to 日記と感想 福音は目ではなく、耳から伝わる・・・言葉の源流は霊。会ううことの神秘性・・・
Top | RSS | Admin

2018.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180503(木)   妻とかなほ、都民の森
    180507(月))10:00 池谷医院
    180502(水)   伊勢かなほ来泊
    180426(木)   群馬、武藤家
    180425(水)11:00 能城一郎牧師来訪


福音は目ではなく、耳から伝わる・・・言葉の源流は霊。会ううことの神秘性・・・ ++++++++ 所感

2017/07/30 08:03

170730(日)4時起床、18人+6家族の救霊と平安を祈る。私の祈りに中に入っている人は救われる。神が知っていてくださるから。●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。●先日来、「福音は文字ではなく、耳で伝わる」ということを考え続けてきている。無教会は「聖書、聖書」と言っているが、聖書は文字である。神の霊に寄らなければ聖書の本質は解らない。霊の眼が開けれれなければ、いくら文字を通して目から大脳皮質に情報を伝えても福音は伝わらない。無教会が伝道の手段として「文字」にのみ頼っていたから、今日の衰退をもたらしている。●そこで今朝は神の福音は耳で伝えられることを聖書のアチコチに見てみよう。●「会うこと」の神秘性が福音が伝わる原理である。イエスは本を書かなかった。もっぱら言葉を発した。

塚本訳 ヨハ 1:1
1:1 (世の)始めに、(すでに)言葉はおられた。言葉は神とともにおられた。言葉は神であった。

塚本訳 ヨハ 12:49-50
12:49 わたしは自分勝手に話したのではない。わたしを遣わされた父上が、何を言い、何を話すべきかを命じられたのである。
12:50 わたしは父上のこの命令が永遠の命であることを知っている。だからわたしが話していることは、父上の言われたことと寸分ちがわないのである。」

塚本訳 ロマ 10:17
10:17 [(だから、(いま言ったように、)信仰は(福音を)聞くことから、聞くことはキリストの(伝道の)命令から生まれる。]

塚本訳 マタ 10:27
10:27 わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされたことを屋根の上で宣伝せよ


塚本訳 ルカ 12:3
12:3 (伝道も同じである。)だからあなた達が暗闇で(こっそり)言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の部屋で耳にささやいたことは、屋根の上で宣伝される(時が来る)のである。

塚本訳 マタ 18:19-20
18:19 なお、アーメン、わたしは言う、何事によらず、もしあなた達のうちの二人が心を一つにして地上で祈るならば、わたしの天の父上は(きっとその願いを)かなえてくださるだろう。
18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから
。」

塚本訳 マタ 13:17
13:17 アーメン、わたしは言う、多くの預言者と義人とは、あなた達が(いま)見ているものを見たい見たいと思ったが見られず、あなた達が(いま)聞いているものを聞きたい聞きたいと思ったが、聞かれなかったのである

塚本訳 ルカ 23:8
23:8 ヘロデはイエスを見ると非常に喜んだ。というのは、イエスの噂を聞いて、だいぶ前から会ってみたいと思っており、また何か奇跡をするのを見たいと望んでいたからである。

塚本訳 Ⅱコリ3:6
3:6 神はわたし達に、新しい契約のための世話役、(すなわち古い契約にある律法の)文字のためではなく、(神の)霊のための世話役たる能力をお与えになったのである。文字は殺すが、霊は命を与えるからである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。人は神に話しかけられて救われる。霊のみ耳で聞こえる。文字を読むというのは人間の側からの行為だから、それでは」救われない

●日本聖書協会、仮称「新翻訳」パイロット版意見具申 列王記下 10 章
●夕食は得意の野菜炒めを妻の分も作った。
●妻は安積黎明高等学校合唱団&安積フィメールコール東京、第三回ジョイントコンサートに行く。(めぐろパーシモンホール)に行く。非常にうまかったと言う。
●その後、原宿リハビリテーション病院に、無教会のMYさん(脳出血)を見舞う。私の経験が話題になったと言う。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<病の悩みは神の招き・・神は最善を下さる・・・ | Top | 幸福の喪失を嘆くな・・・それは皆異教人の欲しがるもの。永遠の命を喜べ・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4463-6d9d344e
FC2blog user only
| Top |
0814