to 日記と感想 各種依存症からの救い・・・祈りはきっと聴かれるから祈り合え・・・
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


各種依存症からの救い・・・祈りはきっと聴かれるから祈り合え・・・ ++++++++ 所感

2017/07/02 05:54

170702(日)3時15分目覚め、4時起床。16人+6家族の救霊と平安を祈る●朝の啓示「各種依存症からの救い・・・祈りはきっと聴かれるから祈り合え・・・」●現代の深い病に各種依存症がある。アルコール、ニコチン、麻薬、ギャンブル、風俗、それにスマートホンもそうであるとは某精神科医の指摘である。この病理は悪魔の仕業(しわざ)である。心が満たされないから悪魔に導かれてあらぬものに溺れるのだ。家庭崩壊の原因である。●ここがキリスト教の「出番」、キリストに来てもらわなければならない●「ミルトンよ今あれかし。英国は今汝を要す。来たりて我らを教えよ」というワーズワースの言葉は我が国にも当てはまる。英国の場合はウェスレー(メソジスト教会の祖)が出て英国を救った。各種依存症は家庭が苦しむ。しかしその苦しみは贖罪である。宥めの供え物であるその深い悩みと涙は。神はご存知である。全能の神は祈りを聴いて霊を追い出す。祈りはきっと聴かれるから互いにい祈り合え。今朝はこのことを巡って思い浮かぶ聖句を掲げる。順不同思いつくまま。

塚本訳 ルカ 17:6
17:6 主が言われた、「もしあなた達に芥子粒ほどでも信仰があれば、──(あなた達にはそれがないが、もしあれば)──この桑の木にむかい『抜けて海に植われ』と言っても、言うことを聞くであろう。


●桑の木の根は強くてなかなか抜けないそうだ。しかし祈りの力で抜けるという、依存症からの救いも同じと信ずる。神は全能。

本訳 ヨハ 9:2-3
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。


●依存症になった原因を探って、解決しよう思い、また予防しようとも思うが、悪魔は強いからかなわない。人は悪魔に負ける。

塚本訳 マタ 6:13
6:13 わたしたちを試みにあわせないで、悪から守ってください


●主は「主の祈り」でこのように教えられた。毎日祈るべきことなのだ。

塚本訳 マコ 9:21-26
9:21 イエスが父親に尋ねられた、「こうなってから、どのくらいになるか。」父親がこたえた、「子供の時からです。
9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」
9:24 即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けください。」
9:25 イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二度と入るな!」
9:26 霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死んだようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。


●山室軍平の「平民の福音」には遊郭の主人が商売繁盛を祈るのも、息子の放蕩を救ってくださいという母親の祈りも、同じ紙に捧げられているから日本の神には救いがないという。これに反してキリスト教の神は個人も家庭も清めて救う。ここに先に救われた者が受ける迫害がある。●泥沼にハスの花が咲く。賀川豊彦は妾の子供、神は彼に襲いかかって彼を清めて救った。マザーテレサをしのぐ働きをしていた。

塚本訳 マコ 9:28-29
9:28 家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわたし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」
9:29 彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)では決して出てゆかせることは出来ない
。」


●依存症の人間は、親が悪い、友人が悪い、学校が悪い、家庭環境が悪いと思いがちだが、この聖句は祈りがあれば救われるということを教えてくれる。

塚本訳 マタ 18:19-20
18:19 なお、アーメン、わたしは言う、何事によらず、もしあなた達のうちの二人が心を一つにして地上で祈るならば、わたしの天の父上は(きっとその願いを)かなえてくださるだろう。
18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」


●過日来訪されたN牧師に、私が抱えている依存症の人間とその苦しみの家族のことを話すと、名前を書きとめて行かれた。きっと祈ってくださるのであろう。ここにこの世ならざる愛を感じた。これがエクレシアの本質。教会も無教会もない。ここに最小の真の教会がある。

塚本訳 ルカ 9:23
9:23 それから今度は皆に話された、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、毎日自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


●「自分の十字架」とは深い言葉だ。キリスト信者は負わされる十字架がある。

塚本訳 マタ 11:28
11:28 さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。

●十字架は重くて負えない。倒れ伏す。悪魔はそれを目的としている。ゴルゴだの道でイエスは倒れた。しかしクレネ人シモンが現れてそれを負った。

塚本訳 ルカ 22:42-44
22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた


●苦しみもだえながら祈る時、神が楽にしてくださる。イエスには天使が現れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の啓示黙想おわり。アウグスチヌスの母モニカはミラノの大主教アンブロウシウスに「息子の放蕩」の嘆きを訴えると「涙の子は滅びません」と答えた。アウグスチヌスは回心し、カトリック教会の土台石になった。祈りは聴かれた。●塚本訳新約聖書に「きっと」という訳語が21回も出てくる。翻訳は訳者の信仰が現れる。

●10:00 東京聖書読者会、高橋トミ子(司会)、横田(塚本講演「エペソ書」朗読)、高橋照男(ルカ4:31-37
下記サイト
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/170701.htm

●帰途、新宿で恵の独立学園時の同期生である石垣氏から「恵君のお父さんではありませんか」と声をかけられた。日本キリスト教団の「こころ」という新聞に恵のことが出ていることが話題になった。

●昨年、石井弘氏かrた頂いた書籍のうち、旧約知識が必要になったと言うのでお返しした。それにしても昭和10年頃に学問的にこれほど高い水準の雑誌が出ていたとは驚きである。当時千部近く出ていたという。関根正雄や中沢洽樹などの揺籃期である。















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<祈りは本当に聴かれるか・・・主に問い質(ただ)す・・・ | Top | キリスト信者の忍耐・・・御心のままに、御心のままに・・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4434-54dab027
FC2blog user only
| Top |
0814