to 日記と感想 「永遠の命」を得るにはどうしたらよいか・・・一生懸命求めれば神に与えられる・・・
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


「永遠の命」を得るにはどうしたらよいか・・・一生懸命求めれば神に与えられる・・・ ++++++++ 所感

2017/06/26 06:03

170626(月)昨夜は夜中に足がつってどうしようもなく痛かった。●5時起床。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●16人+6家族の救霊と平安を祈る●朝の啓示「永遠の命を得るにはどうしたらよいか・・・一生懸命求めれば神に与えられる・・・」これ「主」の言わんとするところである。今朝はこの真理について「聖書で聖書を読む」ことにしてみよう。●「聖書の生活読み」は無教会のルーツとでも言うべき「敬虔主義」(ピエティスムス)の態度であった。その結果、聖書註解の王と言われるベンゲルが生まれ、幸福論のヒルテイが生まれた。わが無教会の聖書に対する姿勢もその流れである。神学をやらない、聖書学をやらない。牧会をしない。伝道をしない。天下国家を批判して社会改造をしようとしない。与えられた実生活の悩みを聖書に聴く。聖書で聖書を読む。信仰を生活する。これが天に宝を積むことで神に覚えられる。

塚本訳 マコ 10:17-18
10:17 旅行に出ようとされると、ひとりの人が駆けてきて、ひざまずいて尋ねた、「善い先生、永遠の命をいただくには、何をすればよいでしょうか。
10:18 イエスは言われた、「なぜわたしを『善い』と言うのか。神お一人のほかに、だれも善い者はない


●「永遠の命」は人類究極の願いであるから、これを求めることは「真面目」な正しいことである。地上の完成を人生の目的にするな。
●しかし「永遠の命」を得る方法を人間に聞いてはいけなかった。主はそれを言うのだ。この世に「善い先生はいない。神のほか善い先生はいない。パウロ、ローマ法王、ルター、カルヴァン、内村、・・・これは皆「善い先生」ではあるが人間である。その思想に救いはない。その思想を絶対化するから「教派争い」「いがみ合い」が起こる。●東京神学大学の某教授は同僚の教授を殴ったことがあるという。人間の思想神学を「商売」にしているからである。天でキリストが泣く。

塚本訳 ルカ 11:9-13
11:9 それで、わたしもあなた達に言う、(ほしいものはなんでも神に)求めよ、きっと与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける。
11:10 だれであろうと、求める者は受け、さがす者は見つけ、戸をたたく者はあけていただけるのだから。
11:11 あなた達のうちのどんなお父さんでも、子が魚を求めるのに、魚の代りに蛇をやるだろうか。
11:12 また卵を求めるのに、蝎をやるだろうか。
11:13 してみると、あなた達は悪い人間でありながらも、自分の子に善い物をやることを知っている。まして天の父上が、求める者に聖霊(という善いもの)を下さらないことがあるだろうか。」


●「永遠の命」は商取引きのゆにしては得られない。求めていればそのうちに「きっと」神が気を変えて与えてくださる。

塚本訳 ルカ 13:23-24
13:23 するとある人が「主よ、救われる者は少ないでしょうか」と尋ねた。人々に言われた、
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。


●全力を尽くすことが大切。受験勉強の姿勢、オリンピックで金メダルを得る姿勢、ノーべtる賞を取る姿勢。

塚本訳 ルカ 16:16
16:16 (あなた達は聖書を誇るが、時代はもう変っている。)律法と預言書と([聖書]の時代)は(洗礼者)ヨハネ(の現われる時)までで、その時以来神の国の福音は伝えられ、だれもかれも暴力で攻め入っている


●「永遠の命」は暴力的に熱心にならなければならない。「全財産を捨ててでも」の気持ちが必要だ。

塚本訳 ヨハ 4:13-15
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」
4:15 女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またここに汲みに来なくてもよいように。」


●「主よ、その水を下さい」。この姿勢が必要。この女性はバ離婚五回で今は正式結婚ではない同棲中の身。どうしようもないメチャクチャ人生。人間的には男に嫌われる欠点の多い、魅力のない女であったのかもしれない。親が悪く、育ちが悪かった、家庭環境が悪かった、学校も悪かったのかもしれない。しかし神の目には最高の女性になった。万歳!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。あの「悩みの人」が真面目になって永遠の命を求めるようになりますように。私の子供、孫、兄弟、集会のご家族が「永遠の命」という最も善いものを求める気を起こしますように。そのきになりさえすれば神はきっと、そのうちに与えたくださる。

●日本聖書協会、仮称「新翻訳」パイロット版意見具申 列王記上 1章 今日から列王記上下 47日間
●妻はコー^ラスもでらあと





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<極度に淋しく哀しい時・・・その時「私だ」という声が響く・・・ | Top | 「すみませんでした。」の心・・・私の心を悩ませるアノ人は神が救う。>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4428-b164fe4b
FC2blog user only
| Top |
0814