to 日記と感想 仕合わせそうな人・・・世の光
Top | RSS | Admin

2018.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.06


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180503(木)   妻とかなほ、都民の森
    180507(月))10:00 池谷医院
    180502(水)   伊勢かなほ来泊
    180426(木)   群馬、武藤家
    180425(水)11:00 能城一郎牧師来訪
    180422(日)13:00 高橋実祈ピアノ八発表会、望、満二歳誕生日、新浦安
    180405(木)12:30 ロマリンダクリニック、午後富永先生御実家
    180314(水)12:00高校同窓会。ナビス横浜
    180310(土)10:00 今井館で結婚式、式辞


仕合わせそうな人・・・世の光 ++++++++ 所感

2018/02/03 06:11

180203(土)24人+6家族の祈り。神の光りを受けて幸せな生涯になれますように。●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様尾はよぷございます。明日の集会感話の一節の次がある。

塚本訳 ルカ 5:10
5:10 シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブとヨハネも同様であった。イエスがシモンに言われた、「恐れることはない。今から後、あなたは人間を生け捕る(漁師になる)のだ。(きょうの漁は、あなたの大伝道の前ぶれである。)」



●過日から、この「大伝道」とは何かを考え続けてきた。今朝になってそれは神の発する光を受けて輝く人のことだと示された郷里浦和の中学の同期のHさんは長じて牧師の夫人になったが、自分の父上の「救い」を祈りつづけている。その御尊父(もう亡くなっているのかもしれない)はHさんに「お前は幸せそうだねー」と言っていた。●思うに、この「仕合わせそう」な顔の輝きが伝道なのだと思う。●四国のKKKさんは御父上がご入院していた病室にお見舞いに行くたびに部屋の片隅で父上の「救い」を祈り続けていた。すると最後近くになって「死んだらお前の信じている神様のところに行きたい」と漏らして葬儀はキリスト教式で行った。●また集会の故HAが聖書講義(塚本先生から)というものを初めてを聴いて家に帰ると次のように父上(西郷隆盛の研究家)に報告された。「お父様。キリスト教の神様は、お父様のような方ですよ」と。戦争で満州に行かれる時、その父上の机に一冊の聖書を措いて行かれた。●終戦になり、帰国して見るとその父上は亡くなられていたが、クリスチャンになって死んだと聞かされた。その後彼女の4人の御兄弟は、彼女の影響でみんながクリスチャンになられた。万歳!これが真の「大伝道」なのだ。
HAさんのことは告別式で次のように話した。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/hurutaayakokubetu.htm


このほかにも私の知るクリスチャンで、周囲から「あなたは幸せそーですね」と言われる人がいる。これらの実話を通して、頭に浮かぶ、「伝道」のあるべき姿を見てみよう。

塚本訳 マコ 10:29-30
10:29 イエスは言われた、「アーメン、あなた達に言う、わたしのため、また福音のために、家や兄弟や姉妹や母や父や子や畑をすてた者で、
10:30 今、この世で──迫害のうちにおいてではあるが──百倍の家と兄弟と姉妹と母と子と畑とを、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。


塚本訳 マタ 12:48-50
12:48 しかしイエスはそのことを知らせた者に、「わたしの母とはだれのことだ、わたしの兄弟とはだれのことだ」と答えて、
12:49 弟子たちの上に手をのばして言われた、「ここにいるのが、わたしの母、わたしの兄弟だ。
12:50 だれでもわたしの天の父上の御心を行う者、それがわたしの兄弟、姉妹、また母であるから
。」

塚本訳 マタ 5:14-15
5:14 あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない。
5:15 また、(せっかく)明りをともして枡をかぶせる者はない。かならず燭台の上に置く。すると、家の中におる人を皆照らすのである。
5:16 そのようにあなた達も、その光を世の人の前に輝かし、人があなた達の良い行ないを見て、あなた達の天の父上をあがめるようにせよ。

塚本訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」

塚本訳 ヨハ 7:37-38
7:37 祭の最後の大際の日に、イエスは立って叫ばれた、「渇く者はわたしの所に来て飲みなさい
7:38 わたしを信ずる者は、聖書が言っているように、『そのお腹から、清水が川となって流れ出るであろう。』」

塚本訳 ピリ 2:15
2:15 これは君達が非難すべき所でなく、純真であって、『曲ったねじくれた(この)時代』の真中にあって『瑕なき神の子』とならんためである。(まことに)君達はこの時代にあって、生命の言を堅く守りながら、この(暗い)世に星のように輝いているのである

塚本訳 ルカ 23:34
23:34 するとイエスは言われた、「お父様、あの人たちを赦してやってください、何をしているか知らずにいるのです。」『彼らは籤を引いて、』イエスの『着物を自分たちで分けた。』

塚本訳 ルカ 15:23-24
15:23 それから肥えた小牛を引いてきて料理しなさい。みんなで食べてお祝いをしようではないか。
15:24 このわたしの息子は死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから。』そこで祝賀会が始まった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想終り。神による罪の赦しの光りが、人間を生け捕る漁師の資格。

●明日の集会感話の推敲完了。「ゲネサレ湖の大漁・・・最初の弟子」(ルカ5:1-11)。HPにアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/180203.htm

●「聖書協会共同訳」パイロット版意見具申 サムエル記上 16-20 章

●あきる野市青少年音楽の祭典 キララホール。あきる野市は音楽が盛ん。良いところに住んだものだ。

2018_02030001.jpg 
あきる野市吹奏楽団(キララバンド) 指揮 小玉公二

2018_02030006.jpg 
東海大学菅生高等学校  吹奏楽部。これはすごい。
舞踊も取り入れた見事なものであった。



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<泣け、思いきり泣け・・・神が現れてくださる・・・ | Top | 万策尽きた時の祈り・・・・罪の救いは神の業>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4659-d0911a72
FC2blog user only
| Top |
0814