to 日記と感想 神の国へ旅立つ日を前にして・・・「こちらに来なさい」という主の招き・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


神の国へ旅立つ日を前にして・・・「こちらに来なさい」という主の招き・・・ ++++++++ 所感

2017/06/01 05:34

13日で満73歳11か月。残り時間のすべてをキリスト教使徒伝承の連鎖に捧げる。罪と死の恐怖から救われる「十字架の贖罪の福音と有体的復活と有体的再臨の希望の喜び」を犠牲的に生きて証人となる。自分のため、子孫のため、親類縁者のため、エクレシヤのため、気の毒な人のため。悪魔(病魔)に取りつかれて苦しんでいる人のため。孤独と向き合っている人のため。

170601(木)4時起床。11人+6家族の救霊と平安を祈る。●集会のMさんは人の手に負えない難しい病気なった。Mさんはかって集会の司会をされたとき、マタイ14:27-31を朗読された。それが、今日
Mさんの身の上に起こっている。そこで今朝はMさんの深い信仰にあやかり、その箇所の感話を私なりにしてみよう

塚本訳 マタ 14:27-31 感話

14:27 しかしイエスはすぐ彼らに話しかけて言われた、「安心せよ、わたしだ。こわがることはない。」

●神が話しかける
●誰でも死は怖い。恐怖である。この広い宇宙から永遠にこの「私」が消え去り、誰にも知られなくなる。
●新約聖書にイエスの方から声をかけて「安心せよ」という言葉が随所にある。


14:28 ペテロが答えた、「主よ、あなたでしたら、どうかわたしに命令して、水の上を歩いてあなたの所へ行かせてください。」

●大脳皮質は納得しなくても、主が言うのなら「危険を顧みずに」船から降りる。
●「あなたの言葉なら」という信仰の姿勢は無教会の女子軍団の「お家芸」。クリスチャンの女性の信仰。
●こういう信仰は男性は苦手。頭の構造が違う。神は両性を想像して、これを軛につないだ。

14:29 「こちらに来なさい」とイエスが言われた。ペテロは舟から下り、水の上を歩いてイエスの所へ行った。


●「こちらに来なさい」というのは死を目前にした者に対する、神の招きの言葉。
●余命宣告を受けた人はこの言葉を信じて「死の川」を渡る。
●神の国に旅立つ喜び


14:30 しかし(いま一足という所で)強い風を見たため、おじけがつき、沈みかけたので、「主よ、お助けください」と叫んだ。

●人の最後の状態は「酷い」。神は酷い。
●クリスチャンは「死におじけづく」ものだ。それが人間として当然。自然。
●神の子イエスにしても「死を目前にして」おびえた。まして人間のわれわれにおいてをや。

塚本訳 マコ 14:32-34
14:32 やがて(オリブ山の麓の)ゲッセマネと呼ばれる地所に着いた。イエスは弟子たちに言われ         る、「わたしの祈りがすむまで、ここに坐って(待って)おれ。」
14:33 そしてペテロとヤコブとヨハネ(だけ)を連れて(奥の方へ)ゆかれると、(急に)おびえ出し、おののきながら
14:34 彼らに言われる、「『心がめいって、』『死にたいぐらいだ。』ここをはなれずに、目を覚ましていてくれ。」

塚本訳 マタ 26:37-38
26:37 そしてペテロとゼベダイの子二人(だけ)を連れて(奥の方へ)ゆかれると、(急に)悲しみおののき始められた。
26:38 それから彼らに言われる、「『心がめいって』『死にたいくらいだ。』ここをはなれずに、わたしと一しょに目を覚ましていてくれ。」

塚本訳 ルカ 22:43-44
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)        地上に落  ちた。


14:31 イエスはすぐ手をのばし、ペテロをつかまえて言われる、「信仰の小さい人よ!なぜ疑うのか。」

●「死の川を渡る時」は神が手を伸ばしてつかまえていてくださる。
●死の時は信仰の真剣勝負
●疑うことはいけないのだが・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想。クリスチャンは死の時にに「はしたなく」おびえても神は手を伸ばしてつかまえてくださる


●日本聖書協会、仮称「新翻訳」パイロット版意見具申 エゼキエル書 30章
●旧約の残りを一日一章やると完成は2019年秋。76歳。
●新約聖書一日一節黙想 ルカ8:47節。この方法は胸が温まる。聖書の力は不思議。
●図書館へ、往復6000歩




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神は酷いことをする・・・しかしそれは「救い」を求める気を起こさせる神の知恵・・・ | Top | 信仰の成長を見る喜び・・・神が育てる・・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4400-f575a8e9
FC2blog user only
| Top |
0814