to 日記と感想 結婚の神秘・・・神による出会いで二人は一体・・・
Top | RSS | Admin

2018.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.01


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    190201       このころトミ子プリンターカートリッジ注文
    190312(火)    東工大付属同窓会
    190224(日)14:00 トミ子フォーレ「レクイエム」キララ
      190207(木)    がん検診 あきるの保健所
      190112(土)18:00 なにこら 紀尾井ホール 
       181223(日)     キララ「第九)
    181214(金)13:30 ルピア在宅看取り
    181209(日)13:30 羽村フィル ゆとろぎ
    181202(日)15:00 新日フィル キララ チャイコフスキー
    181128(水)13:30 ルピア 認知症家族
    191103       結婚50年記念。金婚
    181118(日)14:00 今井館 月本昭男講義
      181115(木)  14:00 来年2月15日以降にMRI申込みと桑本先生診察申込み
    181110(土)   二本松有農研 ソーラー発表会 福島恵宅泊
    181108 木 阿伎留台 森医師 胃カメラ申込み 13:00-16:30 障子レクチャー
    181105 09:45 池谷医院
    181104       集会感話 13:40 キララ合唱祭
    181103 13:00 南原繁シンポジウム 学士会館


結婚の神秘・・・神による出会いで二人は一体・・・ ++++++++ 所感

2018/01/14 06:28

180114(日)24人+6家族の祈り。残り少なき旅路、御心のままに●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日は今年3月に結婚式を挙げる二人に結婚の神秘にtついて話した。結婚は神の業で、神聖であることは、次のイエスの言葉に尽きる。これは百千の結婚観に勝るものである。今朝はこの句をめぐって黙想してみよう。わたし達は結婚49回目で、少しは若い人たちに語る資格があろう。

塚本訳 マタ 19:3-6
19:3 そこにパリサイ人たちが近寄ってきて、イエスを試そうとして言った、「何か理由があれば、妻を離縁してもよろしいか。」
19:4 答えて言われた、「造物者が始めから『彼らを男と女とに造られた』こと、
19:5 また、『それゆえに人は父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる』と言われたことを、あなた達は読んだことがないのか。
19:6 従って、もはや二人ではない、一体である。だから夫婦は(皆)神が一つの軛におつなぎになったものである。(どんな理由があっても)人間がこれを引き離してはならない。」

●「離縁してもよろしいか」
 今日の離婚率は3から40%で驚くべき高さ。理由は「性格の不一致」が多い。相手を嫌いになるのである。相手は神が出会わせてくれたも 
 のだと言う信仰が無いからこういうことになる。罪のない子供が路頭に迷うことになって気の毒だ。精神的成長にも害を及ぼす。

●造物者が始めから「彼らを男と女とに造られた」
 神の創造の知恵。、結婚は人が天国に行く準備であることが秘められている。結婚、子育てによる悩み悲しみである。生物は始めは『女」だけであったらしいいが、神は「一人でいるのはよくない」と思われたに違ういない(創世記2:18)

●「父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる」
 それぞれ育った家のカラーというものを捨てて、二つ人格が混ざり合い、一体となり、全く別のカラーになる神秘性。
 儒教道徳では「家風」に合わせられたり、「夫に忍従」させられたりするががキリスト教の「ホーム」は神に導かれる家風である。

●「夫婦は(皆)神が一つの軛におつなぎになったものである。」
この塚本訳敷衍の(皆)に意味がある。結婚は恋愛にしろ、見合いにしろ、総会にしろ、出会いは様々だが、結ばれ方は様々。
しかしどんな道筋にしろそれは神が繋ぐもの、「軛」とはそれぞれが不自由になることで、結婚はは自分という人格の「死」であれる。

「(どんな理由があっても)人間がこれを引き離してはならない。」
離婚の正統的理由を神は認めない。塚本訳の敷衍(どんな理由があっても)は厳しい。伝道者訳である。「人間がこれを引き話してはならない」という人間とは「自分」が入る。「出ていけ!」とか「別れましょう」というのは神の御心を悲しませる。神に対する傲慢である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。結婚式の準備は、現在の自分たちへの戒めである。自戒、反省。

●10:00 東京聖書読者会。土肥(司会)、高橋トミ子(パリサイ人攻撃、小寺さん入院の報告)、横田淳(塚本虎二講演「エペソ書」)
●14:30 NHKEテレで「福島の再生を語り合う」。を見る。飯館村の取り組みに恵が出ていた。
●「聖書協会共同訳」パイロット版意見具申 民数記21-25章。

2018_01140005.jpg 
集会の帰り。あきる野に到着して家路。妻が前を歩く。



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<信仰なき人は救われるか・・・神の力によって可能・・・・ | Top | イエスは「神の子」・・・幸福の信仰告白・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4635-7f50d697
FC2blog user only
| Top |
0814