to 日記と感想 お心のとおりになればよいのです…予期悲嘆から救われる「主の言葉」・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


お心のとおりになればよいのです…予期悲嘆から救われる「主の言葉」・・・ ++++++++ 所感

2017/04/30 05:48

170430(日)4時起床、10人+6家族の救いと平安を正座して祈る。●本日の集会感話の結論を土壇場で追加修正、プリント。

4月30日集会感話の結論
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑧認知症の予期悲嘆から救われる「主の言葉」

⑧-1)塚本訳 マタ 26:37-39
26:37
そしてペテロとゼベダイの子二人(だけ)を連れて(奥の方へ)ゆかれると、
(急に)悲しみおののき始められた。
26:38 それから彼らに言われる、「
『心がめいって』『死にたいくらいだ。』ここをはなれずに、わたしと一しょに目を覚ましていてくれ。」
26:39
そしてなお少し(奥に)進んでいって、俯けに倒れ、祈って言われた、「お父様、出来ることなら、どうかこの杯がわたしの前を通りすぎますように。しかし、わたしの願いどおりでなく、
お心のとおりになればよいのです。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月30日集会感話の結論おわり

●主の苦しみはこのゲッセマネの祈りが絶頂。それは霊魂の苦しみ。これに比べて十字架の苦しみは肉体の苦痛。ゲッセマネの苦痛で「お心のとおりに」という境地になったイエスは楽になった。
●我々も苦しみの当座よりもそれが起こる前の「予期悲嘆」の精神的苦痛の方が大きいものだ。
●予期悲嘆はクリスチャンの信仰をぐらつかせる。我らが主もぐらついた。「死たい」まで言ったことは慰めである。
●イエスは信仰を失い、「エリエリ」と叫んだ。この見苦しさも我々の慰めと救いだ。
●「お心のとおりになればよいのです」という祈りが人間のすべての「予期悲嘆」が救われる言葉だ。福音書記者はよくぞこの言葉を書き残してくれた。創作としても信仰の深いところを伝えてくれた。
●邦訳では「御心のままに」であったが、塚本訳にして初めて「お心のとおりに」と「お」になった。信仰の深さが出ている。
●この一か月、本日の感話のために「認知症の予期悲嘆」から救われたいと聖書をアチコチ」模索したが、k今朝、土壇場で「主の言葉」が与えられた。「御心のままに、御心のままに、お心のままに、お心のままに」。これは老年期を迎え、「認知症」「気力の衰え」、そして「死の時」を迎える総てのクリスチャンの心得である。アーメン。

●集会は、丹野(司会)、高木(井深八重、岩下壮一、他)、高橋(「認知症」と「気力の衰え」の悲嘆を聖書に聴く。下記サイト)

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/1704302.htm

●妻と吉祥寺で昼食。

2017_04300008.jpg 

我が家の石楠花。よく我が家で咲いてくれたねー

2017_04300016.jpg 


文語訳 マタ 6:30
6:30 今日ありて明日、爐に投げ入れらるる野の草をも、神はかく装ひ給へば、まして汝らをや、ああ信仰うすき者よ。

2017_04300023.jpg 

集会(礼拝)の帰途、ツツジがきれいに咲いている家路。先を行くのは妻。



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<真の自由は霊魂の自由・・・それは神が与えてくださる・・ | Top | 神は人に個別に現れて罪を赦す・・・死は神に迎えられ、永遠の命へ入る門・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4367-65d92b68
FC2blog user only
| Top |
0814