to 日記と感想 誓うな・・・信仰による人生は「人間的決心」ではない。神に委ねよ・・・・
Top | RSS | Admin

2018.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2018.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180503(木)   妻とかなほ、都民の森
    180507(月))10:00 池谷医院
    180502(水)   伊勢かなほ来泊
    180426(木)   群馬、武藤家
    180425(水)11:00 能城一郎牧師来訪
    180422(日)13:00 高橋実祈ピアノ八発表会、望、満二歳誕生日、新浦安
    180405(木)12:30 ロマリンダクリニック、午後富永先生御実家
    180314(水)12:00高校同窓会。ナビス横浜
    180310(土)10:00 今井館で結婚式、式辞


誓うな・・・信仰による人生は「人間的決心」ではない。神に委ねよ・・・・ ++++++++ 所感

2017/12/29 06:31

171229(金)目覚めると隣に孫娘が寝ている。昨夜は妻と三人で川の字になって寝たからだ。こういうことも何回あるかわからない。親が子どもと過ごす期間は短い。ましてや孫とはなお短い。●23人+6家族の祈り。御心のままに、御心のままに●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日のブログでは結婚式の「誓約」について書いた。しかし信仰による人生は「人間的決心」ではない。人間の決心はもろい。ペテロの「決心」はすぐ崩れた。

塚本訳 マタ 26:35
26:35 ペテロが言う、「たとえご一しょに死なねばならなくても、あなたを知らないなどとは、決して申しません。」(ほかの)弟子たちも皆、口をそろえてそう言った。

塚本訳 マタ 26:74-75
26:74 そこでペテロは、「そんな男は知らない。(これが嘘なら、呪われてもよい)」と、幾たびも呪いをかけて誓った。するとすぐ鶏が鳴いた。
26:75 ペテロは、「鶏が鳴く前に、三度、わたしを知らないと言う」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出ていって、さめざめと泣いた

●主は「誓ってはならない」と言った。すると昨日書いた「誓約」と矛盾する。

塚本訳 マタ 5:33-37
5:33 さらにあなた達は昔の人が(モーセから)、『偽りの誓いをしてはならない、』また『誓ったことは主に対して果たさねばならない』と命じられたことを聞いたであろう。
5:34 しかしわたしはあなた達に言う、いっさい誓ってはならない。神の御名はもちろん、『天』にかけても(誓ってはならない)。(天は)『神の御座である』から。
5:35 『大地』にかけても。(大地は)『神の足台である』から。エルサレムにかけても。(エルサレムは)『大王(なる神)の都』であるから。
5:36 自分の頭にかけても誓ってはならない。(頭は神のもので、)あなたは髪の毛一本を、白くも黒くも出来ないのであるから。
5:37 あなた達はただはっきり『はい』とか、『いいえ』とだけ言え。これ以上は悪魔が言わせるのである

●これは難解である。「誓ってはならない」としたら「約束手形」は発行できないのでこの世の経済活動は出来ない。第一に主は「契約の血」と言われた。契約はそもそも「約束」である。

塚本訳 マタ 20:1-2
20:1 (なぜであろう。)天の国は、家の主人が夜の引明けに出ていって、葡萄畑に労働者を雇うのに似ているからである。
20:2 一日一デナリ[五百円]の約束で、労働者たちを葡萄畑にやった。

塚本訳 マタ 20:13
20:13 主人がその一人に答えた、『君、わたしは何も間違ったことをあなたにした覚えはない。一デナリの約束ではなかったのか。

塚本訳 マタ 26:27-28
26:27 また杯を取り、(神に)感謝したのち、彼らに渡して言われた、「皆この杯から飲みなさい。
26:28 これは多くの人の罪を赦されるために流す、わたしの『約束の血』であるから。

●では「誓ってはならない」という「主の言葉」の本質は何か。今朝はこれを探求しよう。何か重大な発見がありそうな気がする。

●まずマタイ5:34の翻訳比較。拙HP利用。


聖書協会共同訳パイロット版2016

34しかし、私はあなたがたに言う。一切誓ってはならない。天にかけても誓ってはならない。そこは神の座である。

 

岩波翻訳委員会訳1995

400534しかし、この私はあなたたちに言う、一切誓うな。天にかけても〔誓うな〕。神の御座だからである。

 

新共同訳1987

5:34 しかし、わたしは言っておく。一切誓いを立ててはならない。天にかけて誓ってはならない。そこは神の玉座である。

 

前田訳1978

5:34 しかしわたしはあなた方にいう、いっさい誓うな、天にかけても、神のみ座であるから。

 

新改訳1970

5:34 しかし、わたしはあなたがたに言います。決して誓ってはいけません。すなわち、天をさして誓ってはいけません。そこは神の御座だからです。

 

塚本訳1963

5:34 しかしわたしはあなた達に言う、いっさい誓ってはならない。神の御名はもちろん、『天』にかけても(誓ってはならない)。(天は)『神の御座である』から。

 

口語訳1955

5:34 しかし、わたしはあなたがたに言う。いっさい誓ってはならない。天をさして誓うな。そこは神の御座であるから。

 

文語訳1917

"400534","されど我は汝らに告ぐ、一切ちかふな、天を指して誓ふな、神の御座なればなり。"

 

●これを読む限り、結婚式の「誓約」は出来ない。困った。特に人間的な誓いは悪魔が言わせるとなればなおさらである。

塚本訳 マタ 5:36-37
5:36 自分の頭にかけても誓ってはならない。(頭は神のもので、)あなたは髪の毛一本を、白くも黒くも出来ないのであるから。
5:37 あなた達はただはっきり『はい』とか、『いいえ』とだけ言え。これ以上は悪魔が言わせるのである

●この難問を「聖書で聖書を読む」方法で解読してみよう。
●まず、TSK 拙HP地用

誓」

Deuteronomy 23:21-23

21あなたの神、主に誓願をかける時、それを果すことを怠ってはならない。あなたの神、主は必ずそれをあなたに求められるからである。それを怠るときは罪を得るであろう。  22しかし、あなたが誓願をかけないならば、罪を得ることはない。  23あなたが口で言った事は守って行わなければならない。あなたが口で約束した事は、あなたの神、主にあなたが自発的に誓願したのだからである。

Ecclesiastes 9:2

 2すべての人に臨むところは、みな同様である。正しい者にも正しくない者にも、善良な者にも悪い者にも、清い者にも汚れた者にも、犠牲をささげる者にも、犠牲をささげない者にも、その臨むところは同様である。善良な人も罪びとも異なることはない。誓いをなす者も、誓いをなすことを恐れる者も異なることはない。

James 5:12

 12さて、わたしの兄弟たちよ。何はともあれ、誓いをしてはならない。天をさしても、地をさしても、あるいは、そのほかのどんな誓いによっても、いっさい誓ってはならない。むしろ、「しかり」を「しかり」とし、「否」を「否」としなさい。そうしないと、あなたがたは、さばきを受けることになる。

 

「天」

Isaiah 57:15

15いと高く、いと上なる者、とこしえに住む者、その名を聖ととなえられる者がこう言われる、「わたしは高く、聖なる所に住み、また心砕けて、へりくだる者と共に住み、へりくだる者の霊をいかし、砕ける者の心をいかす。

Isaiah 66:1

 1主はこう言われる、「天はわが位、地はわが足台である。あなたがたはわたしのためにどんな家を/建てようとするのか。またどんな所がわが休み所となるのか」。

Matthew 23:16-22

 16盲目な案内者たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは言う、『神殿をさして誓うなら、そのままでよいが、神殿の黄金をさして誓うなら、果す責任がある』と。  17愚かな盲目な人たちよ。黄金と、黄金を神聖にする神殿と、どちらが大事なのか。  18また、あなたがたは言う、『祭壇をさして誓うなら、そのままでよいが、その上の供え物をさして誓うなら、果す責任がある』と。  19盲目な人たちよ。供え物と供え物を神聖にする祭壇とどちらが大事なのか。  20祭壇をさして誓う者は、祭壇と、その上にあるすべての物とをさして誓うのである。  21神殿をさして誓う者は、神殿とその中に住んでおられるかたとをさして誓うのである。  22また、天をさして誓う者は、神の御座とその上にすわっておられるかたとをさして誓うのである。

 

 

●マタ 5:35

5:35 また地をさして誓うな。そこは神の足台であるから。またエルサレムをさして誓うな。それは『大王の都』であるから。

 

*「神の足台」

Psalms 99:5

5われらの神、主をあがめ、その足台のもとで拝みまつれ。主は聖でいらせられる。

 

*「大王の都」

2 Chronicles 6:6

6わが名を置くために、ただエルサレムだけを選び、またわが民イスラエルを治めさせるために、ただダビデだけを選んだ』。

Psalms 48:2

 2主は大いなる神であって、われらの神の都、その聖なる山で、大いにほめたたえらるべき方である。

Psalms 87:2

 2主が基をすえられた都は聖なる山の上に立つ。

Malachi 1:14

 14群れのうちに雄の獣があり、それをささげると誓いを立てているのに、傷のあるものを、主にささげる偽り者はのろわれる。わたしは大いなる王で、わが名は国々のうちに恐れられるべきであると、万軍の主は言われる。

Revelation of John 21:2

 2また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。

Revelation of John 21:10

 10この御使は、わたしを御霊に感じたまま、大きな高い山に連れて行き、聖都エルサレムが、神の栄光のうちに、神のみもとを出て天から下って来るのを見せてくれた。

 

 

●マタ 5:36

5:36 また、自分の頭をさして誓うな。あなたは髪の毛一すじさえ、白くも黒くもすることができない。

 

*「誓うな」

Matthew 23:16-21

16盲目な案内者たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは言う、『神殿をさして誓うなら、そのままでよいが、神殿の黄金をさして誓うなら、果す責任がある』と。  17愚かな盲目な人たちよ。黄金と、黄金を神聖にする神殿と、どちらが大事なのか。  18また、あなたがたは言う、『祭壇をさして誓うなら、そのままでよいが、その上の供え物をさして誓うなら、果す責任がある』と。  19盲目な人たちよ。供え物と供え物を神聖にする祭壇とどちらが大事なのか。  20祭壇をさして誓う者は、祭壇と、その上にあるすべての物とをさして誓うのである。  21神殿をさして誓う者は、神殿とその中に住んでおられるかたとをさして誓うのである。

 

*「あなたは髪の毛一すじさえ、白くも黒くもすることができない」

Matthew 6:27

27あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。

Luke 12:25

 25あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。

 

 

●マタ 5:37

5:37 あなたがたの言葉は、ただ、しかり、しかり、否、否、であるべきだ。それ以上に出ることは、悪から来るのである。

 

*「しかり、しかり、否、否」

2 Corinthians 1:17-20

17この計画を立てたのは、軽率なことであったであろうか。それとも、自分の計画を肉の思いによって計画したため、わたしの「しかり、しかり」が同時に「否、否」であったのだろうか。  18神の真実にかけて言うが、あなたがたに対するわたしの言葉は、「しかり」と同時に、「否」というようなものではない。  19なぜなら、わたしたち、すなわち、わたしとシルワノとテモテとが、あなたがたに宣べ伝えた神の子キリスト・イエスは、「しかり」となると同時に「否」となったのではない。そうではなく、「しかり」がイエスにおいて実現されたのである。  20なぜなら、神の約束はことごとく、彼において「しかり」となったからである。だから、わたしたちは、彼によって「アァメン」と唱えて、神に栄光を帰するのである。

Colossians 4:6

 6いつも、塩で味つけられた、やさしい言葉を使いなさい。そうすれば、ひとりびとりに対してどう答えるべきか、わかるであろう。

James 5:12

 12さて、わたしの兄弟たちよ。何はともあれ、誓いをしてはならない。天をさしても、地をさしても、あるいは、そのほかのどんな誓いによっても、いっさい誓ってはならない。むしろ、「しかり」を「しかり」とし、「否」を「否」としなさい。そうしないと、あなたがたは、さばきを受けることになる。

 

*「それ以上に出ることは、悪から来る」

Matthew 13:19

19だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。

Matthew 15:19

 19というのは、悪い思い、すなわち、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、誹りは、心の中から出てくるのであって、

John 8:44

 44あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。彼は初めから、人殺しであって、真理に立つ者ではない。彼のうちには真理がないからである。彼が偽りを言うとき、いつも自分の本音をはいているのである。彼は偽り者であり、偽りの父であるからだ。

Ephesians 4:25

 25こういうわけだから、あなたがたは偽りを捨てて、おのおの隣り人に対して、真実を語りなさい。わたしたちは、お互に肢体なのであるから。

Colossians 3:9

 9互にうそを言ってはならない。あなたがたは、古き人をその行いと一緒に脱ぎ捨て、

James 5:12

 12さて、わたしの兄弟たちよ。何はともあれ、誓いをしてはならない。天をさしても、地をさしても、あるいは、そのほかのどんな誓いによっても、いっさい誓ってはならない。むしろ、「しかり」を「しかり」とし、「否」を「否」としなさい。そうしないと、あなたがたは、さばきを受けることになる。

●次はBbB 拙HP

各国聖書引照

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

・・・・

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 マタ 6:13

6:13 わたしたちを誘惑に遭わせず、/悪い者から救ってください。』

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳 マタ 23:16-23

23:16 盲目な案内者たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは言う、『神殿をさして誓うなら、そのままでよいが、神殿の黄金をさして誓うなら、果す責任がある』と。

23:17 愚かな盲目な人たちよ。黄金と、黄金を神聖にする神殿と、どちらが大事なのか。

23:18 また、あなたがたは言う、『祭壇をさして誓うなら、そのままでよいが、その上の供え物をさして誓うなら、果す責任がある』と。

23:19 盲目な人たちよ。供え物と供え物を神聖にする祭壇とどちらが大事なのか。

23:20 祭壇をさして誓う者は、祭壇と、その上にあるすべての物とをさして誓うのである。

23:21 神殿をさして誓う者は、神殿とその中に住んでおられるかたとをさして誓うのである。

23:22 また、天をさして誓う者は、神の御座とその上にすわっておられるかたとをさして誓うのである。

23:23 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。はっか、いのんど、クミンなどの薬味の十分の一を宮に納めておりながら、律法の中でもっと重要な、公平とあわれみと忠実とを見のがしている。それもしなければならないが、これも見のがしてはならない。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳 レビ 19:12

19:12 わたしの名により偽り誓って、あなたがたの神の名を汚してはならない。わたしは主である。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳 民  30:2

30:2 もし人が主に誓願をかけ、またはその身に物断ちをしようと誓いをするならば、その言葉を破ってはならない。口で言ったとおりにすべて行わなければならない。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳 詩  50:14

50:14 感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き者に果せ。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳 ヤコ 5:12

5:12 さて、わたしの兄弟たちよ。何はともあれ、誓いをしてはならない。天をさしても、地をさしても、あるいは、そのほかのどんな誓いによっても、いっさい誓ってはならない。むしろ、「しかり」を「しかり」とし、「否」を「否」としなさい。そうしないと、あなたがたは、さばきを受けることになる。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳 コロ 4:6

4:6 いつも、塩で味つけられた、やさしい言葉を使いなさい。そうすれば、ひとりびとりに対してどう答えるべきか、わかるであろう。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

(日)新共同訳1987 の引照

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 Ⅰテモ1:10

1:10 みだらな行いをする者、男色をする者、誘拐する者、偽りを言う者、偽証する者のために与えられ、そのほか、健全な教えに反することがあれば、そのために与えられているのです。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 ヤコ 5:12

5:12 わたしの兄弟たち、何よりもまず、誓いを立ててはなりません。天や地を指して、あるいは、そのほかどんな誓い方によってであろうと。裁きを受けないようにするために、あなたがたは「然り」は「然り」とし、「否」は「否」としなさい。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 使  7:49

7:49 『主は言われる。「天はわたしの王座、/地はわたしの足台。お前たちは、わたしに/どんな家を建ててくれると言うのか。わたしの憩う場所はどこにあるのか。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 エペ 6:16

6:16 なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 Ⅱテサ3:3

3:3 しかし、主は真実な方です。必ずあなたがたを強め、悪い者から守ってくださいます。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 Ⅰヨハ2:13

2:13 父たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、/あなたがたが、初めから存在なさる方を/知っているからである。若者たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、/あなたがたが悪い者に打ち勝ったからである。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 Ⅰヨハ3:12

3:12 カインのようになってはなりません。彼は悪い者に属して、兄弟を殺しました。なぜ殺したのか。自分の行いが悪く、兄弟の行いが正しかったからです。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同 Ⅰヨハ5:18

5:18 わたしたちは知っています。すべて神から生まれた者は罪を犯しません。神からお生まれになった方が、その人を守ってくださり、悪い者は手を触れることができません。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳 Ⅱコリ1:17-19

1:17 この計画を立てたのは、軽率なことであったであろうか。それとも、自分の計画を肉の思いによって計画したため、わたしの「しかり、しかり」が同時に「否、否」であったのだろうか。

1:18 神の真実にかけて言うが、あなたがたに対するわたしの言葉は、「しかり」と同時に、「否」というようなものではない。

1:19 なぜなら、わたしたち、すなわち、わたしとシルワノとテモテとが、あなたがたに宣べ伝えた神の子キリスト・イエスは、「しかり」となると同時に「否」となったのではない。そうではなく、「しかり」がイエスにおいて実現されたのである。

●次は黒崎 拙HPから


5章34節 されど(われ)(なんぢ)らに()ぐ、一切(すべて)ちかふな、(てん)()して(ちか)ふな、(かみ)御座(みくら)なればなり。[引照]

口語訳しかし、わたしはあなたがたに言う。いっさい誓ってはならない。天をさして誓うな。そこは神の御座であるから。
塚本訳しかしわたしはあなた達に言う、いっさい誓ってはならない。神の御名はもちろん、“天”にかけても(誓ってはならない)。(天は)“神の御座である”から。
前田訳しかしわたしはあなた方にいう、いっさい誓うな、天にかけても、神のみ座であるから。
新共同しかし、わたしは言っておく。一切誓いを立ててはならない。天にかけて誓ってはならない。そこは神の玉座である。
NIVBut I tell you, Do not swear at all: either by heaven, for it is God's throne;
辞解
[神の御座] イザヤ66:1よりの引用であって、神の支配の天地にあまねきを示す。ただし天には神の完全なる顕在があり、地にはただ神の足跡をのみ見ることができるに過ぎない。

5章35節 ()()して(ちか)ふな、(かみ)足臺(あしだい)なればなり。エルサレムを()して(ちか)ふな、大君(おほきみ)(みやこ)なればなり。[引照]

口語訳また地をさして誓うな。そこは神の足台であるから。またエルサレムをさして誓うな。それは『大王の都』であるから。
塚本訳“大地”にかけても。(大地は)“神の足台である”から。エルサレムにかけても。(エルサレムは)“大王(なる神)の都”であるから。
前田訳地にかけても、神の足台であるから。エルサレムにかけても、大君(おおぎみ)の都であるから。
新共同地にかけて誓ってはならない。そこは神の足台である。エルサレムにかけて誓ってはならない。そこは大王の都である。
NIVor by the earth, for it is his footstool; or by Jerusalem, for it is the city of the Great King.
辞解
[神の足臺] (あしだい)前節「神の御座」の辞解参照。
[大君] (おおぎみ)メシヤのこと。

5章36節 (おの)(かしら)()して(ちか)ふな、なんぢ頭髮(かみのけ)一筋(ひとすじ)だに(しろ)くし、また(くろ)くし(あた)はねばなり。[引照]

口語訳また、自分の頭をさして誓うな。あなたは髪の毛一すじさえ、白くも黒くもすることができない。
塚本訳自分の頭にかけても誓ってはならない。(頭は神のもので、)あなたは髪の毛一本を、白くも黒くも出来ないのであるから。
前田訳あなたの頭にかけても誓うな、髪一本白くも黒くもできないから。
新共同また、あなたの頭にかけて誓ってはならない。髪の毛一本すら、あなたは白くも黒くもできないからである。
NIVAnd do not swear by your head, for you cannot make even one hair white or black.
註解: 当時ユダヤには神のみならず、種々の被造物を指して誓う習慣があった。これ自己の不誠実をおおわんがための手段に過ぎなかった。のみならずその指す目的物の如何によりて、これを守る必要の有無すら生ずるに至った(23:16-18)。かかる意味の誓いは誓いそれ自身がすでに虚偽を含んでいるのみならず、誓いをなすに至れる心が誠実を失っている。ゆえに「一切誓うな」とイエスは言い給い、かかる心とかかる習俗とを一掃し給うた。「天」も「地」も「頭髪」も皆神の被造物であって、これらを指すことと神を指すこととの間には差異がない。

5章37節 ただ(しか)(しか)り、(いな)(いな)といへ、(これ)()ぐるは(あく)より()づるなり。[引照]

口語訳あなたがたの言葉は、ただ、しかり、しかり、否、否、であるべきだ。それ以上に出ることは、悪から来るのである。
塚本訳あなた達はただはっきり『はい』とか、『いいえ』とだけ言え。これ以上は悪魔が言わせるのである。
前田訳あなた方のことばは然(しか)り然り、否(いな)否であれ、これら以上のことは悪から出ている。
新共同あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出るのである。」
NIVSimply let your `Yes' be `Yes,' and your `No,' `No'; anything beyond this comes from the evil one.
註解: もし心が常に忠実で神とともにいるならば然り然り、否否のみで充分である。これ以上さらに誓うことは自己の虚偽を隠さんとする不誠実の心の結果に過ぎない。すなわち悪心よりいでてくるのである。
要義 [誓うなかれとはいかなる意味なりや] ここにもまた33-37の御言を律法的に取るべきでないことに注意しなければならなぬ。神御自身も誓い給い(創22:16。民14:23。詩89:3。110:4。イザ45:23。ヘブル6:13)、キリストもまた誓い給い(26:63)、パウロもまた数々神の証を求めた(ロマ1:10。ピリ1:8。2テサ2:5、10。Ⅱコリ1:23)。キリストの求め給うところのものは、形式的に誓うことをしないということではなく、心の中に絶対に虚偽なく神の心のごとき誠実のみの支配する状態に達していることが必要であるというのである。律法はこれを文字的に解する場合にますますその力を失って、一つの形式と化し去り、反対にこれを霊的意義に解してその真意を発揮することができる。キリストは死せる律法に再びその生命を吹き込み給うたのである。またキリストが誓うことを禁じ給える他の理由は、未来の事柄に関しては人間には確実なる知識はない、したがって誓ってこれを断言することができないからである。「頭髪一筋だに白くし黒くすることができない」のに、いかで未来の事柄に対して誓うことができようか。これをしも誓うことは僭越の所為(しょい)であって悪より出づるものである。ゆえに自己の未来の行為および運命につきても神の支配を信じ、ただ誠実なる心のみを以って然りを然りとし否を否とするのが最もキリスト者に相応しい態度である。この心をもって裁判所、軍隊、学校等における宣誓をなすことは罪ではない。

●次はベンゲル(ヨハン・アルブレヒト・ベンゲル(Johann Albrecht Bengel、1687年6月24日 - 1752年 11月2日)は、新約聖書の本文研究の草分け的なドイツの敬虔主義の聖書学者であると されている。)のグノーモン。 黒崎のトップページから入る。


マタイ 5:34

いっさい誓ってはならない)「いっさい」はこの禁止を偽りの誓いのみならず、ほんとうの誓いにまで広げているようであるが、真の誓いについては、必ずしも全面的に禁じているわけではない。[キリストの意図は神に対する敬虔を教えることである。従って、敬虔を欠く誓いが禁じられている。ソルック。] 正当な誓いを立てることは正当な理由による離縁と同様、許されているばかりでなく、律法の中に明らかに規定されている。キリストはそれをここで廃止しておられるのではない。17節を見よ。しかし当時のユダヤ人の間では、誓いの乱用が甚だしく、ここに引用されている誓いの文句で明らかなように、その正常な効用が全く破壊されている状態であった。彼らは被造物をさして誓うのなら、どんな偽りでも全然偽証と考えなかった。ラビの言葉に「天地が過ぎ去るように、それをさして誓う誓いも過ぎ去る」というのがある。しかし乱用が止めば弊害はなくなり、正しい使用が回復される。昔のキリスト者の多くはこの命令を言葉どうりに受け取り、特に異教的な宣誓は峻拒した。ほんとうの誓いについては、黙.10:6,エレミヤ.23:8,イザヤ.45:23 を見よ。今日、行われている誓いのうち、ほんとうのものは僅かで、そのほんとうの誓いのうち、ぜひ必要なものはさらに僅かで、その必要なもののうち、進んで行われ、敬虔で、実質のあるものはいっそう僅かである。多くの誓いは虚栄か中傷か、または単に相手の疑いを黙らせるために行われる。

天を)神ご自身をさして誓う者の罪はさらに大きい。

をさして)さされるものは抵当物件として差し出されるものである。ゆえに、それは誓う者の自由になるものでなければならない。間違った誓いをする者(34,35,36節)は神聖冒涜の罪を犯している。ゆえに、人はこの意味で神をさして(すなわち神にかけて)誓うことはできない。なぜなら誓いが果たせない場合は神を否認する誓いをしていることになるが、人間の力では神はどうにもならないのであるから。われわれは神のおきてで認められている方法で誓わねばならない。すなわち、われわれの誓いは神のみ名を呼ぶことでなければならない。常用される誓いの文句、“So wahr mir Gott helfe",“So help me God",「誓って申します」も前者の意味ではなく、後者の意味で、つまり、Gott または God「神」に強勢を置いて、「神がそうして下さるように」という意味で用いなければならない。

御座)天が御座とは神の稜威は何と偉大なことか! 神が天に閉ざされているという意味ではなく、神の栄光が特に天にあらわれているという意味である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の啓示と黙想おわり。これで大体分かった。真の信者は「御心のままに」生きるので人間的な誓いはない。その人生は全部神に委ねている。ここから「明日のことを思い煩うな」も理解できる。●神抜きの人間的誓いは人間の本性の悪魔がこれを成さしめる。信仰は根性ではない。信仰がヒューマニズムの熱心であるときに神に嫌われる。次の句が最良の解説である。●結婚も人生も余命も召される時も「御心のままに、御心のままに」


塚本訳 ヤコ 4:13-15
4:13 さあ来い、「今日か明日どこそこの町に行き、一年其処に居り商売をして儲けてやろう」と言う者達!
4:14 (だが)君達は明日のことを知らないのだ。君達の生命は何か。君達は一寸見えて、(直)またあとで見えなく成る湯気ではないか。
4:15 その代わりに君達はこう言わねばならぬ、「主の御心ならば、私達はいきていてこのことあのことを為よう!」


●「聖書協会共同訳」パイロット版意見具申 出エジプト記 1-10章
●孫娘の「かなほ」と3人でする食事は楽し。結婚生活の喜びについて話した。

2017_12290001.jpg 

ロッキングチェアーでくつろぐ孫娘のかなほ。
おじいちゃんとおばあちゃんの家に来て良いことは(ウルサイ)ママがいないことだという

















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神が引き合わせてくださる人・・・結婚と家庭生活の喜び・・ | Top | 誓約・・・伴侶は神が賜る・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4619-7bee83b7
FC2blog user only
| Top |
0814