to 日記と感想 どうしても赦せない苦しみ・・・神の霊を頂いて自由になれる・・・
Top | RSS | Admin

2018.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180503(木)   妻とかなほ、都民の森
    180507(月))10:00 池谷医院
    180502(水)   伊勢かなほ来泊
    180426(木)   群馬、武藤家
    180425(水)11:00 能城一郎牧師来訪


どうしても赦せない苦しみ・・・神の霊を頂いて自由になれる・・・ ++++++++ 所感

2017/06/15 05:56

170615(木)さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。●「どうしても赦せない」苦しみは禍の日である。その時人は神をも呪う。天地を、社会を、敵を、国家を、両親を、兄弟を、親族を、子供を、夫を、妻を、上司を、部下を、キリストを、教会を、牧師を、教会員を、教会の長老を、信者を、然り自分を、自分の運命を。・・・・

口語訳 エレ 20:14
20:14 わたしの生れた日はのろわれよ。母がわたしを産んだ日は祝福を受けるな。

口語訳 ヨブ 3:3
3:3 「わたしの生れた日は滅びうせよ。『男の子が、胎にやどった』と言った夜も/そのようになれ。


●人を赦せとは主の言葉である。

塚本訳 ルカ 17:4
17:4 あなたに対して一日に七度罪を犯しても、七度『すまなかった』と言って、あなたの所へもどってきたら、七度赦してやらねばならない。」

塚本訳 マタ 6:14-15
6:14 (祈る前に、まず人の罪を許さねばならない。)あなた達が人の過ちを赦してやれば、天の父上もあなた達を赦してくださるが、
6:15 人を赦さないならば、父上もあなた達の過ちを赦してくださらないであろう


●ところがこれが出来ないのである。本能がこれを赦さない。「正義」がないがしろにされると思うからである。神がその悪を罰してほしいと思う。正義と赦しの間に挟まれて人はもだえ苦しむのである。人間は不自由である。悪魔が高笑いしている。

塚本訳 ロマ 7:24-25
7:24 なんとわたしはみじめな人間だろう!だれがこの死の体から、わたしを救い出してくれるのだろうか。
7:25 ──神様、感謝します、わたし達の主イエス・キリストによって!──従って、このわたしは理性では神の律法に仕えるが、肉では罪の法則に仕えるのである。


●主の霊を頂く時に初めて人間は不自由な体から救われて自由になれる。

塚本訳 ヨハ 16:8
16:8 そして彼は来ると、罪について、義について、罰について、この世に(その考えの)誤りを認めさせるのであろう。


塚本訳 ヨハ 8:34-36
8:34 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、罪を犯す者は皆罪の奴隷である。
8:35 奴隷はいつまでも家におるわけにゆかない。(いつでも追い出される。しかし)子はいつまでも家におる。
8:36 だから、もし子(たるわたし)が(罪から)自由にしてやれば、あなた達は本当に自由になるのである。(そしていつまでも父上のところにおることができる。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想おわり。「赦せない」という苦しみからは主の霊を頂いて初めて自由になれる。

●日本聖書協会、仮称「新翻訳」パイロット版意見具申 エゼキエル書 39章

 
2017_06150007-1.jpg 
 

自転車で30分。秋川霊園に高橋家の墓の墓参 。墓碑「神は愛なり 高橋家」
 
 2017_06150004-1.jpg 

  墓の掃除。刈込。妻はよく父の散髪をしたものだ。

2017_06150010-1.jpg 
 

墓誌。右から母方祖父、祖母、父・高橋晋(平1992年召天)、母(2004年召天)

旧約の「ヨベルの年」のことを妻と話し合った。土地は神のものなので50年所有したらかみに返さなければならない。墓地も同じではないか。













スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<やすらぎの教会はどこにあるか・・・人それぞれに向くところに導かれる・・・ | Top | 不条理不可解に泣く時・・・それは永遠の命への主の招き・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4416-b8e4dbd0
FC2blog user only
| Top |
0814