to 日記と感想 「主の言葉」を求めて・・・聖書データ収集の記録
Top | RSS | Admin

2018.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    181015 11:45 聖路加桑本先生
    180902 11:00 すずめの会感話、茅ヶ崎金子邸
    180823 11:30 キリスト教性教育研究会 富士見町教会
    180722 10:30 日本ナザレン教団浦和教会


「主の言葉」を求めて・・・聖書データ収集の記録 ++++++++ 所感

2018/04/28 05:46

180428(土)26人+6家族の祈り。各自が聖書を通して恩恵により「神の言葉」に出会えますように●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。明日の集会感話の推敲をした。その一部を掲げる。

4月29日集会感話の一部
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 Ⅰテモ4:13 信徒の模範になれ 

4:13 私が行くまで(集会で聖書を)朗読すること、勧めをすること、教えることに心を傾けよ。

 

●聖書勉強のためのパソコンソフトはBible Works(バイブルワークス)が世界的に有名である。米国の「信仰の遺産」である。これの日本版ともいうべきものは、「Jバイブル」(いのちのことば社、12000円、旧新約全巻2秒で高速検索)とインターネットによる拙ホームページの「聖書研究の部」http://www.asahi-net.or.jp/~ej2t-tkhs/ (無料、全部日本語)である。我が国では今のところこの二つが最強最良の武器である。各種聖書には「引照」があるが、それは人間が選んだものなので、よく解らないことがある。引照探索はこの二つの武器を使って「自分で選ぶのが最も良い」。

 

●聖書データ収集の記録

 

① 聖書知識、旧約知識、新約知識 聖書索引              19691973   5年間

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/seishochishikisakuin.pdf

② 塚本虎二訳敷衍新約聖書(個人訳の金字塔。国宝私見) 19951999   5年間

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/tk03.html

③ TSK(二百年の伝統の聖書引照集)日本語に展開    20002015  16年間

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/tsk.html

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

④ BbB(聖書で聖書を読む)主要各国の聖書引照     20032011  9年間

http://www.bbbible.com/

⑤ 黒崎幸吉新約聖書註解(初のデジタル化)         20062013  8年間

http://stonepillow.dee.cc/ 

⑥聖書翻訳比較(旧約6種、新約8種)            20152018   4年間

 (カトリックとプロテスタント共作の「聖書協会共同訳」意見具申の産物

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/6+8translations/6+8translations.html

                          
                                                 延     47年間

 

●上記データはいずれもインターネットの拙ホームページで無料公開している。一日約100名がアクセスしてくるのは、聖書が神の言葉であることの証左。合計17万ページ分あり、日本で一番人気の聖書研究サイト(日本福音同盟神学委員会2017)。聖書は、グーテンベルグの活版印刷術の発明(1455年)によって急速に広まったが、現代ではその役割がITになっている。パソコンを使える若い人たちの中に恩恵の選びによる残りの者(ロマ115)がいて熱心に利用されていることは心強い。教派の教義や聖書学者の権威によらず、直接聖書に聴くことが信仰の基本的な姿勢である。この自由性が逆説的に正統信仰の継承、教会の和合に繫がる。カトリック教会も「聖書で聖書を読む」ことが信仰生活の根底にある。「聖書朗読表」(レクティオ・ディヴィナ)は300年頃の使徒教父時代からの伝統であり、聖書協会のホームページにある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月29日集会感話の一部 おわり

2018_04280001.jpg 

朝の散歩 秋留台公園 新緑が美しい

明日の集会感話をまとめたので、「使徒伝承」にアップした。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/180428.htm

2018_04280005.jpg 

図書館の帰途、さわやかな日。

2018_04280007.jpg 

息子の恵一家が福島に去る時に記念に植えていったオリーブの木。
軒下まで伸びた。今年その孫は高校生と中学生になった。


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<「主にありて」・・・クリスチャンの人間関係で最も美しい言葉 | Top | 聖書の朗読と解明・・・キリスト者の集まりの中心的なこと・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4747-d6928f31
FC2blog user only
| Top |
0814