ての者と共にあらんことを!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想おわり。

塚本訳 黙  21:3-4
21:3 そして私は玉座から大きな声が(出てこう)言うのを聞いた、「視よ、人と共に神の幕屋がある! 神が彼らと共に住み、彼らは神の民となり、神自ら彼らと共にいまして、
21:4 彼らの目から悉く涙を拭い取り給うであろう。最早死もなく、悲嘆(かなしみ)も叫喚(さけび)も疼痛(いたみ)も最早無いであろう。初めの(天と地にあった)ものが(すっかり)消え去ったからである。」

●妻は知人と二人で三頭山に登山。山に近いところに住む益。
●次回4月30日の集会感話資料推敲。
「認知症」と「気力の衰え」の嘆きを聖書に聴く・・・罪の赦しによる霊魂の安息と有体的復活の希望。死は神の迎えの時・・・
●日本聖書協会、仮称「新翻訳」パイロット版意見具申 マタイ22章
●NHKの「アサイチ」という番組でインスタントラーメンのおいしい作り方を学んだので、山から帰って来た妻に作る。






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神は忘れない・・・地上に名を残すな・・・ | Top | いかに死ぬべきか・・・「あなたは暇な人ね」と言われて・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4362-d34106df
FC2blog user only
| Top |
0814