to 日記と感想 神を恐れる者・・・福音が根付く素地を持つ人・・・
Top | RSS | Admin

2018.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.06


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180503(木)   妻とかなほ、都民の森
    180507(月))10:00 池谷医院
    180502(水)   伊勢かなほ来泊
    180426(木)   群馬、武藤家
    180425(水)11:00 能城一郎牧師来訪
    180422(日)13:00 高橋実祈ピアノ八発表会、望、満二歳誕生日、新浦安
    180405(木)12:30 ロマリンダクリニック、午後富永先生御実家
    180314(水)12:00高校同窓会。ナビス横浜
    180310(土)10:00 今井館で結婚式、式辞


神を恐れる者・・・福音が根付く素地を持つ人・・・ ++++++++ 所感

2018/05/08 06:16

180508(火)4時半起床。26人+6家族の祈り。神を恐れる心になりますように。●さかなのえΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日テレビで見た映画「十戒」で、エジプトの王「パロ」の神を恐れぬ態度に感じた。ああいう心の人には福音は根付かないナーと思った。●そこで今朝は「神を恐れる者・・・福音が根付く素地を持つ人・・・」について聖書のアチコチを連想してみよう。言語的には厳密ではないが「神の心」をぼやっと探る。「Jバイブル」駆使。

口語訳 出  10:1
10:1 そこで、主はモーセに言われた、「パロのもとに行きなさい。わたしは彼の心とその家来たちの心をかたくなにした。これは、わたしがこれらのしるしを、彼らの中に行うためである。


出エジプト記20:1-17 聖書協会共同訳 パイロット版 2018

十戒

 

1それから神は、これらすべての言葉を告げられた。

2「私は主、あなたの神、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出し

た者である。3あなたには、私をおいてほかに神々があってはならない。4

なたは自分のために彫像を追ってはならない。上は天にあるもの、下は地に

あるもの、また地の下の水にあるものの、いかなる形も造ってはならない。

5それにひれ伏し、それに仕えてはならない。私は主、あなたの神、妬む神

である。私を憎む者には、父の罪を子に、さらに、三代、四代までも問うが、

6私を愛し、その戒めを守る者には、幾千代にわたって慈しみを示す。

 7あなたは、あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。主はその

名をみだりに唱える者を罰せずにはおかない。

8安息日を覚えて、これを聖別しなさい。9六日間は働いて、あなたのす

べての仕事をしなさい。10しかし、七日目はあなたの神、主の安息日であ

るから、どのような仕事もしてはならない、あなたも、息子も娘も、男女の

奴隷も、家畜も、町の中にいるあなたの寄留者も同様である。11主は六日

のうちに、天と地と海と、そこにあるすべてのものを造り、七日目に休息さ

れた。それゆえ、主は安息日を祝福して、これを聖別されたのである。

12あなたの父と母を敬え。そうすればあなたは、あなたの神、主が与えて

くださった土地で長く生きることができる。

13殺してはならない。

14姦淫してはならない。

15盗んではならない。

16隣人について偽りの証言をしてはならない。

17隣人の家を欲してはならない。隣人の妻、男女の奴隷、牛とろばなど、

隣人のものを一切欲してはならない。」

18こうして民は皆、雷鳴がとどろき、稲妻が光り、角笛の音と山が煙るの

を目の当たりした。民は見て震え、遠く離れて立ち、19モーセに言った。

「あなたが私たちに語ってください。そうすれば私たちは聞き従います。し

かし神は私たちに語らないでください。私たちが死なないためです。」20

ーセは民に言った。「恐れてはならない。神が来られたのは、あなたがたを

試みるためである。神の恐れをあなたがたの目の首に貫き、あなたがたが罪

を犯さないようにするためである。」21民は遠く離れてて立っていた。モー

セは神がおられる密雲に近づいて行った。

 


口語訳 詩  128:1-2
128:1 すべて主をおそれ、主の道に歩む者はさいわいである
128:2 あなたは自分の手の勤労の実を食べ、幸福で、かつ安らかであろう

口語訳 箴  1:7
1:7 主を恐れことは知識のはじめである、愚かな者は知恵と教訓を軽んじる。


口語訳 箴  31:30
31:30 あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。

塚本訳 マタ 13:14-15
13:14 こうしてイザヤの預言はあの人たちに成就した。──『あなた達は聞いても聞いても、決して悟るまい、見ても見ても、決してわかるまい。
13:15 この民の心は鈍くなり、耳は遠くなり、その目は閉じてしまっているのだから。そうでないと、彼らは目で見、耳で聞き、心で悟り、心を入れかえて(わたし[神]に帰り)、わたしに直されるかも知れない。』

塚本訳 ヨハ 12:39-40
12:39 (そして)人々が信じ得なかったのは、イザヤがさらにこう言っているからである。──
12:40 〃主は彼らの目を見えなくし、その心を頑なにされた。これは彼らが目で見、心で解り、心を入れかえて、わたし(主キリスト)に直されないようにするためである。〃

文語訳 マタ 5:8
5:8 幸福なるかな、心の清き者。その人は神を見ん

塚本訳 ルカ 2:13-14
2:13 するとたちまち、おびただしい天使の群がその天使のところにあらわれて、神を讃美して言った、──
2:14 いと高き所にては神に栄光、地上にては(いまや)平安、御心にかなう人々にあり!

塚本訳 ルカ 1:48-52
1:48 この『卑しい召使にまで目をかけてくださった』からです。きっと今からのち代々の人々は、わたしを仕合『わせ者と言いましょう。』
1:49 力の強いお方がわたしに大きなことをしてくださったのです。『そのお方の名は聖で、』
1:50 『その憐れみは千代よろず代とかぎりなく、そのお方を恐れる者にのぞみましょう。』
1:51 『御腕にて』逞しきことを行い、心の思いの『高ぶる者を』『おい散らし、』
1:52 『権力者を』位から『引き下ろし、』『低い者を高うし、』


塚本訳 マタ 8:10-12
8:10 イエスは聞いて驚き、ついて来た人たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、イスラエル人の中でも、こんなりっぱな信仰をもっている者を一人も見たことがない。
8:11 わたしは言う、(最後の日には、このような信仰のあつい)大勢の人が『東から西から』来て、天の国でアブラハムやイサクやヤコブと共に宴会につらなり、
8:12 (かんじんのイスラエル人、すなわち)御国の子供たちは外の真暗闇に放り出され、そこでわめき、歯ぎしりするであろう。」

塚本訳 マタ 15:27-28
15:27 しかし女は言った、「主よ、是非どうぞ!小犬どもも、御主人の食卓から落ちるパン屑をいただくのですから。」
15:28 そこでイエスは答えられた、「ああ、女の人、りっぱな信仰だ。願いどおりに成れ。」すると、ちょうどその時から、娘は直った。

塚本訳 マタ 13:23
13:23 しかし良い地にまかれたもの、これは御言葉を聞いて悟る人で、きっと実を結び、あるいは百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍になるのである。」

塚本訳 ルカ 8:9-11
8:9 弟子たちがこの譬はどういう意味かと尋ねると、
8:10 言われた、「あなた達(内輪の者)には、神の国の秘密をさとる力が授けられている(のでありのままに話す)が、ほかの人たちには譬をもって話すのである。これは(聖書にあるように、)『彼らが見ても見えず、聞いても悟らない』ようにするためである。
8:11 譬(の意味)はこうである。──種は神の御言葉である

塚本訳 ルカ 16:28-31
16:28 わたしに五人の兄弟があります。彼らまでがこの苦しみの場所に来ないように、よく言って聞かせてください。』
16:29 しかしアブラハムは言う、『(その必要はない。)彼らにはモーセ(律法)と預言書と[聖書]がある。その教えに従えばよろしい。
16:30 彼が言った、『いいえ、父アブラハムよ、もしだれかが死人の中から行ってやれば、きっと悔改めます。』
16:31 しかしアブラハムは答えた、『モーセと預言書との教えに従わないようでは、たとえ死人の中から生き返る者があっても、その言うことを聞かないであろう。』」

塚本訳 マコ 4:26-29
4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き
4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない
4:28 (すなわち)地はひとりでに実を結ぶので、初めに茎、次に穂、次に穂の中に熟しきった粒ができる。
4:29 実が熟すると、すぐに『鎌を入れる。刈入れ時が来たのである。』」

塚本訳 ヨハ 1:12-13
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。

塚本訳 ヨハ 3:5-8
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

塚本訳 マタ 16:16-18
16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。
16:18 それでわたしもあなたに言おう。──あなたはペテロ[岩]、わたしはこの岩の上に、わたしの集会を建てる。黄泉の門[死の力]もこれに勝つことはできない。

塚本訳 ルカ 12:31-32
12:31 あなた達はむしろ御国を求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。
12:32 小さな群よ、恐れることはない。あなた達の父上は御国をあなた達に下さるつもりだから

塚本訳 ヘブ 3:7-10
3:7 だから、聖霊が言う通りである。──『今日、あなた達は御声を聞いたら、
3:8 心を頑固にするな、
荒野における誘惑の日に(わたしに)反抗した時のように。
3:9 そこであなた達の先祖は(わたしを)こころみ試し、しかもわたしの業を見たのである、
3:10 四十年の間。』だからその『時代(の人)をわたしは憤って言った、「絶えず彼らは心に迷っており、わたしの道がわからなかった」と。

塚本訳 ロマ 11:7-8
11:7 それでは、どうだろうか。(結局)イスラエル人は(全体として)自分のほしがっているものを得ることはできず、(ただ小数の)選ばれた者がこれを得たのである。ほかの者は(みな)頑なにされてしまった。
11:8 『神は彼らに』『麻酔の霊を』『与えて、目を見えなくし、耳を聞こえなくされた、今日に至るまで。』と書いてあるとおりである。

塚本訳 Ⅱコリ3:14
3:14 しかし(そのために、)彼らの考えは頑なにされてしまった。なぜなら、今日までも古い契約の朗読の時、同じベールが残っているからである。ベールは取り除かれないままである。古い契約は(ただ)キリストにおいて無くなるものだからである

塚本訳 マタ 20:22-23
20:22 イエスが答えられた、「あなた達は自分で何を願っているのか、わからずにいる。(ヤコブとヨハネに聞くが、)わたしが飲まねばならない(苦難の)杯を飲むことが出来るのか。」「出来ます」と二人がこたえる。
20:23 イエスは言われる、「いかにも、あなた達はわたしの杯を飲むにちがいない。しかしわたしの右と左の席、それはわたしが与えるのではなく、(あらかじめ)わたしの父上から定められた人々に与えられるのである。」

塚本訳 マコ 12:24-25
12:24 イエスは言われた、「あなた達は聖書も神の力も知らないから、そんな間違いをしているのではないか
12:25 死人の中から復活する時には、めとることもなく嫁ぐこともなく、ちょうど天の使のようである

塚本訳 Ⅰペテ3:1-4
3:1 同じく妻達よ、自分の夫に従え、或る夫が(伝道者の宣べる)御言には従わずとも、言葉でなく妻の行いによって、
3:2 (すなわち)お前達の神を畏れる潔い行いを見て捕えられんためである
3:3 お前達の飾りは髪を(綺麗に)編んだり、金(の装身具)をつけたり、(美しい)着物を着たりする外部のことでなく、
3:4 柔和な、典雅な心ばせを朽ちぬ飾りとする心の中の隠れた人でなければならぬ。これこそ神の前で値打あるものである

塚本訳 Ⅰテモ2:8-10
2:8 だから男子達は、何処ででも、怒らず争わず、潔い手をあげて祈ってもらいたい
2:9 同じく婦人達も身嗜みよく、貞淑と慎みをもって身を飾り、編んだ頭髪や金や真珠や高価な着物でなく、
2:10 神信心を告白する婦人に似つかわしい立派な業をもって身を飾ってもらいたい

塚本訳 ロマ 11:4-5
11:4 ところが彼に対する神のお告げはどうであるか。──「『わたしは(異教の神)バアルに膝をかがめなかった男子七千人を』自分のために『残しておいた。』」
11:5 だから、同じように今の世にも、恩恵の選びによる残りの者がある。

塚本訳 ヨハ 4:38
4:38 (すなわち)わたしはあなた達をやって、あなた達が自分で苦労しなかったものを刈り取らせる。ほかの人々が苦労し、あなた達はその苦労(の実)を取り入れるのである。(あなた達はわたしがまいたものを、ただ取り入れるだけでよいのだ。)」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。神を恐れて、福音を信じる人は神が備えておられる。

●翻訳比較「旧約6種、新約8種」のサイトで、出エジプト記 11~15章が大欠落していたので修正、修正版をCDに焼きつけて、恵に送る。
●夕方の散歩で与えられたテーマ。「死の悲しみ、不安と恐れ。・・・どうしたらよいのかを主に聴く」






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<死の悲しみ・・・主の福音に聴く・・・ | Top | 男にふさわしい女・・・男を主に導く・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4758-2f5a350e
FC2blog user only
| Top |
0814