to 日記と感想 人は徴を見ても信じない・・・神の働きで救われる・・・
Top | RSS | Admin

2018.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2018.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180503(木)   妻とかなほ、都民の森
    180507(月))10:00 池谷医院
    180502(水)   伊勢かなほ来泊
    180426(木)   群馬、武藤家
    180425(水)11:00 能城一郎牧師来訪
    180422(日)13:00 高橋実祈ピアノ八発表会、望、満二歳誕生日、新浦安
    180405(木)12:30 ロマリンダクリニック、午後富永先生御実家
    180314(水)12:00高校同窓会。ナビス横浜
    180310(土)10:00 今井館で結婚式、式辞


人は徴を見ても信じない・・・神の働きで救われる・・・ ++++++++ 所感

2018/01/04 06:32

180104(木)随分前に亡くなられた集会のU氏が夢に出てきた。どういう意味なのだろう。あれ以来、U家とも縁が切れた。●24人+6家族の救い。神の救いの力が降りますように●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。「聖書協会共同訳」パイロット版意見具申は現在出エジプト記。エジプトの王パロはモーセがたびたび不思議な徴を行っても心が「かたくなであった。●今朝の啓示と黙想「人は徴を見ても信じない・・・神の働きで救われる・・・」●積年の疑問はパウロの悩みの自己解決、「世は信者の幸福」を見て妬みを起こし、ついに信仰を求めて救われる」とは本当か。

塚本訳 ロマ 11:11
11:11 それで、わたしは考える、彼らが躓いたのは、倒れて滅びるためではあるまいかと。もちろん、そうではない。むしろ反対に、(キリストを信じなかった)彼らの過ちによって救いが異教人に来た。(そのことが刺激になって)彼らに『妬みをおこさせ、』(彼らも信仰を求めて、ついに救われ)るためである


●現実は全く違う。世は信者の幸福という「徴」をみてもかえって心を「かたくな」のいさせ、かえってこれに反発する。

口語訳 出  11:10
11:10 モーセとアロンは、すべてこれらの不思議をパロの前に行ったが、主がパロの心をかたくなにされたので、彼はイスラエルの人々をその国から去らせなかった。



●だからこのことをパウロはロマ書9~11章で自問自答している。「人のこころが「かたくな」になるのは神のせい」だと。

塚本訳 ロマ 9:17-18
9:17 (反対に、憐れみを奪われる場合も同じである。)現に聖書は、パロ[エジプト王]にこう(神が仰せられたと)言っているではないか、』わたしがあなたを(王として)立てたのは、(あなたの心を頑固にして私の命令にそむかせ、)あなたによってわたしの力を示すため、また、わたしの名が全世界に知れわたるため、ただそのためであった』と。
9:18 従って神は思うままに、ある人を憐れみ、ある人を、』頑固にされる』(ことは明らかである。)


●では人に責任がないとすれば世はいかにして救われるか。その答えが「「神の子の救い」である。今朝はこれらのことをめぐって、救いは100%神の力によるのだ。ということを黙想してみよう。信者は自分の幸福を世に見せびらかして「妬み」を起こさせて、不信者を信仰に導こうとする魂胆は間違っている。救いは全く神の力の発揮である。その力なくして人は救われない。人に出来ることはただひたすら神の力の発動である。

塚本訳 ヨハ 3:3-8
3:3 イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来ない。」
3:4 ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれなおすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかないではありませんか。」
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

塚本訳 ヨハ 20:27-29
20:27 それから(すぐ)トマスに言われる、「指をここに持ってきて、わたしの手(の釘の跡)をよく見てごらん。手を持ってきて、わたしの脇腹に差し込んでみなさい。不信仰をやめて、信ずる者らしくしなさい。」
20:28 トマスがイエスに答えて言った、「わたしの主よ!わたしの神よ!」
20:29 イエスは言われる、「わたしを見たので、信じたのか。幸いなのは、
見ないで信ずる人たちである。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。世の救いは全く100%神の働き。我々に出来ることはただひたすらなる神の力の発揮を祈ることのみ。



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<終末と再臨の要求・・・大不幸に遭ってこの世に絶望する時・・・ | Top | 職業の精神・・・自由独立のサービス業・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4625-12242515
FC2blog user only
| Top |
0814