to 日記と感想 「心の貧しき者」とは・・・生きがいを失って淋しい人・・・
Top | RSS | Admin

2018.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    181015 11:45 聖路加桑本先生
    180902 11:00 すずめの会感話、茅ヶ崎金子邸
    180823 11:30 キリスト教性教育研究会 富士見町教会
    180722 10:30 日本ナザレン教団浦和教会


「心の貧しき者」とは・・・生きがいを失って淋しい人・・・ ++++++++ 所感

2018/04/30 06:26

180430(月)26人+6化z九の祈り。生きがいを失って淋しいときに神の呼びかけがある、●さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。次回5月6日の集会感話は、ルカ5:27-32「税金取りレビ」である。その副題に「神は心の貧しい人に声をかける」とした。●税金取りは裕福であったが、心は貧しかった。淋しかった。生ききがいを失っていた。●これは現代人の姿でもある。不登校、引きこもり、非行、若者のうんこ座り、夫婦不和、離婚率増大、未婚率増大、・・・・●神はこういう「心の貧しい人」「淋しい人」に声をかけて救う。心が神から離れているから淋しく、何をやっても満たされず、生きがいがないのだ。●今朝はこのことをめぐって黙想してみよう。

●まず、マタイ5:3の「心の貧しき者」の翻訳比較


文語訳1917

400503","『幸福なるかな、心の貧しき者。天國はその人のものなり。"

 

塚本訳1963

5:3 ああ幸いだ、神に寄りすがる『貧しい人たち、』天の国はその人たちのものとなるのだから。

 

前田訳1978

5:3 「さいわいなのは霊に貧しい人々、天国は彼らのものだから。

 

聖書協会共同訳パイロット版2017
3
心の貧しい人は幸いである

 天の国はその人たちのものである。


●神は「心の貧しき者」に声をかけた。その具体例を見てみよう。


塚本訳 ルカ 19:5
19:5
イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「
ザアカイ、急いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから


塚本訳 ヨハ 4:15-18
4:15
女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またここに汲みに来なくてもよいように。」
4:16
イエスが言われる、「行って、
あなたの夫をここに呼んで来なさい。」
4:17
女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには夫はありません』と言うのは、もっともだ。
4:18
五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったことは本当だ。」


塚本訳 ルカ 23:42-43
23:42
それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43
「イエスが言われた、「
アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」


塚本訳 マタ 11:28
11:28
さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、
わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。

塚本訳 ヨハ 5:5-6
5:5
するとそこに三十八年病気の人がいた。
5:6
イエスはその人が横になっているのを見、すでに長い間わずらっていることを知ると
「直りたいか」とたずねられた。

塚本訳 ヨハ 8:10-11
8:10
イエスは身を起こして女に言われた、「
女の人、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罰しなかったのか。」
8:11
「主よ、だれも」と女がこたえた。イエスが言われた、「わたしも罰しない。おかえり。今からはもう罪を犯さないように。」】


塚本訳 使  26:14-15
26:14
わたし達が皆地上に倒れると、ヘブライ語で、『サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか。刺の棒は蹴っても無駄だ』とわたしに言う声を聞きました。

26:15
わたしは言った、『主よ、あなたはどなたですか。』主が言われた、『わたしだ、君が迫害しているイエスだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。神は「心の貧しき者」「淋しい人」「生きがいを失った人」に声をかける。その原因は心が神から離れているから。神は人をその罪から「無条件の赦し」で救う。




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<主の守り・・・永遠の命を持つ喜び・・・ | Top | 「主にありて」・・・クリスチャンの人間関係で最も美しい言葉>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4749-60e2b3fc
FC2blog user only
| Top |
0814