to 日記と感想 電話レクチャー・・・聖書データの使い方・・・
Top | RSS | Admin

2018.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.02


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    190201       このころトミ子プリンターカートリッジ注文
    190312(火)    東工大付属同窓会
    190224(日)14:00 トミ子フォーレ「レクイエム」キララ
      190207(木)    がん検診 あきるの保健所
      190112(土)18:00 なにこら 紀尾井ホール 
       181223(日)     キララ「第九)
    181214(金)13:30 ルピア在宅看取り
    181209(日)13:30 羽村フィル ゆとろぎ
    181202(日)15:00 新日フィル キララ チャイコフスキー
    181128(水)13:30 ルピア 認知症家族
    191103       結婚50年記念。金婚
    181118(日)14:00 今井館 月本昭男講義
      181115(木)  14:00 来年2月15日以降にMRI申込みと桑本先生診察申込み
    181110(土)   二本松有農研 ソーラー発表会 福島恵宅泊
    181108 木 阿伎留台 森医師 胃カメラ申込み 13:00-16:30 障子レクチャー
    181105 09:45 池谷医院
    181104       集会感話 13:40 キララ合唱祭
    181103 13:00 南原繁シンポジウム 学士会館


電話レクチャー・・・聖書データの使い方・・・ ++++++++ 所感

2018/04/14 05:16

180414(土)3時目覚め、4時起床。26人+6家族の祈り。教会や人を介さずに、直接神に救われる道が本道●さかなのえΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日は「主にある諸兄へ・・・聖書翻訳比較完成のお知らせ・・・」ということをホームページの「日記と感想」に書いたり、個別にメールで送ったりした。すると期せずして3人の方から、「使い方をレクチャーせよ」と言われた。その中の一人とはお互いにパソコン画面を見ながら、電話レクチャーをした。すると良くわかっていただけた。これで改めてレクチャーというのは「OJT」(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブ・トレーニング)が良いことが分かった。OJTとは職場で実務をさせながら従業員訓練をすることで企業内で行われるトレーニング手法、企業内教育手法の一種)。●私のホームページの中の「聖書研究の部」にある各種の聖書データは延べ43年間に蓄積してきたものだが、この使用ニーズは十人十色である。しかし、「聖書」は打ち出の小槌、または万能ジャックナイフのようなものであるからその使い方さえ解れば人生において「宝の道具」である。信仰の拠り所である。●ところで、道具というものは「取扱い説明書」の無いいものが最高である。ハンマーに説明書はない。「取扱い説明書」はあっても出来るだけ簡単なものがよい。●今の家電製品の「取扱い説明書」は解りにくいのが評判である。理由は、ハードの開発期間が長すぎて解りやすい「取り扱い説明書」を書く時間がないためだと言われている。●私が蓄積した「聖書データ」の簡単な「取扱い方法」を執筆する課題が与えられたのだが、もう一方で、「電話レクチャー」によるご説明もより有効であると解した。そこで次のようにする。御都合のよろしい日時を2~3申し出て頂き、その中から小生が選ばせて頂き、その時間に私に電話をかけて頂く、予約制(大袈裟だが)にしたいと思う。拙宅の電話は、042-558-9361です。●なお夜は20時までにお願いします。

●明日の集会感話は「結婚式式辞・・・聖書の結婚観」であるが、その結論を次のようにまとめた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

復活は結婚以上の喜び

               

               天国では家族なし

 

2018年4月15日 東京聖書読者会 高橋照男

 

塚本訳 ルカ 20:34-36

20:34 イエスは言われた、「①この世の人はめとり嫁ぐけれども、

20:35 ②あの世にはいる資格を与えられて、死人の中から復活する者は、③めとることもなく嫁ぐこともない

20:36 ④復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや死ぬことが出来ない、(従って⑤子を産む必要がない)からである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①この世の人はめとり嫁ぐ

①-1)塚本訳 マタ 24:37-38

24:37 人の子の来臨は、ちょうどノアの(洪水の)時のようであるから。

24:38 すなわち洪水の前のあのころ、『ノアが箱船に入った』日まで、人々は飲んだり食ったり、嫁にやったり取ったりしていて


②あの世にはいる資格

②-1)塚本訳 ヨハ 1:12-13

1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。

1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。

 

②-2)塚本訳 ヨハ 3:5-6

3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。


②-3)塚本訳 マタ 7:13-14

7:13 狭い門から入りなさい。滅びに至る道は大きく、かつ広く、ここから入る者が多いのだから。

7:14 命にいたる門はなんと狭く、道は細く、それを見つける者の少ないことであろう!

③めとることもなく嫁ぐこともない。

③-1)塚本訳 ヨハ 20:17

20:17 イエスが言われる、「わたしにすがりつくな。まだ父上の所に上っていないのだから。わたしの兄弟たち(弟子たち)の所に行って、『わたしは、わたしの父上、すなわちあなた達の父上、わたしの神、すなわちあなた達の神の所に上る』と言いなさい。」


③-2)塚本訳 マタ 12:48-49

12:48 しかしイエスはそのことを知らせた者に、「わたしの母とはだれのことだ、わたしの兄弟とはだれのことだ」と答えて、

12:49 弟子たちの上に手をのばして言われた、「ここにいるのが、わたしの母、わたしの兄弟だ。


④復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや死ぬことが出来ない


④-1)塚本訳 ヨハ 11:25-26

11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている

11:26 また、だれでも生きて私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」

 

⑤子を産む必要がない


塚本訳 ルカ 11:27-28

11:27 こう話しておられる時、群衆の中の一人の女が声を張り上げてイエスに言った、「なんと仕合わせでしょう、あなたを宿したお腹、あなたがすった乳房は!」

11:28 しかしイエスは言われた、「いや、仕合わせなのは、神の言葉を聞いてそれを守る人たちである。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●明日の集会感話の結論おわり。人間にとって最高の喜びは、結婚と家庭生活ではない。有体的復活の霊の喜びだ。

●OH氏に「聖書翻訳比較、旧約6種、新約8種」の電話レクチャー。
●図書館のパソコンで「聖書翻訳比較、旧約6種、新約8種」を開こうとしたが、うまくいかない。図書館のパソコン担当者に聞くと容量不足かもしれないという。編集のやり直しを決意。そうすれば強いて解りやすいマニュアルを作らなくてもよいと思考した。
●明日の集会感話を「使徒伝承」にアップした。
「聖書の結婚観・・・復活は結婚以上の喜び」
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/180414.htm



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<恩に報いる生き方・・・救われた者の残り人生・・・ | Top | 主にある諸兄へ・・・聖書翻訳比較完成のお知らせ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4733-dea77f61
FC2blog user only
| Top |
0814