to 日記と感想 聖書引照文献の活用方法・・・神が求める「本当の礼拝者」とは何か・・・
Top | RSS | Admin

2018.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    181015 11:45 聖路加桑本先生
    180902 11:00 すずめの会感話、茅ヶ崎金子邸
    180823 11:30 キリスト教性教育研究会 富士見町教会
    180722 10:30 日本ナザレン教団浦和教会


聖書引照文献の活用方法・・・神が求める「本当の礼拝者」とは何か・・・ ++++++++ 所感

2018/02/07 05:53

180207(水)5時起床。24人+6家族の祈り。各自が聖書に出会えますように●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。過日、集会の帰途。TH氏から、「高橋が聖書を引用する手の内を世に示せ」と言われたので、今朝はヨハネ4:23にある、「本当の礼拝者」と「霊と真理」とは何かについて、聖書引照文献」を活用して研究してみよう。

●まずヨハネ4:23の翻訳比較

 http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/8translations/8translations.html

「聖書協会共同訳」パイロット版2107

23しかし、まことの礼拝をする着たちが、霊と真実とをもって父に礼拝をささげる時が来る。今がその時である。父はこのように礼拝をする者を求めておられるからである。

 

岩波翻訳委員会訳1995

430423本物の礼拝者たちが霊と真理のうちにあって父を礼拝するようになる時が来ようとしている。今がその時だ。事実、父は自分を礼拝する人々としてこのような人々を求めているのである。

 

新共同訳1987

4:23 しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。

 

前田訳1978

4:23 しかし、真の礼拝者が霊と真で父を拝する時が来る。否、もう来ている。父もこのように彼を拝するものを求めたもう。

 

新改訳1970

4:23 しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。

 

塚本訳1963

4:23 しかし(ユダヤ人もサマリヤ人もなく、)本当の礼拝者が霊と真理とをもって父上を礼拝する時が来る。いや、今もうきている。父上もこんな礼拝者を求めておられるのである。

 

口語訳1955

4:23 しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊とまこととをもって父を礼拝する時が来る。そうだ、今きている。父は、このような礼拝をする者たちを求めておられるからである。

 

文語訳1917

"430423","されど眞の禮拜者の、靈と眞とをもて父を拜する時きたらん、今すでに來れり。父はかくのごとく拜する者を求めたまふ。"

「本当の礼拝者」および「霊と真理」とは何か。

〇 BbB(聖書で聖書を読む)を見て心にひびくもの。

http://www.bbbible.com/


(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

塚本訳 ヨハ 7:31
7:31 しかし群衆のうちにイエスを信じたものが大ぜいあって、言った、「救世主が来ても、この人がしたより多くの徴[奇蹟]をすることはできまいと思うが、どうだろう。」

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

塚本訳 Ⅰコリ2:8
2:8 この世の支配者のだれ一人、これのわかっていた者はなかった。もしわかったならば、栄光の主(キリスト)を十字架につけなかったはずであるから。

塚本訳 Ⅰコリ15:47
15:47 最初の『人は地から出て土で出来たものであり』、第二の人は天の出である。

塚本訳 Ⅰコリ1:17
1:17 救世主がわたしをお遣わしになったのは、洗礼を授けさせるためでなく、福音を説かせるためなのだから。それも、言葉の上の知恵をもって(説くの)ではない。それでは(人間の言葉の力が大きくなり)、キリストの十字架(の救い)が空虚なものになる恐れがあるからである。

塚本訳 Ⅱコリ8:9
8:9 ──あなた達はわたし達の主イエス・キリストの恩恵を知っているではないか、彼は(神の子として)富んでおられたのに、あなた達のために(人間となって)貧しくなられた、この方の貧しさによってあなた達が富むためである。

塚本訳 Ⅰコリ10:4
10:4 また皆同じ天与の飲み物を飲んだ。すなわち、ついて来た天与の岩から(出る水を)飲んだのである。そしてこの岩こそ救世主であった。


塚本訳 Ⅰコリ2:14
2:14 しかし(御霊を持たない)生まれながらの人間は、神の霊から出てくることを受け入れない。彼にはそれが馬鹿なことなのである。またそれを理解することも出来ない。(霊のことは)霊的に判断されねばならないからである。


口語訳 ピリ 3:3
3:3 神の霊によって礼拝をし、キリスト・イエスを誇とし、肉を頼みとしないわたしたちこそ、割礼の者である。


塚本訳 Ⅱコリ3:17
3:17 (ここで)主(と)は御霊(のこと)である。主の御霊のあるところには自由が(あるから、ベールが取り除かれるので)ある。


(日)新共同訳1987 の引照


塚本訳 Ⅰコリ1:17
1:17 救世主がわたしをお遣わしになったのは、洗礼を授けさせるためでなく、福音を説かせるためなのだから。それも、言葉の上の知恵をもって(説くの)ではない。それでは(人間の言葉の力が大きくなり)、キリストの十字架(の救い)が空虚なものになる恐れがあるからである。

塚本訳 黙  21:6
21:6 そして私に言い給うた、「(事は)成った。我はアルパまたオメガ、初また終である。渇く者には無代で生命の水の泉から我は飲ませるであろう。


塚本訳 黙  22:17
22:17 すると御霊と新婦とが(答えて)言う、「来たり給え」と。聞く者も(また)「来たり給え」と言え。渇く者は来い。望む者は無代で生命の水を受けよ。


塚本訳 黙  7:16
7:16 彼らは最早飢えず、最早渇かず、太陽も如何な暑さも(最早)彼らを襲わないであろう。


塚本訳 使  17:23
17:23 その証拠には、町を通りながらあなた達の聖殿を注意して見ていたところ、知らぬ神に(献ずる)という銘のある祭壇すらありました。だからあなた達が(こうして)知らずに敬っているもの、それをわたしは伝えよう。


塚本訳 ロマ 9:4-5
9:4 (言うまでもなく、)それはイスラエル人のことである。(彼らは神の)子たる身分(を与えられ、神の)栄光(はその中に住み、)かずかずの契約(は神との間に結ばれ、比類のない)律法、(荘厳な)礼拝、多くの(恩恵の)約束は、(ことごとく)彼らのものである。
9:5 (また、アブラハム、イサク、ヤコブなどの偉大な)祖先たちは彼らのものであり、救世主も人間としては彼らから出られたのである。一切のものの上におられる神なる彼は、永遠に賛美すべきである、アーメン。

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

塚本訳 使  8:14-17
8:14 エルサレムにいた使徒たちは(ピリポによって)サマリヤ(の人々)が神の言葉を受け入れたと聞くと、(さっそく)ペテロとヨハネとをそこにやった。
8:15 二人は下っていって、サマリヤの人々が聖霊を受けるようにと祈った。
8:16 彼らには、まだだれにも聖霊が下っていなかったからである。ただ主イエスの名で洗礼を受けていただけであった。
8:17 そこで二人が彼らに手をのせると、聖霊を受けた。



〇 TSK(200年の伝統がある聖書引照集。50万か所)日本語版を見て心に響くもの。

塚本訳 ロマ 8:15
8:15 なぜなら、あなた達が(神から)戴いた霊は、(あなた達を)もう一度(律法の支配の下に置いて)びくびくさせる奴隷の霊でなく、(神の)子の霊である。(その証拠には、)わたし達は(祈るとき、)その霊によって「アバ(お父様)、お父様」と大声で呼ぶではないか。


塚本訳 ロマ 8:26
8:26 しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)執り成してくださるのである。


塚本訳 ガラ 4:6
4:6 しかしあなた達が(いまや神の)子であることは、神がわたし達の心に、「アバ[お父様]、お父様」と呼ぶ御子の霊をお遣わしになったことによって(、知り得るの)である。


塚本訳 エペ 6:18
6:18 (最後に祈りで武装せよ。すなわち)あらゆる祈りと願いをもって常に御霊において祈れ。そしてそのため(いつも)目を覚まし、あらん限りの根気をもって聖徒達一同のために祈って居れ。


塚本訳 ピリ 3:3
3:3 (割礼は無いが、)私達こそ本当の割礼者である。(その証拠には、)私達は神の霊によって神に仕え、(ただ)キリスト・イエスを誇りとし、(決して)肉に、(人間の特権に)頼らないからだ──


塚本訳 ユダ 1:20-21
1:20 しかし愛する者よ、君達は君達の最も聖なる信仰の上に自分を築き上げ、聖霊において祈り、
1:21 (賜わった)神の愛において自分を守り、永遠の生命に入れ給う私達の主イエス・キリストの憐憫を待ち望め。


塚本訳 ヨハ 1:17
1:17 すなわち律法はモーセをもって与えられたが、恩恵と真理とはイエス・キリストをもって(はじめて)あらわれた。


口語訳 詩  147:11
147:11 主はおのれを恐れる者と/そのいつくしみを望む者とをよみせられる。

塚本訳 Ⅰペテ2:9
2:9 しかし君達は『選ばれた種族、王なる祭司、聖き民族、』神の『所有物なる民』(である。そして君達がかく神の所有物となったのは、)君達を暗から驚くべき光へと召し給うたお方の『功業を宣べるためである』。

塚本訳 Ⅱコリ3:17
3:17 (ここで)主(と)は御霊(のこと)である。主の御霊のあるところには自由が(あるから、ベールが取り除かれるので)ある。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm


塚本訳 マタ 15:7-9
15:7 偽善者たち!イザヤはあなた達のことをこう言って預言しているが、うまいものである。──
15:8 『この民は口先でわたし[神]を敬いながら、その心は遠くわたしから離れている。
15:9 彼らは(熱心に)わたしを拝むが無駄である、彼らが教えとして教えているのは、人間の(作った)規則であるから。』」

塚本訳 ルカ 18:11-13
18:11 パリサイ人は(得々と)ひとり進み出て、こう祈った、『神様、わたしはほかの人たちのように泥棒、詐欺師、姦淫する者でなく、また、この税金取りのような人間でもないことを感謝します。
18:12 わたしは一週間に二度も断食し、(きまったものの一割税だけでなく、)一切の収入の一割税を納めております。』
18:13 しかし税金取りは(罪に責められ、)遠く(うしろ)の方に立ったまま、目を天に向け(て祈りをささげ)ようともせず、ただ胸をうって、『神様、どうぞこの罪人のわたしをお赦しください』と言った。

口語訳 詩  51:17
51:17 神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心を/かろしめられません。

〇 黒崎幸吉新約聖書註解(無教会が生んだ註解の金字塔。学問と正統信仰の一致)で心に響くもの

http://stonepillow.dee.cc/

塚本訳 ヨハ 4:24
4:24 神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。」


塚本訳 ヨハ 5:25
5:25 アーメン、アーメン、わたしは言う、死人が(一人のこらず)神の子(わたし)の声を聞く時が来る、いや、今もう来ている。しかし(ただ聞くばかりでなく、ほんとうに)聞き従う者(だけ)が生きる。


塚本訳 ヨハ 16:32
16:32 見ていなさい、みなちりぢりになって自分の家にかえり、わたしを独りぼっちにする時が来るから、いや、もう来ている。しかしわたしは独りぼっちではない、父上がいつも一しょにいてくださるのだから。


塚本訳 ロマ 12:1
12:1 (このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救おうとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神のこの慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわしい、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なものでなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)


〇 ベンゲル(敬虔派の聖書学者、1687-1752)のグノーモン(指針)。(聖書註解の古典で、「聖書そのものが最善で最安全な註解書である」という立場。内村鑑三推奨) http://stonepillow.dee.cc/から」入る。

塚本訳 ヘブ 9:14
9:14 まして永遠の御霊の力によって傷のない自分自身を神に捧げたキリストの血が、わたし達の良心を死ぬ行いから清めて、生ける神を礼拝させないことがあるだろうか。

塚本訳 ロマ 12:1
12:1 (このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救おうとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神のこの慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわしい、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なものでなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。聖書それ自身の力は不思議である。朝、聖書を読むことは力が出る
無教会では生活そのものが礼拝。

●8:00妻は今井館へ婦人の読書会(塚本虎二著作集。妻がレポーター)。午後はウィークデーの集い。

●9:15 池谷医院へ定期健診。

●帰途、健康保険証 再発行のために市役所

●「聖書協会共同訳」パイロット版意見具申 サムエル記上 21-25 章
 ダビデがサウルを赦す。

●妻は電車の事故で、帰宅は20時

2018_02070002.jpg 

冬の日のあきる野

2018_02070005.jpg

 冬の日のあきる野 富士が見える
   




















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神の国の「幸い」に入るには・・・信じて求めよ・・ | Top | 聖書引照の文献・・・引照は自分で作るべきである>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4664-00f09233
FC2blog user only
| Top |
0814