to 日記と感想 悩みや心配は神がご存知・・・何とかなる、何とかなる・・・
Top | RSS | Admin

2018.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2018.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180503(木)   妻とかなほ、都民の森
    180507(月))10:00 池谷医院
    180502(水)   伊勢かなほ来泊
    180426(木)   群馬、武藤家
    180425(水)11:00 能城一郎牧師来訪
    180422(日)13:00 高橋実祈ピアノ八発表会、望、満二歳誕生日、新浦安
    180405(木)12:30 ロマリンダクリニック、午後富永先生御実家
    180314(水)12:00高校同窓会。ナビス横浜
    180310(土)10:00 今井館で結婚式、式辞


悩みや心配は神がご存知・・・何とかなる、何とかなる・・・ ++++++++ 所感

2018/01/19 06:23

180119(金)24人+6家族の祈り。各自の悩み心配事を知りたまえ●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリストp者の皆様お早うございます。昨夜は意外なところから「臨時収入」が入った夢を見た。この人生、経済何ぞは「何とかなる」。神がご存知で意外な方法で助けて下さるものだ。信仰人生は「意外なこと」が起こる。人間による「計画経済」は合理的なようで神には喜ばれない。共産主義国は神の祝福が得られない。

塚本訳 ルカ 5:5-6
5:5 シモンが答えた、「先生、わたし達は(昨夜)一晩中働きましたが、何もとれませんでした。しかし先生のお言葉ですから、網をおろしてみます。」
5:6 そしてその通りにすると、沢山の魚の群が入って網が裂けかかった。

●これは次回感話の一部である。神は経済の心配を深く御存知だ。ここの聖書による聖書の解読」のヒントが与えられた。

塚本訳 マコ 6:48-50
6:48 そして向い風のために弟子たちが漕ぎなやんでいるのを見ると、第四夜回りのころ(すなわち夜明けの三時ごろ)、湖の上を歩いて彼らの所に来て、(舟のわきを)通りすぎようとされた。
6:49 弟子たちはイエスが湖の上を歩いておられるのを見ると、幽霊だと思って声をあげて叫んだ。
6:50 イエスを見て、皆肝をつぶしたのである。しかしイエスはすぐ彼らに話しかけ、「安心せよ、わたしだ。こわがることはない」と言われる。

塚本訳 マタ 4:3-4
4:3 すると誘惑する者[悪魔]が進み寄って言った、「神の子なら、(そんなにひもじい思いをせずとも、)そこらの石ころに、パンになれと命令したらどうです。」
4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」


「聖書協会共同訳」パイロット版  申命記 8:2-5 章

2あなたの神、主がこの四十年の間、荒れ野であなたを導いた、すべて

の道のりを思い起こしなさい。主はあなたを苦しめ、試み、あなたの心にあ

るもの、すなわちその戒めを守るかどうかを知ろうとされた3そしてあな

たを苦しめ、飢えさせ、あなたもその先祖も知らなかったマナを食べさせら

れた。人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉

によって生きるということを、あなたに知らせるためであった4この四十

年の間、あなたの着ていた服は擦り切れず、足は腫れなかった。5人が自分

の子を訓練するように、あなたの神、主があなたを訓練することを心に留め

なさい。

塚本訳 マタ 6:31-34
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。
6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。何とかなる、何とかなる。神はご存知だ。神は何を話すべきかを教えてくださる。

●「聖書協会共同訳」パイロット版意見具申 申命記 11-15 章

申命記は新約の曙のような感じがして面白い。おそらくイエスが愛読したであろう。。「幸」という字が新共同訳で17回も出てくる。(新共同訳、Jバイブル使用)。最高の幸福論だと感じる。信仰の人生による幸福が説かれている。

●7:40妻は磐城女子高の同窓会の準備会に新橋へ出かける。夜はモーツァルト「レクイエム」の合唱練習に「キララホール」

●暖房は、エアコン+石油のクリーンヒーターだったが、クリーンヒーターは中止して、エアコンのみとし、そのかわり温度を上げることにした。その方が節約になる公算。石油も高い。


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<私は罪人です・・・十字架の救いは神が教える・・・ | Top | 「家に帰る」ということ・・・神が備える永遠の住居・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4640-661c3930
FC2blog user only
| Top |
0814