to 日記と感想 男にふさわしい女・・・男を主に導く・・・
Top | RSS | Admin

2018.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.02


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    190201       このころトミ子プリンターカートリッジ注文
    190312(火)    東工大付属同窓会
    190224(日)14:00 トミ子フォーレ「レクイエム」キララ
      190207(木)    がん検診 あきるの保健所
      190112(土)18:00 なにこら 紀尾井ホール 
       181223(日)     キララ「第九)
    181214(金)13:30 ルピア在宅看取り
    181209(日)13:30 羽村フィル ゆとろぎ
    181202(日)15:00 新日フィル キララ チャイコフスキー
    181128(水)13:30 ルピア 認知症家族
    191103       結婚50年記念。金婚
    181118(日)14:00 今井館 月本昭男講義
      181115(木)  14:00 来年2月15日以降にMRI申込みと桑本先生診察申込み
    181110(土)   二本松有農研 ソーラー発表会 福島恵宅泊
    181108 木 阿伎留台 森医師 胃カメラ申込み 13:00-16:30 障子レクチャー
    181105 09:45 池谷医院
    181104       集会感話 13:40 キララ合唱祭
    181103 13:00 南原繁シンポジウム 学士会館


男にふさわしい女・・・男を主に導く・・・ ++++++++ 所感

2018/05/07 06:54

180507(月)26人+6家族の祈り。良い人との出会いがありますように●「聖書の女性観について話せ」という依頼があったところで目が覚めた。●日頃私の女性観は古いと言われているから夢で「ささやかれた」のであろうか。は私の女性論を語ると「またか」と言われるので、今朝は根本に帰って、聖書は何と言っているか「聖書の女性論」に関連することを黙想しよう。思いつくまま。ヒルティが言うように女は男を主に導きもし堕落もさせる存在だ。

口語訳 創  2:18
2:18 また主なる神は言われた、「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。

口語訳 創  3:6
3:6 女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。

口語訳 創  2:21-24
2:21 そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。
2:22 主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた
2:23 そのとき、人は言った。「これこそ、ついにわたしの骨の骨、/わたしの肉の肉。男から取ったものだから、/これを女と名づけよう」。
2:24 それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。

口語訳 創  6:1-3
6:1 人が地のおもてにふえ始めて、娘たちが彼らに生れた時、
6:2 神の子たちは人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった
6:3 そこで主は言われた、「わたしの霊はながく人の中にとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。しかし、彼の年は百二十年であろう」。


口語訳 箴  19:14
19:14 家と富とは先祖からうけつぐもの、賢い妻は主から賜わるものである

口語訳 箴  31:10-12
31:10 だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女は宝石よりもすぐれて尊い
31:11 その夫の心は彼女を信頼して、収益に欠けることはない
31:12 彼女は生きながらえている間、その夫のために良いことをして、悪いことをしない。

口語訳 箴  31:23-25
31:23 その夫はその地の長老たちと共に、町の門に座するので、人に知られている。
31:24 彼女は亜麻布の着物をつくって、それを売り、帯をつくって商人に渡す。
31:25 力と気品とは彼女の着物である、そして後の日を笑っている

口語訳 箴  31:27-31
31:27 彼女は家の事をよくかえりみ、怠りのかてを食べることをしない。
31:28 その子らは立ち上がって彼女を祝し、その夫もまた彼女をほめたたえて言う、
31:29 「りっぱに事をなし遂げる女は多いけれども、あなたはそのすべてにまさっている」と。
31:30 あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。
31:31 その手の働きの実を彼女に与え、その行いのために彼女を町の門でほめたたえよ。

口語訳 ヨブ 2:7-10
2:7 サタンは主の前から出て行って、ヨブを撃ち、その足の裏から頭の頂まで、いやな腫物をもって彼を悩ました。
2:8 ヨブは陶器の破片を取り、それで自分の身をかき、灰の中にすわった
2:9 時にその妻は彼に言った、「あなたはなおも堅く保って、自分を全うするのですか。神をのろって死になさい」。
2:10 しかしヨブは彼女に言った、「あなたの語ることは愚かな女の語るのと同じだ。われわれは神から幸をうけるのだから、災をも、うけるべきではないか」。すべてこの事においてヨブはそのくちびるをもって罪を犯さなかった。

口語訳 詩  128:1-3
128:1 すべて主をおそれ、主の道に歩む者はさいわいである
128:2 あなたは自分の手の勤労の実を食べ、幸福で、かつ安らかであろう。
128:3 あなたの妻は家の奥にいて/多くの実を結ぶぶどうの木のようであり、あなたの子供たちは食卓を囲んで/オリブの若木のようである。

塚本訳 マコ 12:23-24
12:23 (もし復活があるなら、)人が復活する復活の折には、この女はその(七人の)うちのだれの妻になるのでしょうか。七人ともその女を妻にしましたから。」
12:24 イエスは言われた、「あなた達は聖書も神の力も知らないから、そんな間違いをしているのではないか

12:25 死人の中から復活する時には、めとることもなく嫁ぐこともなく、ちょうど天の使のようである

塚本訳 マタ 19:3-6
19:3 そこにパリサイ人たちが近寄ってきて、イエスを試そうとして言った、「何か理由があれば、妻を離縁してもよろしいか。」
19:4 答えて言われた、「造物者が始めから『彼らを男と女とに造られた』こと、
19:5 また、『それゆえに人は父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる』と言われたことを、あなた達は読んだことがないのか。
19:6 従って、もはや二人ではない、一体である。だから
夫婦は(皆)神が一つの軛におつなぎになったものである。(どんな理由があっても)人間がこれを引き離してはならない。」

塚本訳 ルカ 10:40-42
10:40 するといろいろな御馳走の準備で天手古舞をしていたマルタは、すすみ寄って言った、「主よ、姉妹がわたしだけに御馳走のことをさせているのを、黙って御覧になっているのですか。手伝うように言いつけてください。」
10:41 主が答えられた、「マルタ、マルタ、あなたはいろいろなことに気を配り、心をつかっているが、
10:42 無くてならないものはただ一つである。マリヤは善い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」


塚本訳 ヨハ 12:23-25
12:23 するとイエスは(非常に感動して)二人に答えられる、「人の子(わたし)が栄光を受ける時がついに来た。
12:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)
12:25 [(この世の)命をかわいがる者は(永遠の)命を失い、この世で命を憎む者は、命を守って永遠の命にはいるであろう。

塚本訳 ヨハ 15:12-13
15:12 わたしがあなた達を愛したように、互に愛せよ。──これがわたしの掟である。
15:13 (わたしはあなた達のために命を捨てる。)友人のために命を捨てる以上の愛はないのだ。


塚本訳 Ⅰコリ7:3
7:3
夫は妻に対して(夫婦の)務めを果たせ、妻も同様に夫に対して務めを果たせ。

塚本訳 エペ 5:21-23
5:21 キリストを畏れて互いに服従し合え。
5:22 妻達よ、主に対するように自分の夫に服従せよ。
5:23 キリストが教会の頭であり給うように、夫は妻の頭であるから──しかも彼は(同時に)その体(なる教会)の救い主であり給う。(この点においてキリストと夫とはもちろん異なる。)

塚本訳 Ⅰペテ3:1-2
3:1 同じく妻達よ、自分の夫に従え、或る夫が(伝道者の宣べる)御言には従わずとも、言葉でなく妻の行いによって、
3:2 (すなわち)お前達の神を畏れる潔い行いを見て捕えられんためである。


塚本訳 Ⅰコリ7:33-34
7:33 結婚している男は、どうしたら妻に喜ばれるかと、この世のことに気をつかって、
7:34 心が割れるのである。
また独身の女と処女とは、身も霊もきよくあろうとして、主のこと(ばかり)に気をつかうが、結婚している女は、どうしたら夫に喜ばれるかと、この世のことに気をつかうのである。


塚本訳 Ⅰコリ7:39
7:39 妻は夫が生きている間は、(夫に)束縛されている。しかしもし夫が眠ったなら、望みの人と結婚することは自由である。ただ主にあって(信者とだけ)すべきである。

塚本訳 Ⅰコリ14:34-35
14:34 婦人は集会の会合では黙っていなさい。なぜなら、婦人は語ることを許されず、律法も言うように、ただ服従すべきだからである。
14:35 もし何か学びたいと思うなら、家で夫に尋ねるがよい。婦人が集会の会合で語るのは恥ずべきことだから

塚本訳 Ⅰテモ2:8-10
2:8 だから男子達は、何処ででも、怒らず争わず、潔い手をあげて祈ってもらいたい。
2:9 同じく
婦人達も身嗜みよく、貞淑と慎みをもって身を飾り、編んだ頭髪や金や真珠や高価な着物でなく、
2:10 神信心を告白する婦人に似つかわしい立派な業をもって身を飾ってもらいたい。

塚本訳 Ⅰペテ3:7
3:7 夫達も同じく、妻を(自分よりも)弱い器として(いたわり、)理解をもって共に棲み、彼女達もまた恩恵の生命の共同相続人(である)として尊敬を払え。これは君達の祈りが妨げられないようにするためである


塚本訳 黙  21:2-4
21:2 また聖なる都新しいエルサレムが、夫のために飾った新婦のように身支度をして、天から、神(の御許)から降って来るのを私は見た。
21:3 そして私は玉座から大きな声が(出てこう)言うのを聞いた、「視よ、人と共に神の幕屋がある! 神が彼らと共に住み、彼らは神の民となり、神自ら彼らと共にいまして、
21:4 彼らの目から悉く涙を拭い取り給うであろう。最早死もなく、悲嘆も叫喚も疼痛も最早無いであろう。初めの(天と地にあった)ものが(すっかり)消え去ったからである。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想。孫たちに願う。主を信ずる人に出会えますように。また、主を信じない人としても、次がある。●今の伴侶が「主を信じる」人でなくとも、祈りは聴かれる。来世がある。

塚本訳 ルカ 20:34-38
20:34 イエスは言われた、「この世の人はめとり嫁ぐけれども、
20:35 あの世にはいる資格を与えられて、死人の中から復活する者は、めとることもなく嫁ぐこともない。
20:36 復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや死ぬことが出来ない、(従って子を産む必要がない)からである。
20:37 死人が復活することは、(聖書にはっきり書いてある。)モーセも茨の薮の(燃える話の)ところで、主を『アブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神(である)と』と言ってこれを示している。
20:38 ところで神は死人の神ではなく、生きている者の神である。神に対しては、すべての者が生きているのだから。(してみるとアブラハム、イサクなども皆復活して、今生きているわけではないか。)」

●13:00 妻とNHKBSTV、1956年米国映画[十戒」(セシル・B・デミル監督)を鑑賞。3時間45分。信仰的な作品であった。それにしても神を信じない人間を神は容赦なく滅ぼすものだなーと思った。
●自分史で「十戒」を検索する.。そのうち 2012.2.3、2012.10.16、2012.2.16を再掲上する。


2013年2月3日ブログの一部
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1215 地元の映画館、「イオンシネマ日の出」で「エクソダス・神と王」を観賞。1100+300(3D立体画像)、+100(3D眼鏡)=1500円。2時間半。
非常に信仰の香がする良い映画であった。イスラエルの民がエジプト軍に追い詰められたとき、モーセは眼前の海を見てみんなに「渡ろう、渡ろう!」というところがハイライト。信仰によって海が割れた。信仰がないとこの映画の本質はわからない。篤信のキリスト者の皆様におすすめ。
紅海が割れる奇跡、ナイル川の数々の奇跡、アブやイナゴの奇跡などはどうやって撮影したのだろう。信仰の熱心がこのリヤルな特殊撮影を生んだと感じた。大昔のセシル・B・デミル監督の「十戒」と比べて隔世の感がする。
3D眼鏡は持ち返ってよいというので、家に返って妻に渡しながら、「見る価値があるい」と勧めた。
妻は、郵便局に税金や各所への寄付などの支払い。年金生活は苦しいが、渡れそうもない海も信仰で渡ろうと妻と話し合った。「神の国と神に義とされることとを求めれば」。海も割れて歩ける。モーセに学ぼう。イエスに学ぼう。何とかなる。何とかなる。神が何とかして下さる。女性は信仰が深い。

塚本訳 マタ 6:33-34
6:33
あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)
こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。
6:34
だから、
あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。

塚本訳 マタ 4:4
4:4
しかし答えられた「
『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013年2月3日ブログの一部 おわり

2012年10月16日ブログの一部
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1530 ツタヤでシニアは旧作無料というのでセシル・B・デミルの「十戒」(DVD,1958年米国)を妻と鑑賞。夕食をはさんで3時間40分。信仰的に作られているのはキリスト教国アメリカの作品だからだ。モーセが赤ん坊の時にナイル川で拾われて以降、成人してミデアンの地に行く時までの期間は聖書にない。映画はその空白期間を埋めている。

●50年も前に一度観た映画だが、思いを新たにできた。

●宗教的作品、音楽、絵画、映画、建築、彫刻・・・・などはすべて深い信仰がないと本物にはならない。家庭生活また同じ、エクレシアまた同じ。教育また同じ。一個の人生また同じ。英字や社会活動また同じ。医療また同じ。対人関係また同じ。会社勤めまた同じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年10月16日ブログの一部おわり


2012年2月16日ブログの一部
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丁度良い時に人が遣わされたり、病気になったりしたり、天候が異変したり、経済の異変があったりする。
これらは総て「雲の柱」である・
賀川豊彦の関係の 「雲柱社」はここからきていると解す。

新共同 出  14:21
14:21
モーセが手を海に向かって差し伸べると、主は夜もすがら激しい東風をもって海を押し返されたので、海は乾いた地に変わり、水は分かれた。

映画「十戒」の一場面。こういうことは幼児のころに絵本で教えておく必要がある。そのとき語り手が「奇蹟」というものは本当にありうるものだということを固く信じていなければならない。
末期がんの人には「絵本」で神、天国、などのことを伝えることが有益と言われる。


新共同 出  14:30-31
14:30
主はこうして、その日、イスラエルをエジプト人の手から救われた。イスラエルはエジプト人が海辺で死んでいるのを見た。
14:31
イスラエルは、主がエジプト人に行われた大いなる御業を見た。民は主を畏れ、主とその僕モーセを信じた。


「民」は紅海を渡れたのを体験して「モーセ」を信じたのはデカルト的人生観」(実験主義)の最たるもので信仰者の人生観ではない。こういう人は唯物主義の淋しい人生になる。


次にヒルティに教えられた人生の岐路の時の心得。  
 
新共同 イザ 30:21
30:21
あなたの耳は、背後から語られる言葉を聞く。「これが行くべき道だ、ここを歩け/右に行け、左に行け」と。

私の人生観は高校生の時に読んだヒルティ「眠られぬ夜のために第一巻」の最後にある「なおりたいのか」で決まった。
このとき神の啓導によって歩む人生観は素晴らしいなーと思った。ヒルテイはそれの具体的な例として「アリアドネの糸」をたどって歩くと間違いなく洞窟の外に出られるというギリシャ神話を掲げている。「眠られぬ夜のために第一巻3月3日」
私の場合はイザヤ書にあるように具体的に「ここを歩け、右にいけ、左に行け」という声が聞こえたたのではなかったが、家屋全焼、脳内出血、子供の病気、人との出会い、などなどは皆「神の指示」であった。
こういうとき神を信じる伴侶はありがたい。ある日、玄関を出るとき妻が後ろから「御心のままに、御心のままに」と励ましてくれた。
孫息子に告ぐ。「結婚するなら美人ではなくても神を信じる人にしろ」。孫娘に告ぐ。「結婚するならイケメンではなくても神を信じる人にしろ」。人生ピンチの時「神を呼んで」くれるからだ。神から伴侶を頂くことが人生成功の道だ。
これは実話。刑務所の運動場にいた夫をヘリコプターを飛ばして救出した妻がいた。その新聞記事はこれぞ「外女の功」と書いてあった。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年2月16日のブログの一部 おわり

 




















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神を恐れる者・・・福音が根付く素地を持つ人・・・ | Top | サタンの誘惑に遭わないためには・・・祈りで武装する・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4757-b805f7dd
FC2blog user only
| Top |
0814