to 日記と感想 天使の励まし・・・神はご存知・・
Top | RSS | Admin

2018.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    181015 11:45 聖路加桑本先生
    180902 11:00 すずめの会感話、茅ヶ崎金子邸
    180823 11:30 キリスト教性教育研究会 富士見町教会
    180722 10:30 日本ナザレン教団浦和教会


天使の励まし・・・神はご存知・・ ++++++++ 所感

2018/04/02 06:42

さかなのえ 180402(月)26人+6家族の祈り。私の祈りが救いへの「励まし」になりますように」●朝の啓示と黙想」。「天使の励まし・・・お心のなりますように・・・」●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) 。キリスト者の皆様お早うございます。人は誰でも死にます。「死の川」を渡る時が来ます。その時は、肉体の痛みではなく、永遠の滅却という恐怖がその悩みの本質です。この照男という個人が席から、宇宙から永遠の消え失せて二度と現れない悲しみである。その恐怖のときに神はいかにして私達を救ってくださるか。●今朝はイエスが「死の川」を渡る時に天使の励ましがあった場面から、その天使の励ましとはいかなるものであったのかを想像し、黙想してみよう。

塚本訳 ルカ 22:41-44
22:41 そして自分は石を投げれば届くほどの所に離れてゆき、ひざまずいて祈って
22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。


●イエスは天使から励まされて恐怖から救われた。この人生の苦しみから比べれば十字架の肉体の苦痛はひくいものである。私達の恐怖の悩みも同じである。神はその恐怖から救ってくださるとき。「私だ」「エゴー・エイミ」と言って近づいて、励ましてくださる。その時、「神は知っていてくださるのだ」と信仰に立ち返り、「死の川」を飛んで渡れるのだ。

塚本訳 マタ 14:24-27
14:24 (弟子たちの)舟はすでに幾スタデオも(一スタデオは約五分の一キロ)陸を離れていたが、向い風のため波になやまされていた
14:25 第四夜回りのころ(すなわち夜明けの三時ごろ、)イエスは湖の上を歩いて彼らの所に来られた。
14:26 弟子たちはイエスが湖の上を歩いておられるのを見ると、幽霊だと思って肝をつぶし、恐ろしさのあまり叫んだ。
14:27 しかしイエスはすぐ彼らに話しかけて言われた、「安心せよ、わたしだ。こわがることはない。」


●イエスが話しかけたこの言葉が、おそらく天使の励ましと同質のものであったに違いない。「恐怖神がすっかりご存知だ」ということである。
●集会の先輩のTKさんは生まれつき歩けなかった。生涯で三度「僕も歩いてみたい」と言って泣かれた。しかしその都度母親のTTさんは「いいのよ、いいのよ。神様がご存知だから」と言って慰め、励まされた。この絞り出すような励ましの言葉こそ尊敬すべきこtろである。

塚本訳 マタ 10:29
10:29 雀は二羽一アサリオン(三十円)で売っているではないか。しかしその一羽でも、あなた達の父上のお許しなしには地に落ちないのである。

塚本訳 ルカ 12:4-7
12:4 あなた達、わたしの友人に言う、体を殺しても、そのあと、それ以上には何もできない者を恐れるな
12:5 恐るべき者はだれか、おしえてあげよう。殺したあとで、地獄に投げ込む権力を持っておられるお方を恐れよ。ほんとうに、わたしは言う、そのお方(だけ)を恐れよ。
12:6 雀は五羽二アサリオン(六十円)で売っているではないか。しかしその一羽でも、神に忘れられてはいないのである
12:7 それどころかあなた達は、髪の毛までも一本一本数えられている。恐れることはない、あなた達は多くの雀よりも大切である


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。神は我々の悩み悲しみ心配不安のの総てをご存知だ。知っている。

●足かけ3年かかった「聖書翻訳比較、旧約6種、新約6種」が完成したのでまとめた。これで多くの人が、便利するであろう。

●去る3月10日に行った結婚式の写真がCDに収められて送られて来た。204枚。プロの写真家による。
妻と二人で観た。



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<「覗き見」信者・・・現代の「隠れキリシタンに幸あれ・・・ | Top | 天国の鍵・・・我等この宝を土の器に持てり・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4718-9d79c1f5
FC2blog user only
| Top |
0814