to 日記と感想 神が罪を赦す・・・薄れつつある「贖罪論」・・・
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


神が罪を赦す・・・薄れつつある「贖罪論」・・・ ++++++++ 所感

2017/06/19 06:31

170619(月)5時起床。15人+6家族の救霊と平安を祈る。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。●昨日は今井館総会の帰途、月本昭男先生と明大前までご一緒。そこで、先生から最近は「パウロの贖罪論が薄れつつある」という話を伺った。たとえば昨年12月に出た岩波新書「パウロ」(青野太潮)などがそれであると言う。これに対して私は「贖罪論」は説明だからこれを頭で理解しても救われないという見解を述べた。時間切れであったので、今朝はブログで続きを述べる。●「贖罪論」は音楽で言えば楽譜の説明であり、耳に聴こえてくる「音楽」そのものではない。説明は大脳皮質へのものである。料理で言えばレシピであり、舌で味わう料理そのものではない。電化製品の「取扱い説明書」は電化製品の機能そのものではない。●人間の頭にによる「贖罪論」はキリスト教の歴史では無数。アウグスチヌス、ルター、カルヴァン、バルト、ブルンナー、内村鑑三・・・・・いずれも頭への説明。これを頭で信じても頭はすっきりするが救われない。●最近では青野太潮をはじめとする多くの「贖罪論」の説明があるらしい。これらは説明の説明だから読むだけ無駄。時間の無駄。●かってバルトの小著を読んだとき「何だこれは」内村鑑三と同じではないか」と思って、以来バルトは読まない。●この百家争鳴から逃げ出すには「聖書で聖書を読む」ことが道である。無数の教会論、神学論、教会論から逃げ出すには「聖書で聖書を読む」ことが落ち着く、心安らぐ。この無教会の自由な信仰の立場は、ローマ法王や神学博士の立場より喜びである。●若者よ人間の頭による「贖罪論」を去れ。そこで今朝は「神が罪を赦す」というテーゼ」を聖書に見てみよう。

塚本訳 マタ 18:32-33
18:32 すると主人はその家来を呼び出して言う、『不埒な家来、あなたが頼んだから、わたしはあの負債に全部、棒を引いてやったのだ
18:33 だからあなたもわたしに情をかけてもらったように、同僚に情をかけてやるべきではなかったのか。』

塚本訳 マタ 9:2
9:2 するとそこに、人々が寝床にねている一人の中風の者をつれて来た。イエスはその人たちの信仰を見て(驚き)、中風の者に言われた、「子よ、安心せよ、いまあなたの罪は赦された。」

塚本訳 マタ 9:6-8
9:6 では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と言っておいて、中風の者に言われる、「起きて寝床をかついで、家に帰りなさい。」
9:7 すると彼は起き上がって、家に帰って行った。
9:8 群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな全権を人に授けられた神を賛美した。

塚本訳 ヨハ 8:11
8:11 「主よ、だれも」と女がこたえた。イエスが言われた、「わたしも罰しない。おかえり。今からはもう罪を犯さないように。」】

塚本訳 ルカ 19:10
19:10 人の子(わたし)は『滅びうせた者をさがして』救うために来のである。」

塚本訳 ヨハ 12:47
12:47 しかしわたしの言葉を聞いて守らぬものがあっても、わたしはその人を罰しない。なぜなら、わたしは世を罰するために来たのでなく、世を救うために来のだから。

塚本訳 ヨハ 5:39-40
5:39 あなた達は聖書(旧約)をもっていることが永遠の命を持っていることのように思って、それを研究している。ところがこの聖書は、(永遠の命である)このわたしのことを証明しているのに、                     5:40 あなた達はその命を得るためわたしの所に来ようとしない。

塚本訳 Ⅰコリ1:11-13
1:11 わたしの兄弟たちよ、あなた達の間に喧嘩があることを、クロエの家の者たちから知らせてきた。
1:12 もっとはっきり言うとこうである。──あなた達はめいめい、「わたしはパウロ(先生)に」、「わたしはアポロ(先生)に」、「わたしはケパ(先生)に」、わたしは(主)キリストに」と言っている。
1:13 救世主が分裂しているのか。まさかパウロがあなた達のために十字架につけられたのではあるまい。それとも、(キリストでなく)パウロの名で、あなた達は洗礼を受けたというのか。

塚本訳 Ⅰコリ1:17
1:17 救世主がわたしをお遣わしになったのは、洗礼を授けさせるためでなく、福音を説かせるためなのだから。それも、言葉の上の知恵をもって(説くの)ではない。それでは(人間の言葉の力が大きくなり)、キリストの十字架(の救い)が空虚なものになる恐れがあるからである。

塚本訳 Ⅰコリ3:4-5
3:4 一人が「わたしパウロ(先生)に」と言い、他の一人が「わたしはアポロ(先生)に」と言うとき、あなた達は(ただの)人間ではないか。
3:5 それなら、いったいアポロはなんだ、パウロはなんだ、(ただ)使用人で、彼らによってあなた達が信仰に入ったまでであり、しかもそれは、それぞれ二人に主がお命じになったように働いたのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想おわり。人間の信仰で罪が赦されるのではない。神自らが罪を赦してくださる。

●NI牧師(「Jバイブル」の開発者)から「聖書信仰の成熟をめざして」という本を頂いた。日本における聖書のIT化を通観し、その中で拙ホームページの、「聖書で聖書を読む」(BbB)のことを「日本で一番人気の聖書研究サイトである」と高い評価が書かれていた。長年の労が報われた感じで感謝である。協力スタッフに感謝。●「聖書で聖書を読む」ことをすれば、信仰が曲がることはない。ブレルことはない。人間の頭で構築する凡百の「贖罪論」に毒されることはない。振り回されることはない。

http://www.bbbible.com/

2017_06190001.jpg 

我が家を南側ら見る。梅雨の間の晴れの暑い日。








スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<実生活を通して聖書を学ぶ・・・次回集会感話の結論・・・ | Top | 救いの段階・・・神の恩恵の導き・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4420-33d5932e
FC2blog user only
| Top |
0814