to 日記と感想 嫌な人がいる時・・・忍従か離脱か。神が導いて楽にしてくださる。
Top | RSS | Admin

2018.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.01


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    190201       このころトミ子プリンターカートリッジ注文
    190312(火)    東工大付属同窓会
    190224(日)14:00 トミ子フォーレ「レクイエム」キララ
      190207(木)    がん検診 あきるの保健所
      190112(土)18:00 なにこら 紀尾井ホール 
       181223(日)     キララ「第九)
    181214(金)13:30 ルピア在宅看取り
    181209(日)13:30 羽村フィル ゆとろぎ
    181202(日)15:00 新日フィル キララ チャイコフスキー
    181128(水)13:30 ルピア 認知症家族
    191103       結婚50年記念。金婚
    181118(日)14:00 今井館 月本昭男講義
      181115(木)  14:00 来年2月15日以降にMRI申込みと桑本先生診察申込み
    181110(土)   二本松有農研 ソーラー発表会 福島恵宅泊
    181108 木 阿伎留台 森医師 胃カメラ申込み 13:00-16:30 障子レクチャー
    181105 09:45 池谷医院
    181104       集会感話 13:40 キララ合唱祭
    181103 13:00 南原繁シンポジウム 学士会館


嫌な人がいる時・・・忍従か離脱か。神が導いて楽にしてくださる。 ++++++++ 所感

2018/02/23 05:31

180223(金)24人+6家族の祈り。平安な生涯を送れますように。●さかなのえΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。人生の困難の中に「嫌な人、会わない人」と遭遇するということがある。ヒルティはそのことを「氷のかけらにぶつかる」ようなものだと言っている。●クリスチャンは時に世を嫌うから@嫌いな人」や「合わない人」人との遭遇の悩みが深い。そんな時に、聖書はどういうかというと「忍従と離脱の両面の教えが無数にある。一方は十字架の忍従、一方は離悪の世からの離脱。それぞれに適切な聖句があって、右か左か迷うところである。歴史的動きとしては、イスラエルの出エジプト。イエスのユダヤ教脱出、ルターの脱カトリック教会、ピューリタンの脱英国国教会、敬虔主義の脱ルター派教会、日本の無教会の脱新教教会。膠着状態の無教会に「ネオ(新)無教会」(武祐一郎)。●離婚に就いては、イエスは離婚禁止、パウロは別れてもよいと言う。

塚本訳 マタ 19:5-6
19:5 また、『それゆえに人は父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる』と言われたことを、あなた達は読んだことがないのか。
19:6 従って、もはや二人ではない、一体である。だから夫婦は(皆)神が一つの軛におつなぎになったものである。(どんな理由があっても)人間がこれを引き離してはならない。」


塚本訳 Ⅰコリ7:15-16
7:15 しかし不信者の夫(なり妻なり)が別れるなら、別れさせよ。こんな場合に、兄弟なり姉妹なり(つまり信者)は(結婚に奴隷として)束縛されてはいない。神は平和な生活へあなた達をお召しになったのである。(無理があるのは、御心ではない。)
7:16 なぜか。妻よ、夫を(信仰に導いて)救うことができるかどうか、どうしてわかるのか。また夫よ、妻を救うことができるかどうか、どうしてわかるのか。



●離婚問題や教会問題などに直面したとき、忍従か離脱かの一身上のことは、理論や常識や律法を通り越して、「いたたまらず」にそこ(大抵は組織や集団)を脱出する。ピューリタンのバンヤンの傑作「天路歴程」の冒頭は、主人公が両耳をふさいで」家妻子の制止を振り切って「永遠の命!永遠の命!」と叫びつつ「家庭」から脱出する。●内村鑑三は「信仰は分離教だ」と言った。日本の無教会者の多くは「教会を嫌って無今日気合に逃げたが、無教会の指導者がいなくなった現在はパラパラと教会に潜入するという現象がみられる。無教会は群れ(ブルンナー)であったが、今や絶滅危惧種。教会には良いところ「も」あるのだ。
●それでは私の「ネオ(新)無教会主義」とは何か。到達した考えは「聖書で聖書を読む」。主の言葉に触れ、主に直接おいでいただく礼拝(集会)に連なることであえる。この群れは組織ではないから、他人の信仰に干渉しない。信仰の形は顔の形ほど様々である。このことに関する聖書のアチコチを澪てみよう。

塚本訳 マコ 9:38-41
9:38 ヨハネがイエスに言った、「先生、わたし達の仲間でない者が、あなたの名を使って悪鬼を追い出しているのを見たので、止めるように言いました。仲間にならないからです。(しかし言うことを聞きませんでした。)」
9:39 イエスは言われた、「止めさせるに及ばない。わたしの名を使って奇蹟を行ったすぐそのあとで、わたしの悪口の言える者はないのだから。
9:40 反対しない者はわたし達の味方である
9:41 キリストの弟子だからとてあなた達に一杯の水を飲ませる者は、アーメン、わたしは言う、(天にて)その褒美にもれることはない。

塚本訳 マタ 15:12-14
15:12 あとで弟子たちが来てイエスに言う、「パリサイ人がお話を聞いて腹を立てたことを御存じですか。」
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。
15:14 あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれば、二人とも穴に落ちよう。」

塚本訳 ルカ 6:36-39
6:36 あなた達の(天の)父上が慈悲深くあられるように、慈悲深くあれ
6:37 (人を)裁くな、そうすれば(神に)裁かれない。(人を)罪に落すな、そうすれば罪に落されない。赦してやれ、きっと(神に)赦される。
6:38 与えよ、きっと与えられる。押しつけ、ゆすり込み、こぼれるほど量りを良くして、懐に入れていただけるであろう。(人を)量る量りで、あなた達も量りかえされるからである。」
6:39 なお譬を一つ話された、「盲人に盲人の手引が出来るか。二人とも穴に落ち込まないだろうか。

塚本訳 マタ 18:10
18:10 この小さな者を
一人でも軽んじることのないように注意せよ。わたしは言う、(わたしの父上は片時も彼らをお忘れにならない。)あの者たちの(守り)天使は、天でいつもわたしの天の父上にお目にかかっているのだから。

塚本訳 マコ 4:26-28
4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き、
4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない。
4:28 (すなわち)地はひとりでに実を結ぶので、初めに茎、次に穂、次に穂の中に熟しきった粒ができる。

塚本訳 ルカ 6:44
6:44 木(の良し悪し)はいずれもその実で知られるのである。茨から無花果をとらず、茨の薮から葡萄をつまない。

塚本訳 マタ 26:51-54
26:51 すると、見よ、イエスと一しょにいた一人の人が手をのばして剣を抜き、大祭司の下男に切りかかって片耳をそぎ落してしまった。
26:52 その時イエスが言われる、「剣を鞘におさめよ。剣による者は皆、剣によって滅びる。
26:53 それとも、父上にお願いして十二軍団以上の天使を今すぐ送っていただくことが、わたしに出来ないと思うのか。
26:54 しかしそれでは、かならずこうなる、とある聖書の言葉は、どうして成就するのか。」


塚本訳 マタ 13:24-30
13:24 またほかの譬を群衆に示して言われた、「天の国は畑に良い種をまく人にたとえられる。
13:25 人々が(夜)眠っている間に敵が来て、麦の中に毒麦をまいて行った。
13:26 苗が芽生えて実を結ぶと、その時毒麦も現われた。
13:27 使用人たちが来て家の主人に言った、『ご主人、畑には良い種をまかれたのではないですか。すると毒麦はどこから来たのでしょうか。』
13:28 主人がこたえた、『敵のしわざだ。』使用人たちが言う、『では、行って抜き取りましょうか。』
13:29 主人が言う、『いや、毒麦を抜き取ろうとして、麦まで一しょに引き抜くかも知れない。
13:30 両方とも刈入れまで育つままにしておけ。
刈入れの時、わたしが刈入れ人たちに言いつける、まず毒麦を抜き取り、束にしばって焼きすてよ、麦の方は集めて倉に入れよ、と。』」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。悪いことは神が裁く。神は必ず楽にしてくださる。終末と再臨を待望させられる。


●「聖書協会共同訳」パイロット版意見具申 歴代誌上 21-25 章
ダビデが人の数を数えたことが神の怒りを買った。人数は勢力だと思ったことが神抜きの考えだからが罪だったのだ。教会も無教会も人数を気にするのは神抜きの罪。

●妻は午後自彊術。夜はモーツァルトのレクイエムの練習











スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<信仰の従順・・・人間の目標、幸福の本質 | Top | 神の栄光を表すとは何か・・・苦い苦難の杯を飲まされること・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4680-d12f1a6e
FC2blog user only
| Top |
0814